大悟への道 (旧名・名作漫画ブルース)

名作漫画の紹介 ・・・個人的な旅の記録

旅行・紀行・街(56) 新潟県魚沼市 5

新潟県魚沼市へ帰省してきました。
uonuma-street45.jpg
uonuma-street28.jpg

高速バスの車内では漫画読みながら飲み食いして。
uonuma-street23.jpg
uonuma-street24.jpg

着いたらまず、雪とご挨拶です。
uonuma-street25.jpg
uonuma-street26.jpguonuma-street27.jpg
まぁそんな事はやりましたけどね、今年は私が生まれてから、いまだかつてないほど雪が少ない故郷でしたよ。

実家には…姪が来てた!
uonuma-chez-moi13.jpg

かあいい~。カシャッ カシャッ。
uonuma-chez-moi15.jpg
uonuma-chez-moi16.jpg
uonuma-chez-moi17.jpg

『笑ってみて』と言ったら、何かひきつってこんな顔に。
uonuma-chez-moi18.jpg

さらに撮る。
uonuma-chez-moi19.jpg
uonuma-chez-moi20.jpg
uonuma-chez-moi21.jpg
uonuma-chez-moi22.jpg
uonuma-chez-moi23.jpg

前にここで会った時はこんな大きさだったのですけどね…
uonuma-chez-moi10-5.jpg

uonuma-chez-moi11.jpguonuma-chez-moi12.jpg

毎日成長しているんだな~。
uonuma-chez-moi14.jpg

さて旧・小出町で唯一の温泉である"見晴らしの湯 こまみ"でリラックスしました。
uonuma-komami1.jpguonuma-komami2.jpg
uonuma-komami7.jpguonuma-komami4.jpg

uonuma-komami5.jpg
uonuma-komami6.jpg

ここは小出公園や小出スキー場に隣接していて、
uonuma-komami3.jpg
なかなか眺望がいい位置にあるのもいいですね。
uonuma-street44.jpg

また、近くには"青島教育神社"もあります。
uonuma-shinto-shrine1.jpguonuma-shinto-shrine2.jpg
uonuma-shinto-shrine3.jpguonuma-shinto-shrine4.jpg
uonuma-shinto-shrine5.jpg
uonuma-shinto-shrine6.jpg
uonuma-shinto-shrine7.jpg
uonuma-shinto-shrine10.jpg

女の子のイラスト、服装が可愛いかった…
uonuma-shinto-shrine8.jpg
uonuma-shinto-shrine9.jpg

ここ、近くに行くとお経を唱えてくれる菩薩にも挨拶に行ったのですが…雪で近寄れませんでした。
uonuma-street29.jpg
uonuma-street30.jpg
uonuma-street31.jpg


あとは魚沼市といえば、食の楽しみが大きいですね。

とにかく"ブルシエル"に行けるのが嬉しいですよ。
uonuma-blue-ciel2.jpg
uonuma-blue-ciel3.jpg
uonuma-blue-ciel4.jpg

uonuma-blue-ciel5.jpguonuma-blue-ciel6.jpg

どれも美味くて量が多い…大好きです。
uonuma-blue-ciel7.jpg
uonuma-blue-ciel8.jpg
uonuma-blue-ciel9.jpg
uonuma-blue-ciel10.jpg
uonuma-blue-ciel11.jpg
uonuma-blue-ciel12.jpg
uonuma-blue-ciel13.jpg


懐かしい。当地での超人気店"味平"
uonuma-ajihei2.jpg
uonuma-ajihei1.jpg
uonuma-ajihei4.jpg
uonuma-ajihei3.jpg

普通のラーメンがとにかく美味い!
uonuma-ajihei5.jpg

こちらはドンカララーメン。その中でもさらに最強の辛さを持つ大カラです。
uonuma-ajihei6.jpg
昔は食べるのが精一杯だった覚えがありますが、辛さに鍛えられた今の私にはさほど辛くなかった…


今回の喫茶店は"てくたく"にしてゆっくりした時を過ごし、
uonuma-tekutaku1.jpg
uonuma-tekutaku2.jpg
uonuma-tekutaku3.jpg
uonuma-tekutaku4.jpg

ここは7時くらいになるとすっかり人通りが無くなる、魚沼市のメインストリート。
uonuma-street32.jpg
夜の時間に突入です。

まずは定番中の定番、"そば処富永"では私の帰省に合わせて友人達が集まってくれていました。
uonuma-tominaga11.jpg
uonuma-tominaga12.jpg

さわやかに笑って。
uonuma-tominaga22.jpg

美味い酒を飲みながら、好きな食べ物を頼みまくり…幸せ。
uonuma-tominaga13.jpguonuma-tominaga14.jpg
uonuma-tominaga15.jpguonuma-tominaga21.jpg
uonuma-tominaga17.jpguonuma-tominaga18.jpg
uonuma-tominaga19.jpguonuma-tominaga20.jpg
uonuma-tominaga23.jpguonuma-tominaga24.jpg
uonuma-tominaga16.jpg

