大悟への道 (旧名・名作漫画ブルース)

名作漫画の紹介 ・・・個人的な旅の記録

ホラー漫画(37) 犬木加奈子 4 「不思議のたたりちゃん」

今夜はホラーマンガの女王こと、犬木加奈子先生の中でも一番の代表作と言える「不思議のたたりちゃん」(講談社刊)。
INUKI-tatari-chan1-2.jpg

1991年から少女フレンドにて連載された作品で、単行本は全7巻。
「フシギのたたりちゃん」として実写映画化もされた作品で、続編「新・不思議のたたりちゃん」は現在も執筆中です。

掲載誌が少女フレンドという事もあってか、他の犬木加奈子作品より少しだけ少女漫画色も強く、そのキャッチーさも人気を博した秘密でしょうか。
INUKI-tatari-chan3-4.jpg

ストーリーは単純明快です。
主人公の中学生・たたりちゃんこと神野多々理(かみのたたり)は、イジメられっ子。
それでも持っている優しい心を理解できないクラスメートや先生らに酷いイジメにあい、話の終わり近くで因果応報の復讐をする・・・というパターン。
一話完結の連作形式で、心の貧しい者に対して虐げられし者のたたり(復讐)を与える様を、カタルシスとして毎回味わえます。

簡単に言うと、藤子不二雄先生の名作「魔太郎がくる!!」の少女版です。

あの『コ・ノ・ウ・ラ・ミ・ハ・ラ・サ・デ・オ・ ク・ベ・キ・カ』に相当するような決め台詞は無いのですが、最初の方では
『たたりがあるぞ……ふっふっふっ きっとたたりがあるからなあ』
等と気味悪く言ってました。

一応何度も出るキャラもいて、一度たたりで顔を歪められた絵麻が後の話で元に戻っているのを確認も出来ます。
つまりたたりちゃんのたたりは期間限定の効き目しかないのでしょうか…
まぁそうじゃないと、確実に殺してる話もありますからね。

他のグループからハブにされて、いつも一人でいるたたりちゃんに近寄ってきた木崎姫子
この子は初めてできた友達になりながらも、当然すぐに元に戻って逆にたたりちゃんをイジメ、たたりを喰らうのですが…
この話でたたりちゃんが姫子に貸そうとした漫画。これが何と「魔太郎がくる!!」の1巻なんですよ!
この本は10コマも登場するのにハッキリとは出ない事もあり、少女読者は気付いてないでしょうが…このマント広げた人物は確実に浦見魔太郎
MATARO-in-tatarichan.jpg
何となく服の薔薇柄が分かるコマも…良く見ると『がくる!!①』とだけ確認できるコマもありました。

そういえば後留古(ごるご)先生なんていう、もちろん「ゴルゴ13」そっくりな体育教師も何度か出てウケました。

描かれるイジメは肉体的に来るストレートな暴行(石を投げる、髪を切る、埋める、雪だるまに閉じ込める…)よりも、やはり女のどろどろ醜い感情を表すような陰湿な数々のモノがきついですね。
『いつも……いつも こんなふうにさらし者にされて 平気なわけないじゃないか
だけど学校からは逃げられない そしたらどんなにつらくても 一人で戦ってくしかないじゃないか!
そんな子の気持ち みんなちっともわかってないんだ
たたり~~』


あと重要な存在として、いつもたたりちゃんが書いている"日記"があります。
これも魔太郎のようですが、恨み帳的な用法はせずにどんな事も前向きに書いています。
これは太助じいちゃんお黄楊ばあちゃんが、小学校の入学祝で日記帳をくれた時、
『悲しいことやつらいことがあっても この日記は楽しい夢でいっぱいにするんじゃ
心に希望をもてれば なににでもむかってゆけるじゃろ』

と言ってくれたから。そのまま書いたらイジメられ日記になるし…

さて、5巻まで中学生だったたたりちゃんですが、6,7巻は過去編です。
INUKI-tatari-chan5-6.jpg
これでたたりちゃんは、生まれてすぐに病院の看護婦からもいじめられていた事が判明します!
さらに神野家の故郷の村は神の裁きにあった人が集まる場所で、神野家はその人たちをとりしまる一族だった事も。

たたりちゃん並みの魔力を持つ乃呂井翔(のろいかける)という男子も何度か出てくるのですが、ライバル的なこいつは陰湿な性格。
たたりちゃんの上履きにイタズラする時、
『やるなら てってい的に 残酷に……なおかつ ほんのすこしのユーモアもまじえる!
ふふんよく見とけ これがイジメのワザってもんさ
イジメをやるやつは一かけらのプライドも良心ももっちゃいけないぜ
やるならてってー的に ひきょうに汚らしくやることさ』

なんて言ってました。
INUKI-tatari-chan7.jpg
最終巻である7巻のラストにこの乃呂井翔の外伝が収録されているのですが、こいつも基本的にはたたりちゃんと同じイジメられキャラなのに…イカレすぎてて面白いですよ。

たたりちゃんみたいなキャラがイジメを受ける理由も少しは分かりつつ、「不思議のたたりちゃん」を読んでると惨めな学生時代を思い出して個人的にもきついモノがあったりして…でも当然たたりちゃん側を正しいと描く作者の暖かい気持ちを感じ、感動もします。
よっちゃん(田村よし子)のように、ついにはたたりちゃんに理解を示すクラスメートも出てくるのだから、たたりちゃん負けないで!


あたしにだって みんなと同じ心はあるんだ
喜べば有頂天にもなるけど
ひとりぼっちは さびしいし 傷つけられれば悲しいんだ!
それをこんなふうに笑い者にして 人の心をふみにじるようなやりかた
ぜったいゆるせないんだから このたたりうけてみよ
たたり~~



スポンサーサイト
  1. 2009/01/17(土) 23:02:08|
  2. ホラー漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ホラー漫画(38) 犬木加奈子 5 「口裂け女伝説」 | ホーム | 劇画(68) 池上遼一 7 狩撫麻礼 2 「BOX 暗い箱」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mangabruce.blog107.fc2.com/tb.php/676-8406a7aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

BRUCE

Author:BRUCE
BRUCEです。あだ名は大悟(DieGo)です。
大悟…つまり悟りを開くに至る道程にある事を表し、かつ神の映画「ドラゴンへの道」から頂いてのブログタイトル。同名の秘密結社も運営しています。

名作漫画紹介の形を借りて、自分の記録用に使っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する