大悟への道 (旧名・名作漫画ブルース)

名作漫画の紹介 ・・・個人的な旅の記録

旅行・紀行・街(57) 新潟県十日町市 2 小千谷市 1

前回は新潟県魚沼市に帰省した時の模様をアップしましたが、今回はその時に行った近隣の街です。
まずは十日町市へ。

ここではちょうど開催していた"十日町雪まつり"へ。
tokamachi-yukimatsuri0.jpg
この冊子に第60回と書いてある通り、何と昭和25年から開催されている日本で一番の歴史を持つ雪まつりがこれ。

ただし雪像があったり、催し物が行われている会場はかなり広い範囲に及んでいるようなので、ほんの一部だけしか見てこれませんでした。
しかも時間は昼間でイベントが無い時間、それも雪が降っている中でしたのでかなり早足で見てきただけですが…
tokamachi-yukimatsuri1.jpg
tokamachi-yukimatsuri2.jpg

雪神苑…ここに入ると、雪で造られた日本庭園が!
tokamachi-yukimatsuri3.jpgtokamachi-yukimatsuri4.jpg
tokamachi-yukimatsuri5.jpgtokamachi-yukimatsuri6.jpg

この広場だけで焼き魚や、
tokamachi-yukimatsuri8.jpg

熊や猪まで喰えて、
tokamachi-yukimatsuri9.jpg
tokamachi-yukimatsuri10.jpg

美人を見る事もできる(これは去年のミスコンの覇者でしょうか)。
tokamachi-yukimatsuri7.jpg

ここは出て、道端にある雪像も見てきましょう。
tokamachi-yukimatsuri13.jpg
tokamachi-yukimatsuri11.jpgtokamachi-yukimatsuri12.jpg
tokamachi-yukimatsuri14.jpgtokamachi-yukimatsuri15.jpg
tokamachi-yukimatsuri16.jpgtokamachi-yukimatsuri17.jpg
tokamachi-street10.jpgtokamachi-yukimatsuri21.jpg

私は龍(ドラゴン)と呼ばれる男…やはり龍のヤツは好きですね。
tokamachi-yukimatsuri18.jpg

着てる服も合ってるし。
tokamachi-yukimatsuri19.jpg
tokamachi-yukimatsuri20.jpg

ここはメイン会場。雪で造られたステージが凄いし、夜はライトアップされてかなり綺麗なのですが…歌手が登場するまでにはまだまだ時間があり、しかもゲストはバブルカムブラザーズだなんて聞いたら、とてもじゃないけど雪の中待ってまで見る気はしないのですぐに立ち去りました。
tokamachi-yukimatsuri22.jpg
tokamachi-yukimatsuri23.jpg
tokamachi-yukimatsuri24.jpg

そもそもこの十日町雪まつりは地元に住んでいた時に何度も来た事がありますんでね。
tokamachi-yukimatsuri25.jpg
tokamachi-yukimatsuri26.jpg
で、思い出して写真探したらコレが出てきましたが、これはもう確実に6年くらい前か…

全く降り止まない雪に凍えてしまい、暖を求めて入った店はここ"ほんやら洞"
tokamachi-honyarado1.jpgtokamachi-honyarado2.jpg

前回「ココ」でも少し触れたように、つげ義春先生の名作「ほんやら洞のべんさん」の舞台となったこの十日町市にある"ほんやら洞"という名の喫茶店…
それは前から気になっていたのです。

結果、かなりいい感じの空間ではあったのですが…
tokamachi-honyarado3.jpgtokamachi-honyarado4.jpg
tokamachi-honyarado5.jpgtokamachi-honyarado6.jpg
スタッフは別につげ義春先生のファンでは無く、偶然この名前を使っているだけだと思います。

あと、十日町市のメインストリートには、ならず者がいっぱい立っています。
tokamachi-street1.jpgtokamachi-street2.jpg
tokamachi-street3.jpgtokamachi-street4.jpg
tokamachi-street5.jpgtokamachi-street6.jpg

tokamachi-street7.jpg
tokamachi-street8.jpg
tokamachi-street9.jpg
他にもまだまだいーっぱいいました。

あとは十日町といえば当然ブックオフ。
tokamachi-book-off1.jpg
これが出来る前は通ってた古本屋もあったのですが…ついに閉店してしまいました。

お腹も空いた所で、十日町市の名物である"小嶋屋"のそばを食べに行きました。
まず行こうとした本町の店舗は行列になっていたため諦め、
tokamachi-Kojimaya15.jpg