最後にもう一枚!
uonuma-tominaga25.jpg


次は"菊水"。ここも何年ぶりだろう…
uonuma-kikusui2.jpguonuma-kikusui1.jpg
uonuma-kikusui3.jpg

焼き鳥焼いてる店主。
uonuma-kikusui4.jpg

実はこの男、私とは小中学校時代の同級生でして、この写真は三人の同級生が並びました。
uonuma-kikusui7.jpg
地元で同級生が集まる機会といえば、今までに成人式や同級会…そんなので誘いの葉書が来ていた事はありましたが、私はそういう場にノコノコ顔を出すような人間ではないので、他の同級生の間で中学卒業以来姿を見てない謎の存在になっているはず。
いや、そもそも誰にも思い出されもしてないかもしれませんが…
右の男だけは同級生としては唯一帰省した時に一緒に飲む奴ですが、この写真は貴重かな、と。

しかし同級生があとを継いで経営している店に訪れたというのに、腹いっぱいでつまみをほとんど喰えなかったのが申し訳なかった。
uonuma-kikusui5.jpg
uonuma-kikusui6.jpg


その近くにあり、私にとっては大事すぎるお店"須藤魚屋"は今回満席で入れなかったり、次の行ける日が休みだったりして入店できなかったのは残念でした…
uonuma-street43.jpg
↑これば須藤魚屋の前で見つけた知り合い含む一行だったので、せめてこれを載せておきましょう。


"つるや"も大好き。
uonuma-tsuruya6.jpg
uonuma-tsuruya7.jpguonuma-tsuruya8.jpg
uonuma-tsuruya9.jpguonuma-tsuruya5.jpg

KENZO(けんちん雑炊)から、
uonuma-tsuruya4.jpguonuma-tsuruya2.jpg
そしてラーメンという〆が一番美しい。
uonuma-tsuruya3.jpg


これは昼間にたまたま通りかかって驚いたのですが、"さくらや"
ここも昔は何度か来てた店で、わりと安くてつまみも美味しかった記憶がありますが…
uonuma-sakuraya1.jpg
上の看板に三色マーク、そして入口に三色旗を掲げてる…ダメ押しに公明党のポスター!
そう、あの学会の熱心な信者さんが経営しているお店だったのですね。
昔は三色の意味を知らなかったからね…ここは東京にあったら大変なのではないでしょうか。

いえ、私はあの学会にそこまでアンチ精神を持っているわけではないですし、いい店だったのは覚えているので、今度はこんな感じで三色モノを身に付けて入店してみようと思います。
uonuma-sakuraya2.jpg


あともう一軒…"寿し竹"です!
ここは実家近所の寿司屋であり、父親が毎週のように通っていたので私も幼少の頃から良く来ていた店なのです。
uonuma-sushitake3.jpg
uonuma-sushitake2.jpg
uonuma-sushitake4.jpg
uonuma-sushitake5.jpg
10数年ぶりに訪れましたが、経営者夫妻も私の事は良く覚えてくれていて、いろんな話をしました。

しかもこの寿し竹…あの、魚沼市出身で「ラストサムライ」の出演以来一躍世界的に有名になった俳優・渡辺謙がバイトしていた店でもあるんですよ!!
uonuma-sushitake6.jpg


次は定番の撮影スポット、"しげのや"のサザエさん達と。
uonuma-street33.jpg

ちなみにここ、昼間はこんな店なのです。
uonuma-street34.jpg

魚沼地方が舞台となっている「天下人」の影響で流行しているらしく、どこへ行っても直江兼続の名前や土産物を目にしました。
uonuma-street41.jpg

ここも懐かしいな~、"肉の袖八"。幼少時代からここのコロッケ類を食べるのが大好きでした。
uonuma-sodehachi1.jpg
uonuma-sodehachi2.jpg
uonuma-sodehachi3.jpg


あとは、外に出ずに実家でゆっくりした夜もありました。

水炊き。
uonuma-chez-moi25.jpg
uonuma-chez-moi26.jpg
uonuma-chez-moi27.jpg

加計呂麻島から送られてきたイカの甲羅と、身の刺身。
uonuma-chez-moi28.jpg
uonuma-chez-moi29.jpg

次々出てくるつまみを…
uonuma-chez-moi30.jpguonuma-chez-moi31.jpg
uonuma-chez-moi32.jpguonuma-chez-moi33.jpg

熱燗にした越乃寒梅でカジカ酒にしていただきました。
uonuma-chez-moi35.jpg
uonuma-chez-moi36.jpguonuma-chez-moi40.jpg

それに今年は早くもふきのとうが出たとの事で、天プラにしてもらいました。
uonuma-chez-moi34.jpg

ここは残されている私の部屋。
uonuma-chez-moi5.jpg

ここで過去の恥ずかしい写真を発掘したりしたので、今回特別に少し公開しておきましょう。
そう、今や『正に龍(ドラゴン)』『男の中の男』『悟りを開いた漢』『瀬戸内さんより素晴らしい人格者』…
そんな形容詞を付けられてしまう、聖人君子としても名高い私にも、恥ずかしい過去があったのです。
それを封印するのは簡単だが、あえてそれをさらす事によって恥ずかしい過去や呪いを笑い飛ばそうという企画を考えたのです、今!

