大悟への道 (旧名・名作漫画ブルース)

名作漫画の紹介 ・・・個人的な旅の記録

ホラー漫画(29) 古賀新一 2 「のろいの顔がチチチとまた呼ぶ」

今夜は久々の古賀新一先生で、「のろいの顔がチチチとまた呼ぶ」(ひばり書房刊)です。
KOGA-chichichi2.jpg
かつて描き下ろし作品を乱発していたために数多い古賀新一作品の中でも、タイトルのインパクトで有名な作品ですね。

そして全ての古賀作品に共通するように、ここでも安易に呪いの怪事件が襲ってきます。

愛子エミの姉妹が海辺の別荘で遊んでいると…
身投げしようとしている女性を見つけて助けてあげるのですが、そのために愛子は恐ろしいモノをうつされました。
それは、チチチと小鳥のような声で泣く醜い人面瘡。この作中では"みにくいもの"と呼ばれます。
しかも、愛子自身も何かの拍子につけ顔が醜くなり、チチチと言いながら人を襲ってしまうようにもなりました!!

それからあの手この手でみにくいものを退治しようとしますが、やっと消えたと思ったらまた出てくるし、体から離れても単体で生きていてまだ襲ってくるので、しつこすぎる奴です。
こいつのせいで海で溺れそうになった時は、天国から…いや、まだ生きてるママの声が聞こえてきました。
『愛子しっかりしなさい そんなみにくいものにまけたらだめよ もっと勇気を出すのよ』
と。
どうやら自らの力強い勇気でみにくいものを滅ぼせると分かってきます。まだまだしつこく付きまとわれますが。

みにくいものはちゃんと睡眠も取るのですが、『ぐうぐう~』とかいびきかいて可愛い顔で寝てますよ。
そこに父親が毒薬を飲ませると、みにくいものがさらに醜く変化していき、体からは離れるのですが、
『くくくっ…もう一度愛子の体について 今までいじょうに苦しめてやる くくく』
と誓うみにくいもの。
何だ単体でも生きていけるし、しかもかなり強固な意思はあるしチチチだけじゃなく話もできるのか…
離れた時に愛子を脅す手口も、なかなかねちっこいですよ。

そしてクライマックスのバス事故から、助けたおばさんの家に泊まる愛子達ですが、この家が醜い絵ばかりを飾っているし、電気も付けずにローソク火のみ。
この家に陰気な少女が眠っているのですが、そのミイラのような体をしたその少女の顔が、あのみにくいものと同じ!
生まれつき顔が醜いために、世の美しい人を異常なほど憎み続けているのだそうです。

やっと分かった事によると、あの人面瘡みにくいものの正体とは、彼女の『人を呪い続ける恐ろしい心のあらわれ』でした。
それに気付いて愛子は
『ひどい人 まるできちがいだわ
わたしをどこまでいじめるつもり 悪魔だわ
あんな人 死んでしまえばいいのよ』

と泣きますが、それでも家が火事になって元凶になった少女(名は無い)が死にかけると、優しい愛子は我が身の危険も顧みずに火の中に飛び込んで少女を助けるのです!

結局は我が身の愚かさを反省して少女は死に、すると今や愛子の体中に出来ていた人面瘡(みにくいもの)はしだいに小さくなって消えていきました。
数日後、今やすっかり普通の体に戻った愛子が、少女の墓の前で
『わたしはこの人のために ずいぶんつらい思いをしたけど
人をにくむ心こそ もっと苦しいものにちがいないわ
いま思えば本当に かわいそうな少女だったんだわ』

そう思って、オシマイ。

あの…少女が死んだ火事の原因は、愛子が倒したローソクだったのですけどね。
ついでに一軒家を完全に焼け落としているし…

こちらは、「チチチとまた呼ぶのろいの顔」(廣済堂刊)。
KOGA-chichichi.jpg
またホラー漫画にありがちな手法、タイトルと表紙を変えて再発した物ですが、このタイトルの変え方が古賀新一作品と同じく安直というか面白いというか。

とにかくいつもの古賀新一先生らしく、やりすぎ感やぶっ飛び感性に溢れる、愛すべきB級ホラー漫画の傑作でした。併録されている短編「クモ男」もヤバいので、是非ご一読ください。
ちなみに、後にわたなべまさこ先生が描いた人面瘡モノのホラー漫画「悪霊」でも、出てくる人面瘡が『チチチ』と鳴いていたのは、本作へのオマージュでしょうね。


おまえってかってな子どもね
じぶんさえ死ねば気がらくになるわ
でもキズをうけた少女はどうなるの おほほほ
きっと今ごろ病院で苦しがってるわ おほほほ
もっともおまえのような心のやさしい子を
いじめるのがわたしの喜びなのよ おほほほ…



スポンサーサイト
  1. 2008/11/15(土) 23:37:02|
  2. ホラー漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ホラー漫画(30) 古賀新一 3 「私の肌に呪いの顔が」 | ホーム | トキワ荘(36) 石森章太郎 27 「鉄面探偵ゲン」>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2014/04/21(月) 19:47:56 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントありがとうございます。

>デヴァ・ヨーコさま

もちろん大丈夫ですよ。
お役に立てて良かったです!
  1. 2014/04/21(月) 22:41:46 |
  2. URL |
  3. BRUCE #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mangabruce.blog107.fc2.com/tb.php/643-89ac9e21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

BRUCE

Author:BRUCE
BRUCEです。あだ名は大悟(DieGo)です。
大悟…つまり悟りを開くに至る道程にある事を表し、かつ神の映画「ドラゴンへの道」から頂いてのブログタイトル。同名の秘密結社も運営しています。

名作漫画紹介の形を借りて、自分の記録用に使っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する