結局は前回十日町市に行った時にも訪れた、こちらの店舗へ。
tokamachi-Kojimaya17.jpg
tokamachi-Kojimaya16.jpg
tokamachi-Kojimaya18.jpg

いや~、ここのは本当に絶品ですね。
tokamachi-Kojimaya20.jpg
tokamachi-Kojimaya21.jpg
tokamachi-Kojimaya19.jpg

関係ないけど、ここは野球ファンには人気が高いと思われるラーメン屋の"ホームラン"。この日はお休みでしたが。
tokamachi-street11.jpg
『ン』の点がボールですね。昔から数えてこの店を素通りする事、数百回…未だに入店できません。


----------
次は小千谷市へ。
ここは日本一の大きさを誇る花火(四尺玉)を上げる片貝地区の花火大会、それにおぢや縮や牛の角突きの習俗、錦鯉で有名…とか何とか言っても結局は普通の地方都市、ど田舎です。
ここにもブックオフはありますけどね。あと、学生時代からよく行ってた"手打ちらーめん 勝龍"。ここは塩味が美味しいのですが、気分で醤油味を頼んでしまいました。
トッピングも種類が豊富で美味しいのですが、今回はノーマル醤油で。
syoryu1.jpg
syoryu2.jpg


とにかく今回は何でわざわざ行ったかというと、一面の雪原いっぱいにカラフルな熱気球と花火が上がるイベント"おぢや風船一揆"を見たかったから。
ojiya-balloon1.jpgojiya-balloon8.jpg

無料試乗会もあるとかで人生初の熱気球に乗るべく向かったのですが、しかし風が強いために気球上げるのを見合わせているとかで…ダメでした。
ojiya-balloon13.jpg

雪像を少し見て、
ojiya-balloon2.jpg
ojiya-balloon3.jpgojiya-balloon4.jpg
ojiya-balloon5.jpgojiya-balloon6.jpg
ojiya-balloon7.jpg

"わたや"が出店してたので、小千谷そばを食べられて良かったな。
ojiya-balloon9.jpg
ojiya-balloon10.jpgojiya-balloon11.jpg
ojiya-balloon12.jpg
ojiya-balloon14.jpg

早々に立ち去って、ジャスコ内のパン屋で王様カツカレーパンと牛乳の簡単な食事。
ojiya-pan1.jpgojiya-pan2.jpg
ojiya-pan3.jpg

ところでパンといえば魚沼地方に住む人で知らない者はいないであろう、このミルクサンドパン。
ojiya-pan4.jpg
定番中の定番であるコレって、ご当地ものだったんですよね。

あとは"ちぢみの里"で恐竜を見て帰りました。
ojiya-chijimi1.jpg
ojiya-chijimi2.jpg
この写真では良く分からないかな、恐竜…

----------
ついでにちょっと立ち寄り、北魚沼郡川口町
有名観光スポットの一つも無い、特徴に欠ける町なのですが…でもラーメンの名店"つり吉"があるわけです。
kawaguchi-tsurikichi1.jpgkawaguchi-tsurikichi2.jpg

黒いスープの醤油ラーメンがンマーイ!!
kawaguchi-tsurikichi3.jpg

初めて味噌ラーメンも食べてみました。
kawaguchi-tsurikichi4.jpg


ここは"あぐりの里"
kawaguchi-street1.jpg

で、この近くにあったお化け屋敷はまだあるかと見に行ってみたら…ありました!
kawaguchi-house1.jpg

雪で近づけなくなっていますが、雰囲気はいいモノを持っているのでもうちょっと大きければ、逆に雪イメージを利用して映画「シャイニング」の館として好き者を呼べたかも。
kawaguchi-house2.jpgkawaguchi-house3.jpg
kawaguchi-house4.jpg

そんなわけで天候に恵まれなかったためにイマイチだった祭り二つでしたが…食べた物はやっぱり良かった。
はいそれでは、また。おやすみなさい。


スポンサーサイト
  1. 2009/03/08(日) 23:29:46|
  2. 旅行・紀行・街
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<月刊漫画ガロ(60) 秋山亜由子 1 「こんちゅう稼業」 | ホーム | 旅行・紀行・街(56) 新潟県魚沼市 5>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mangabruce.blog107.fc2.com/tb.php/719-45e6fe93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

BRUCE

Author:BRUCE
BRUCEです。あだ名は大悟(DieGo)です。
大悟…つまり悟りを開くに至る道程にある事を表し、かつ神の映画「ドラゴンへの道」から頂いてのブログタイトル。同名の秘密結社も運営しています。

名作漫画紹介の形を借りて、自分の記録用に使っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する