大悟への道 (旧名・名作漫画ブルース)

名作漫画の紹介 ・・・個人的な旅の記録

週刊少年ジャンプ(9) 小林よしのり 1

KOBAYASHI-YOSHINORI.jpg

今回は小林よしのり先生…いや、よしりんと呼んだ方がいいですかね。
「おぼっちゃまくん」の途中からその愛称が使われ出したのですが、それ以降どんな物を描いても小林よしのり先生=よしりんです。

そのよしりんは、1953年生まれの福岡県出身。
高校を出たら石森章太郎先生の弟子になる計画だったそうですが、それは中学生の時に作った同人誌"きまぐれ"に収録された作品「改造人間」を見るとまんま影響されているので、本当だと分かります。
それから教師に勧められて本ばかり読む大学生活、そして在学中の1976年に週刊少年ジャンプから「東大一直線」でデビューします。
(生い立ちから現在までは「ゴーマニズム宣言」のシリーズで何度も語られてるので、読んでくださいね)

とにかくその少年時代から漫画を描いていて、田舎では人気だったと言いますが…
よしりん自身が"インクのシミのような絵"と酷評されたなんて言ってましたが、その言い方はセンスいいなぁ(笑)
本当にこの「東大一直線」は絵が下手クソすぎて、それだけでギャグになる素晴らしい物でした。
実際にヒットして回を重ねるごとに絵が上手くなったけど、後半は面白さが少しずつ落ちてしまっていたように思います。
しかしずっと後に描いた続編の「東大快進撃」がまたとんでもない傑作でして、圧倒されそうなほどのエネルギーをぶちまけてますよ!

他にも私は少年時代から、過去の作品も含めてよしりん作品は集めてました。
「救世主 ラッキョウ」「世紀末研究所」「風雲わなげ野郎」「異能戦士」「メンぱっちん」「角栄生きる」
といった初期の方もお薦めですが、80年代も中頃になって飛ばしたヒット作「いろはにほう作」と、小学館漫画賞も受賞した「おぼっちゃまくん」は外せませんね。
その後の「厳格に訊け!」「最終フェイス」「どとーの愛」あたりも面白いですよ!

これは私にとっては嬉しい事ですが、自殺した山田花子先生もよしりんファンだった事で知られてます。
あの石井聰亙監督による名作映画「逆噴射家族」で原案と脚本を手がけているのも凄い。
そして1992年…まだ「おぼっちゃまくん」は連載中でしたが始めた、大人向けの「ゴーマニズム宣言」ですね。略して「ゴー宣」
連載がサラリーマン雑誌SPA!(扶桑社刊)でしたが、こんな雑誌はよしりんが連載してなければ未だに手に取る事もなかったでしょう。
しかし幸か不幸か一番多く新たな読者を獲得したこの「ゴー宣」のせいでよしりん自身のイメージが偏り、これしか読んでない人を中心に批判されまくるという残念な事態を生んでしまいました。

前身となった「おこっちゃまくん」の方は「おぼっちゃまくん」の単行本に入ってたので既読でしたが、それでも「ゴー宣」を最初に読んだ学生時代には、何でよしりんがこれを描きだしたのかと驚き、しかし面白くてはまった。
持ち味の下品さや下劣さはほとんど無くなったけど、少なくとも初めの方はギャグ漫画家が描く時事ネタ、政治ネタ等にゴーマンかますのが中心でしたし、くだらない日常の話もウケました。過去のキャリアと全く違うやり口でこんなに面白い漫画を描くのだから、よしりんはどれだけ才能あるのかと思ったものです。まぁ、それ以前にも作品内容、絵柄共に何度か変わってるのですけどね。

以前から"情報量が多い"と言われてた、よしりん漫画の本領を発揮したとも言えるでしょう。
梶原一騎作品の「四角いジャングル」に代表される、一連の現実と同時進行するノンフィクション漫画の面白さがあるだけではなく、今までの漫画には無かった新しいやり方も取り入れていきましたね。

音楽界では日本語ラップ史上最高の1枚でしょう…キングギドラの「空からの力」を作る時に「ゴーマニズム宣言」の影響を受けたとZEEBRAが語っていたし、その他各方面に大きな波紋を起こしました。
言論界にも漫画としてはかつてなかったほどの影響を与え、若者にも社会問題を考えさせました。
小難しい論壇誌全部の発行部数より「ゴー宣」一冊の発行部数の方が上だったそうですから、影響力の違いは歴然でしょう。
社会悪を叩くだけではなく、いろんな人々とのトラブルや喧嘩を起こし(読者にはそれが面白いのですが)、その模様をつぶさに描写してました。
薬害エイズ問題、自主規制による言葉狩り、部落差別・・・等々で戦い、さらに天皇家について批判的に描いた回はSPA!では掲載してもらえず、ガロに持ち込んだ事があります。
ジャンプ出身の漫画家がガロに作品を載せるなんて、史上初の快挙ですよ!

