大悟への道 (旧名・名作漫画ブルース)

名作漫画の紹介 ・・・個人的な旅の記録

劇画(72) 山口貴由 5 「平成武装正義団」

今夜の山口貴由作品は、「平成武装正義団」(リイド社刊)です。
YAMAGUCHI-TAKAYUKI-heisei-busoseigidan1.jpg
これもジャックポットで連載された作品で、「悪鬼御用 ガラン」「魔幻戦記 サイバー桃太郎」と同じくリイド社による過去作品の復刊になりますが、オリジナル版のジャケはこちら。
YAMAGUCHI-heisei-busoseigidan2.jpg
同じキャラ三人が同じ配列で並んでますので、ちょうど10年経った画風の変わり方を比較しやすいですね。
もちろん、復刊の方のジャケで描かれたキャラは本編に登場する奴とは似ても似つかないので、ご注意ください。

この「平成武装正義団」山口貴由ファンには物凄く重要な作品でして、というのもこの後描かれる名作「覚悟のススメ」の原型的な要素が強いのです。
主要キャラクターデザインは同じだし、始まりの主人公が転校してきて…というプロット等、そっくりですね。
そう。「覚悟のススメ」も突然出てきたのではなく、「平成武装正義団」があったからこそ存在する…

名門大阪インテリ学園から、かつて住んでいた街にある私立明鏡高等学園に転校してきた神風零が主人公です。
その姿はメガネに白ラン、その下をボディプロテクターで覆い、更にアームガードとグローブ、鉄筋入りレガースで武装したもの…オシャレです!
さらに知能指数173ですが、彼には中学時代に凄惨なイジメ(吊るし、ナイフで背中に落書き、アナルレイプ、右手切断…等!)を受けた過去があったのです。
そしてそのイジメた相手、"邪の目七人番長"達に復讐するために格闘技を磨いてこの街へ戻ってきたのだと分かります。

転入先のクラス2-Dにはヒロインで実戦合気剣道五段のリボンの武士こと剣崎スミレ
そして右手番長がいます。
この右手番長は登場シーンでいきなり手淫しながら♪右手一代、誓った日から、♪などと、つまりは私が崇めるまでに好きな梶原一騎原作作品「空手バカ一代」の替え歌を歌っているのだから強烈!そしてホモ。
この二人は一応味方になりますが…

問題の敵・邪の目七人番長です。
こいつらは単なる不良集団ではなく、凄まじい異形の化け物ばかりで、快楽のための強姦に殺人、狡猾に犯罪を繰り返しています。
こんなフリークスが中学時代は学校に通っていて、零をイジメ抜いたのか…

邪の目七人番長のうち、まずはゲロビームを吐くカメレ男を倒し、それをキッカケにジャッカルサドラーキカイ田が明鏡高校へ攻め込んでくるのです。

こうして正義の味方VS悪の一味的なバトル漫画になっていくのですが、学校側の校長や他の先生達は
『そのヨロイを脱ぎ捨てたまえ。武装を認めることは暴力を認めることだ。武装解除が平和への道!』
などと小学生レベルの平和思想をぬかし、自己防衛のためには暴力も厭わない零と問答し、対立する…このあたりは他の作品にも共通する山口貴由先生の思想。

邪の目の3人によって学校を襲撃されて無関係な生徒達に被害が及んだ後、落ち込む零は退学して武装を捨て、素手で戦う事を決意し…襲ってきた残りのサメ島アタマ田というバケモノを見事に倒し、その闘いで
『超能力より、格闘技のほうが強い!そうだ!これが本当のオレだ!
目覚めたぜ!オレは完全に目覚めたぜ!』

となって邪の目七人番長のボス、巨大すぎる体を持つ魔天朗との最終決戦へと突入するのでした。

ちなみにオリジナル版では零が魔天朗の頭を砕き、脳味噌こぼれながらも生きている魔天朗が海へと逃げて行き、ラストのページはさわやかな顔した神風零が『いつでも こい!』とポーズを決めているのですが…
復刻版ではラスト2ページが丸々削除されて、頭を砕いた攻撃でENDとなっています。

作中、邪の目七人番長が性器を露出させるシーンが多すぎですが、その性器もそれぞれの特徴がある妙な形をしているので、お楽しみください。
しかし山口貴由作品、もちろんグロい描写も多いし、つくづく女性読者は入ってきにくいでしょうね…

あとがきによりますと、タイトルで分かるように当初は神風零が武装グループを結成して敵の集団と対決する戦隊ヒーローものにするつもりだったそうなのですが、団結とか協調とかが苦手な山口貴由先生は、結局零一人で決着をつけちゃったのだとか。

「覚悟のススメ」をグッとシンプルにした原点作品「平成武装正義団」…これは読むべきでしょう。


正しくない!
それでは平和どころか逆に「攻撃してくれ」と誘っているようなものだ!
ハダカの女見りゃあ、モラルなんてぶっ飛ぶぜ!武装解除は宣戦布告だ!
あいつらがきたらどう対処するんだ。
あいつらは暴力反対なんて通じないぞ。



スポンサーサイト
  1. 2009/02/04(水) 23:47:36|
  2. 劇画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<劇画(73) 山口貴由 6 「覚悟のススメ」 1 | ホーム | 劇画(71) 山口貴由 4 「魔幻戦記 サイバー桃太郎」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mangabruce.blog107.fc2.com/tb.php/692-653dcff3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

BRUCE

Author:BRUCE
BRUCEです。あだ名は大悟(DieGo)です。
大悟…つまり悟りを開くに至る道程にある事を表し、かつ神の映画「ドラゴンへの道」から頂いてのブログタイトル。同名の秘密結社も運営しています。

名作漫画紹介の形を借りて、自分の記録用に使っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する