大悟への道 (旧名・名作漫画ブルース)

名作漫画の紹介 ・・・個人的な旅の記録

藤子不二雄(13) 「シルバー・クロス」

今夜は藤子不二雄先生の「シルバー・クロス」(中央公論社刊)。
FUJIKO-silver-cross1-2.jpg
1960年から3年ほど少年(光文社刊)にて連載された作品で、"藤子不二雄ランド"版だと、単行本は全6巻です。

文華書房、コダマプレス、虫プロ商事、双葉社…かつて様々な出版社から上梓されているこの作品ですが、やはりこの藤子不二雄ランド版がそれまで単行本未収録だった作品を含めて多くの話を収録しているのでお薦めです。
何故か発表順の掲載でないのが残念ですが…5巻の途中から始まる「QQQ編(前)」から始めて完結の6巻まで読み、それから1巻に行って最初から読み続けてもらえば大丈夫です。

さてこの「シルバー・クロス」ですが、これは単なる古臭い仮面のヒーロー物ではありません。
西部劇さながらの男の決闘や、撃ちまくりの派手なアクション活劇は当然あり。さらに正義の味方側だけでなく、キャラによって敵の側もフェアプレイの騎士道精神や男気を持ち、上官と対立していたりする精神性も描いているのです。

FUJIKO-silver-cross3-4.jpg

主人公は黒須健二
まだ幼い少年でしたが、警視庁の鬼係長だった父親がQQQ(スリーキュー)団という組織によって殺され、正義のために命を捨てて戦う事を誓い、すると現れた"十字警察"ブラック・クロスによって鍛えられ、自らも十字警察日本支局員のシルバー・クロスとして活躍を開始する…

この所属する十字警察とは、地下の世界警察とも呼ばれる国際秘密機関であり、厳しい訓練を乗り越えた精鋭ばかりを集めた組織。
いかなる国家にも従属することなく、人種、宗教、国境を越えて世界中のあらゆる悪を相手に日夜命がけで戦う正義の集団なのです。
大人になって読むと、その組織運営資金はどうしてるのかとか、国や人種や宗教も持たないという事は何をもって正義とか悪を判断するのか…そんな事も気になりますが、当然それは置いておきましょう。
本のジャケを見てもらえば分かるとおり、十字警察の名の通り"十字"をトレードマークにしています。

シルバー・クロスとなった健二は、まずは父の敵であるQQQ団を壊滅させるわけですが…
この作品「シルバー・クロス」全編を通して、魅力的なのは多彩な敵キャラ達。
このQQQ団では、まず首領は変なかぶり物をしてるし、部下に後に十字警察入りする凄腕のガンマンのホワイト・スネークや、手がハンマーになってるバカ力のマイク・ハンマー等がいました。
あと味方の医者としてライオンのかぶり物をした獅子神先生。彼はこのエピソードの最後で死んだと思われた健二の父親だと分かります。

特に大作であり、面白いのが1~3巻全部を使って描かれた「ビッグ・5篇」
アフリカを舞台に十字警察の面々が集結して、あのナチスを思わせる"スケルトン帝国"の独裁者・カリギュラ総統とその強力な部下達との激しいを繰り広げるのですが…ここで出てくる敵達は面白すぎます!

ハムラー長官率いる秘密警察S・B・I"ビッグ・5"という強力な5人の個性が異常に強く、この時代の子供向け漫画でそれぞれの性格や位置付けをここまで持たせるというのは驚きです。
手が四本あって蜘蛛のような動きをして口から毒針を放つタランチュラとか、ピエロ面をかぶった元医者の二丁拳銃ガンマンで、アル中気味で手が震えるドック・ホラディあたりが大好きでした。
さらに出てきたのが最強の敵・ジークフリード。彼はマブゼ博士の造ったロボットでしたが…興奮モノの熱戦でした。

もちろん十字警察の使う秘密道具的な装備とか、拳銃の射撃術に素手の格闘術も多彩ではあるのですが…正義のヒーロー側というのに、自分たちのデザインは悪に比べてカッコよさで劣りますね。
撃て!シルバー・クロスの十字撃ち!!

FUJIKO-silver-cross5-6.jpg

強敵・蜂仮面イーグル・キングが出てくる「イーグルキング編」や、他の短編もそれぞれ見所があり、シルバー・クロスがブラック・クロス無しでも立派に悪と戦えるまでの成長も描かれた傑作でした。
実際にこの「シルバー・クロス」は、数多い藤子不二雄作品の中でも面白い方だと思うのですが…知名度があまりも低くて残念なものです。

6巻の巻末には独立した短編の「ガラスの目」「0の戦士」も収録されています。


聞けっ シルバーあの音を……
あれは戦いの音じゃ!戦争の音じゃ!!
あの音を聞くと わしはふるいたつのじゃ!!
もうすぐ またわしは立ち上がる!!
そしてスケルトン帝国を再建するのじゃ!
今度こそわしの夢を実現させる……
世界中をわがスケルトンの旗の下にひれふさせてみせるぞ!!



スポンサーサイト
  1. 2009/01/30(金) 23:36:24|
  2. 藤子不二雄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<ホラー漫画(39) 北沢しげる 1 「夜歩く死体」 | ホーム | 藤子不二雄(12) 「ビッグ・1」>>

コメント

何故か発表順の掲載でないのが残念ですが

いま出版されてる最新版の復刊ドットコム版でも、その順番なんですよね……
ひょっとして藤子両先生サイドからの意向なんでしょうか? だとしたらまぁ、しょうがないんですが。

とりあえず当作品は今からでも世に知らしめられて然るべきだってのは私も同意しますよ。何が原因で一体
  1. 2014/07/29(火) 19:19:06 |
  2. URL |
  3. 流浪牙@NAGARE_KIBA #Y02TW4VM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mangabruce.blog107.fc2.com/tb.php/687-2d14bf58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

BRUCE

Author:BRUCE
BRUCEです。あだ名は大悟(DieGo)です。
大悟…つまり悟りを開くに至る道程にある事を表し、かつ神の映画「ドラゴンへの道」から頂いてのブログタイトル。同名の秘密結社も運営しています。

名作漫画紹介の形を借りて、自分の記録用に使っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する