大悟への道 (旧名・名作漫画ブルース)

名作漫画の紹介 ・・・個人的な旅の記録

劇画(73) 山口貴由 6 「覚悟のススメ」 1

負けることは恥ではない! 戦わぬことが恥なのだ!
真剣勝負を制するものは 技術でも体格でもない



今夜はいよいよ漫画史上の問題作、山口貴由先生の代表作「覚悟のススメ」(秋田書店刊)です。
YAMAGUCHI-kakugo-no-susume1-2.jpg
週刊少年チャンピオンで1994から約2年間連載された作品で、山口貴由先生といえば「覚悟のススメ」、というのが「シグルイ」が大ヒット中の現在でも共通した認識ではないでしょうか。

後に特別編として週刊少年チャンピオンやチャンピオンREDでも読み切りが掲載されたのですが、ここでは全100回の「覚悟のススメ」の本編だけを見て行きましょう。

舞台は、三年に及んだ地球規模の地殻変動によって荒廃した近未来の東京。
それでも生き残った人類は学校も運営していて、その"私立逆十字学園"にやってきた転校生が主人公の葉隠覚悟。1999年12月25日生まれ。
ストイックな性格をしたメガネの少年ですが、彼は第二次世界大戦時に二千人以上の捕虜を人体実験で虐殺した陸軍将校・葉隠四郎の曾孫だった…

この葉隠の血筋に関わる因縁と、祖父率いる"瞬殺無音部隊"が創始した最終格闘技の零式防衛術、特殊金属の零式鉄球、改造手術で戦闘能力を高めた戦術鬼、武器を内臓して戦略兵器(生きている鎧!?)の強化外骨格等を絡めて戦い続ける作品です。

逆十字学園のクラスメートでもある掘江罪子は、ぽっちゃり体型のヒロイン。最後まで重要な役割を果たします。
他に覇岡大、舎弟のぴょん助ぽん太等、基本的に覚悟に守られる弱き人類の代表なのですが、覚悟のために己を捨てて命をかけた働きをした事もありました。

YAMAGUCHI-kakugo-no-susume3-4.jpg
「覚悟のススメ」の全編において最強の敵は葉隠散(はらら)…覚悟の兄です。
幼少の頃から覚悟と共に父・葉隠朧(おぼろ)に厳しく鍛えられるのですが、強化外骨格・(かすみ)を着装後に現人鬼となって父を殺し、地球のために人間を滅ぼすべく"ガラン城"の城主となって戦術鬼らを操って人間を殺しまくっています。

他の山口貴由作品と同じように見所は敵の造詣や性格でもあるのですが、この戦術鬼がどいつもこいつもヒドイ姿のミュータントで面白いのです。
破夢子永吉毒魔愚郎恵魅
ヒロインの罪子までが戦術鬼総支配・血髑郎の洗脳を受けて、イモムシ肉装甲をまとった醜い戦術鬼となる話がありました!
それは覚悟と罪子が二人とも全裸で口づけする、珍しいラブシーンで『調教解除』となる名シーンにつながるのですが。

ちなみにこの罪子を操った血髑郎は、「魔幻戦記 サイバー桃太郎」の見世物小屋座長と同じように映画「ファントム・オブ・パラダイス」のウィンスローマスク!
こいつが『4鬼!』と親指を折って4の数字を示すシーンあったのですが、これを部落解放同盟の抗議を恐れた編集部が修正させたエピソードは、自主規制問題を少しでも知ってる人にはあまりにも有名な話。
他に頭が二つある奴とか、いろんなフリークスで溢れるこの作品なのに…

YAMAGUCHI-kakugo-no-susume5-6.jpg
葉隠覚悟の激しい戦いは続きます。
零式防衛術を体得し、そして造るために何千もの兵士が犠牲になった怨念の強化外骨格・(ぜろ)を着装するまでの壮絶なドラマも描かれ、零式クロスカウンター『因果』を必殺技とする。

戦いだけではなく、葉隠という苗字でも分かるように武士道の精神を描いたこの作品。
『零式防衛術は相手を殺す技ではなく 己を殺す技!
敵を憎んではならぬ 憎むべきは敵を恐れる己の心
零式防衛術は認識(こころ)の技 己が身を滅ぼす愛憎怨怒の心を滅殺する技術なり』

という父の教えを忠実に守る覚悟の魂に感動もするのです。
しかも生真面目なだけだったのが弱きクラスメート達と関わり、掘江罪子への恋も覚えて変わっていく姿も見られます。

現人鬼・散に忠誠を誓う不退転戦鬼というガラン城の側近達のうち、衛兵隊長・ボルトという強化外骨格までまとって戦う強敵で、何と覚悟に勝利します。
しかし死ぬかに見えた覚悟は、戦術鬼になれずに捨てられて肉虫となった者達が千も二千も集まって融合した巨大な生物に助けられて甦りました。

ずっと眠っていた散も部下の城主専用御添寝役らによる命を捨てた行為で目覚め、いよいよ最終決戦へ…


散は人間ではない! 善悪を超えた不退転の決意!
散の夢はただひとつ! 瀕死のこの星に万物一体の境地なしとげること!
土と緑とおまえたちと水と光とそよ吹く風!
天地の生気汚みなく朝霧晴れて万物一体!
そのためになさねばならぬことただ一つ!
人類の抹殺!おまえたちを迫害し物言わぬ自然に残虐を尽くすおぞましき二本足!
人類無用



スポンサーサイト
  1. 2009/02/05(木) 23:51:54|
  2. 劇画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<劇画(74) 山口貴由 7 「覚悟のススメ」 2 | ホーム | 劇画(72) 山口貴由 5 「平成武装正義団」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mangabruce.blog107.fc2.com/tb.php/693-3dd87d28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

BRUCE

Author:BRUCE
BRUCEです。あだ名は大悟(DieGo)です。
大悟…つまり悟りを開くに至る道程にある事を表し、かつ神の映画「ドラゴンへの道」から頂いてのブログタイトル。同名の秘密結社も運営しています。

名作漫画紹介の形を借りて、自分の記録用に使っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する