大悟への道 (旧名・名作漫画ブルース)

名作漫画の紹介 ・・・個人的な旅の記録

ホラー漫画(49) 広永マキ 1 「乙女座裏切りのワルツ」

今夜は広永マキ先生の「乙女座裏切りのワルツ」(立風書房刊)です。
HIRONAGA-otomeza.jpg

広永マキ先生は立風書房の後期に作品を次々と描いていた方で、絵は下手な少女漫画な上に地味な話・・・
なのでそれほど重要視はしていなかったのですが、少女漫画ならではのテーマでしょう、この"星座恐怖シリーズ"

ただ、シリーズとはいえ12星座全部を描けずに結局は「さそり座の少女呪いの微笑み」「双子座呪われた誕生日」「牡羊座呪いの学園祭」、そして今回の「乙女座裏切りのワルツ」と4つの星座のみで終わってしまいました。

私自身が乙女座なので今回は「乙女座裏切りのワルツ」に決めたのですが、8/24~9/23生まれの乙女座な貴方は是非読んでみてはどうでしょうか。
乙女座の由来となった女神アストレアの話から始まり、その特徴や性質を学ぶ事ができます。

主人公で乙女座の少女星子が、夏になると別荘に来る理想の王子様の大門春樹に憧れ、それを姉の陽子に邪魔をされて…
それが春樹の方にも秘密があって陽子は殺され、星子がその死体を地下室の壁に塗りこめる手伝いをさせられたりと怖い話ではあるのですが、それはまぁいいのです。

星座恐怖シリーズですので作中何度も星子の行動になぞらえて、
『乙女座の批判精神は 相手のルーズさを決して許さないのです』
『乙女座の人は過去の思い出を忘れがたく整理し、残しておきます』
『乙女座の人は正義感が強く不正や俗悪に対する批判精神が強いのです』
『乙女座の人は生まれながらにすばらしい識別力を持っています
無意識のうちに周囲の人やあらゆる物をはかりにかけ、熟考します
それは完全主義で物質的な理想を追求するためです』
・・・等といちいち解説が入るのです。

もっとネガティブな特徴がいっぱい挙げられますので、正に自分が乙女座、という人はむしろ読まない方がいいのかもしれません。
まぁ私は占い類を全く信じてないので笑って読んでいますが。

最後姉殺しの共犯になってまでシンデレラストーリーのように幸せを掴んだ星子でしたが、
『私とっても幸せだわ 涙が出そうなくらい』
と感激している裏で姉の死体が見つかって・・・バッドエンドは、なかなか上手い感じですよ。


乙女座(8/24~9/23)
この星座生まれの人は人間社会の俗悪をきらい 天界へ去った女神アストレアの性格(きびしい批判力、潔癖症の完全主義者)を そのまま受けついでいます
そのため乙女座生まれの人は理想が高く、12星座中もっとも愚痴の多い星座でもあります
また長所であるはずの緻密で細部にまでこだわる繊細さは逆に物事を大局的にとらえることができにくい欠点ともなります
"寛容"こそが乙女座の人にとって幸運のキーポイントなのです



スポンサーサイト
  1. 2009/05/02(土) 23:35:51|
  2. ホラー漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<ホラー漫画(50) 浜慎二 2 「亡霊!呪いの村」 | ホーム | 日野日出志(51) 「恐怖の招待状 日野日出志 collection」>>

コメント

広永先生の作品と言えば・・・?!

あたしゎ「悪魔の椅子(いす)」というマンガを持って
います。資産家の出の父親と庶民の出の母親を
持つ女の子が主人公のお話です。まるで大映ドラ
マシリーズのドラマに加えても良さそうな内容です
。〔広永先生が賛成しようが反対しようが、あたし
としてゎ是非ドラマ化して欲しいぐらいです。〕
  1. 2012/08/23(木) 15:04:51 |
  2. URL |
  3. フミ #-
  4. [ 編集]

星座恐怖シリーズくらいしか・・・

>フミさま

これは珍しい、広永マキ先生のファンの方ですか!
私は熱心に読者ではなく、全く詳しくないのでタイトルの質問も答えられません。作品も星座恐怖シリーズくらいしか覚えてないのです…申し訳ありません。
お薦めの「悪魔の椅子(いす)」も読んでみたくなりました。
  1. 2012/08/23(木) 16:50:25 |
  2. URL |
  3. BRUCE #-
  4. [ 編集]

とても遅ればせながら・・・。

>管理人さん

お返事の方ありがとうございました。(^_^;)
ちなみに『悪魔の椅子』という作品ゎ、詳しくネタ
明かしすると・・・?!(^_^;)

単なるホラーマンガでは無く、意外な結末のお話し
なんですよねぇ~・・・?!(^_^;)

何を隠そう「主人公までが死んでしまう」という、ある
意味アンハッピーエンド〔ネットゲームの脱出ゲーム
で言う「バッドエンド」〕なお話しなんです。(^_^;)

何はともあれもし古本屋さんや、ブックオフで見掛け
た際は、是非お買い上げになって読んでみてもらう
事をお勧めします。(^_^;)
  1. 2013/08/19(月) 21:43:22 |
  2. URL |
  3. フミ #-
  4. [ 編集]

コメントありがとうございます。

>フミさま

「悪魔の椅子」、ますます気になりました。
…あれから忘れてて、結局今の所読めていません、いつかきっと!
  1. 2013/08/27(火) 08:44:35 |
  2. URL |
  3. BRUCE #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mangabruce.blog107.fc2.com/tb.php/767-984c9f26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

BRUCE

Author:BRUCE
BRUCEです。あだ名は大悟(DieGo)です。
大悟…つまり悟りを開くに至る道程にある事を表し、かつ神の映画「ドラゴンへの道」から頂いてのブログタイトル。同名の秘密結社も運営しています。

名作漫画紹介の形を借りて、自分の記録用に使っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する