そして1989年坂本弁護士一家殺害事件。
犯人を早くからオウム真理教と見抜いたよしりんは、それを漫画にしたためにVXガスで殺されかけ(これにより"世界初の暗殺されかかった漫画家"という肩書きも増えた)、そのオウムを好意的に取り上げたSPA!編集者と争い、ここでの「ゴー宣」連載を終わらせました。

それから1995年より発表の場をSAPIO(小学館刊)に移して「新・ゴーマニズム宣言」として連載再開されました。
この「新・ゴー宣」では、芸能ネタとかは無くなってほとんどが政治ネタになってしまいましたが、注目されすぎて初期のように自由にできなくなったのでしょう。政治だけでも描きたい事は尽きないでしょうし。

そして学校で教える自虐的な歴史教科書や、従軍慰安婦問題への疑問提起ですよ。
これまで何度も騒ぎを起こしてきたこの漫画でも、かつてない激しい抗議と、もう一方からの支持を受けるのです。
これに関しては新しい歴史教科書をつくる会に参加して、広報活動を展開するものの決裂。

その後も「台湾論」を描いて大好きな台湾から入国禁止処置を受けたり、自ら編集長として雑誌「わしズム」を創刊して活動範囲を広げたり…
追ってて面白い漫画家ですね。

「ゴー宣」において、よしりん自身を始め、味方とか好きな人物は美化して描いてるのに、敵や嫌いな人物は極端に醜く描いてるので公平さに欠けるとか、よく言われますよね。そりゃいくらノンフィクションとはいえ漫画なんだから…
って、そんな事をいちいち言わなくてはならないほど、普段漫画を読んでないのに批判するためによしりん作品だけを読んでる人が多いのでしょうね。
だいたいタイトルがこれで、自ら傲慢な人間って言ってるのですから。

「ゴー宣」のせいで"思想家"のようにとらわれてますが、やっぱり私にとってよしりんは未だにギャグ漫画家で、だから偉大なのです。
このブログを読んでくれてる方なら当然、私は偉い学者よりも漫画家の方をはるかに愛してる事はご存知でしょうし、"先生"なんて漫画家にしか付けませんよ。学校の教師!?冗談じゃない!!

かく言う私も、よしりんの型破りなギャグ漫画の面白さもアピールしたかったのに、「ゴー宣」のネタで長くなってしまいました。
次回はどれか作品を個別に紹介したいのですが、それも最初から「ゴーマニズム宣言」関連になるかなぁ。

今回の画像は、今年7月16日(日)に靖国神社のみたままつりへ行き、よしりんの献灯を撮った物です。
拝殿の前ではしっかりニ礼・ニ拍手・一礼して英霊の魂に祈りましたよ。 へけっ。
(ちなみにこの日は、つのだ☆ひろ氏とすれ違いました)

「ゴーマニズム」とは

「傲慢主義」ともいうべき著者の造語。
自分の直感と常識をたよりに「傲慢だとわかているが、それでも敢えて言っておかねばならない」という思いを思想化したもの、それがゴーマニズム宣言である。



スポンサーサイト
  1. 2006/10/11(水) 01:01:15|
  2. 週刊少年ジャンプ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<週刊少年ジャンプ(10) 小林よしのり 2 「新・ゴーマニズム宣言SPECIAL 戦争論」 | ホーム | 劇画(14) 大友克洋 1 「ショート・ピース」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mangabruce.blog107.fc2.com/tb.php/24-b8ec55a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

BRUCE

Author:BRUCE
BRUCEです。あだ名は大悟(DieGo)です。
大悟…つまり悟りを開くに至る道程にある事を表し、かつ神の映画「ドラゴンへの道」から頂いてのブログタイトル。同名の秘密結社も運営しています。

名作漫画紹介の形を借りて、自分の記録用に使っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する