まずは醜いフリークスと蔑まれた幼年期。
uonuma-kako1.jpg

何と言ってもさぶいのは人生で一番ダサい季節、中学生日記…
uonuma-kako2.jpg
この髪型、服装、ポージング…全てがヤバすぎる!

他にもストーンウォッシュ(ケミカルウォッシュ)のゴム入りウエストなジーパンの中に英字新聞柄のシャツをインしたファッションでダサポーズを取ってる的な、とてつもなくヤバい写真をアップして自虐出来れば良かったのですが…しかし、意外と無い!
恐らくダサさ最強だったはずの中学1年、2年の写真は自分では一枚も持って無いようです。
いつか見た覚えがあるからこの世に存在はするのでしょうが…例えば私が大事件とか起こしちゃって、ニュースに流れた自分の過去写真がそれだったらと思うと腹かっさばきたくなるので、どこかに眠っているだろう写真を早く回収しなくては。

お次は高校一年生です。
柔道に打ち込んでいた時代の憧れの金メダリスト・吉田秀彦選手と撮ってもらった写真だから貴重なのですけど、私があまりにも駄目な奴的表情。
uonuma-kako3.jpg

これも珍しい。数少ない学ラン写真…
uonuma-kako5.jpg

さらにコレ!
何と私は恥ずかしながら、高校時代にMEN'S NON-NO(メンノン)に載った!1995年9月号(通巻NO.112)です。
uonuma-kako6.jpg

どれでしょうか?
ちなみに学校でバレないように偽名使ったのですが。
uonuma-kako7.jpg

もう分かりましたね。コレでした。
uonuma-kako8.jpg
当時好きだった相撲の行司から名前を頂いて作った偽名でした。
uonuma-kako9.jpg
未だ自分こそがBRUCE LEE本人だとは気付いていない時代でしたが、それでも当時から一貫しているのが、カンフー服にBRUCE LEEのTシャツ、そして手にはヌンチャクとアピールしてます…しかし、メンノンからのコメントではこのセットについて一言も無し!

はい、百姓時代です。
uonuma-kako4.jpg
uonuma-kako13.jpg
uonuma-kako14.jpg

最後に、私の愛車だったスクーター"SUZUKI GEMMA 50"(スズキ ジェンマ 50)を紹介しておきましょう。
uonuma-kako10.jpg

実は高校に入って、バイトしたお金で初めて買った125ccのバイクがあったのですが…これは訳あってあっさり廃車になってしまいました。
uonuma-kako11.jpg

しかし田舎生活の事、バイク失くしては生活できず、自動車は18歳にならないと免許とれない。
そこで目に付けたのはオヤジさまのスクーター、SUZUKI GEMMA 50でした。これがとっくに絶版になってるレアなバイクで、カッコ良かったのです。
しかも当時好きだったマカロニ・ウエスタン(イタリア製の西部劇)のスター俳優ジュリアーノ・ジェンマと同じ名前が付いてる上に、彼がかつてCMしていたのだという逸品。

坂とかになると止まりそうになるし、とにかく10数年乗ってた古いスクーターなので馬力が無かったけど、そこがまた愛着になっていました…。
uonuma-kako12.jpg
↑これは兄と。

しかし、私が家を出てからいつの間にか廃車にされていました。 とても自動車は持てない東京生活をしながら、今もスクーターには乗っているのですが、GEMMA 50が手に入るならまた乗りたいな~。

過去シリーズはここまでにして、はい、これは新潟HARDCOREシーンの重鎮バンドにして世界的にも有名な"BLOW BACK"のTシャツで。
uonuma-street42.jpg

それにしても田舎は時間の流れが遅くて、ブラブラできる時間が増えますね。
uonuma-street35.jpg
uonuma-street36.jpg
uonuma-street37.jpg
uonuma-street38.jpg

例によってブックオフ巡りはしましたが、ここはお隣の南魚沼市。
uonuma-street39.jpg
多少の掘り出し物もありましたが、明らかにパチンコしなそうな私が手にしているのはパチンコ雑誌。

ブルース・リーがパチンコ化されてから、これらも買わなくてはならなくなりました…
uonuma-street40.jpg

ちょうど隣町では雪まつりなどもやってたので覗いてきました。
その模様はまた次回やりますので、今回はこれでサヨウナラ、また帰る日まで。
uonuma-street22.jpg


スポンサーサイト
  1. 2009/03/07(土) 23:59:56|
  2. 旅行・紀行・街
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<旅行・紀行・街(57) 新潟県十日町市 2 小千谷市 1 | ホーム | ホラー漫画(44) 鬼城寺健 3 「悪魔の赤ちゃん デビルズベビー」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mangabruce.blog107.fc2.com/tb.php/711-e3d7c80d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

BRUCE

Author:BRUCE
BRUCEです。あだ名は大悟(DieGo)です。
大悟…つまり悟りを開くに至る道程にある事を表し、かつ神の映画「ドラゴンへの道」から頂いてのブログタイトル。同名の秘密結社も運営しています。

名作漫画紹介の形を借りて、自分の記録用に使っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する