大悟への道 (旧名・名作漫画ブルース)

名作漫画の紹介 ・・・個人的な旅の記録

劇画(92) 小池一夫 6 叶精作 3 「BROTHERS」 1

今夜は小池一夫原作、叶精作作画という黄金コンビの作品「BROTHERS」(小学館刊)です。
KOIKE-KANO-brothers-1-2.jpg

これは…私はまだ10代の頃に読ンでしまい、その激しい性描写ゆえに興奮しまくり、またブッ飛びンだ発想にやられた思い出もあるために数多い小池一夫作品の中でも個人的にはかなり上位に位置しています。

叶精作先生の絵も相変わらず素晴らしいのですが、忙しかったのでしょう。少し手抜きしたコピーの多用が目立ちます。もちろンそンな事くらいで作品の魅力が下がるわけはないのですけどね。
セックス&バイオレンス、そして全盛期の小池一夫先生による奇想たっぷりな設定が面白くてたまりませン!

主人公のマッキー(マッキー・プルート・ケラ)は人間ですが、兄貴のリッキー(リッキー・ネプチューン・ケラ)と妹のメモリー"HEM"(ヘム)なのです。
そしてマッキーもHEMである成長しない兄と妹の体に合わせて、薬で成長を遅らせています。

おっと、いきなりHEMって言われてピンとくる人もいないと思いますが、それはHOMO ELECTRO MECHANICS(ホモ・エレクトロ・メカニクス-電子機械人間)の略で、人類をホモ・サピエンスと呼ぶのに相対する言葉です。
ロボットやアンドロイドではなく…面倒な説明もなされていますが、簡単に言うと人間の脳を残したサイボーグみたいなもの(正確には少し違うのですが)で、性能も人間の姿の下にある姿も映画「ターミネーター」のT-800に近いです。
このHEMという名称もそのまま、同じ小池一夫原作作品である「さよなら!!岸壁先生」でも使われたネタなンですけどね。

人間の能力をはるかに凌駕したこのHEM。
エネルギー源は核融合反応炉で、10~50トンもの物を持ち上げるパワーを持ち、銃に被弾しても人口細胞がすぐに自己修復してしまう。
他にも様々な場面でその肉体の強さを見せつけられますが、そのHEMが1944年のドイツ陸軍生物化学班が暗号名"ガンブルー"として密かに開発していたのですが、わけあって現代まで地下に潜伏していたのです。

さらにHEMの凄いのは人間ともセックスが出来て、人間と同じエクスタシーも感じられる。
HEMと寝た女は二度と人間と寝れなくなる、というほどの凄さで、人間ではとても出来ない事をしています。
セックス用に造られたHEMも登場するし、それにマッキーは妹のメモリーと愛し合ってセックスしまくる…
もちろンHEM同士の激しすぎるセックス描写もありますよ!

過去に遡る話でリッキーとメモリーが1944年にHEMになっていて、両親も二人共HEM化して…また何故なったかの謎も分かりますが、3人のブラザーズの本名はそれぞれ、リッキー=カール、マッキー=ルドルフ、メモリー=エベリンで、その後も数奇な運命を辿ってきました。
この時代のドイツ軍となるとナチスが絡む話になってきますので、アドルフ・ヒトラーとその恋人(自殺前日に結婚しましたが)のエバ・ブラウンの脳もHEMの体に移植されている事実も判明します!
しかしヒトラー達は冷凍保存状態になって海の底に眠って一旦話からそれて…

KOIKE-KANO-brothers-3-4.jpg
再び現代。
ある目的を持ってヒトラー達を甦らせるため、マッキー達は金を稼ぐべく行動します。それはいつも命の危険と隣り合わせの戦いの連続で…
不死身に近いHEMは危険じゃないのかもしれませンが、生身の人間であるマッキーはいつも狙われて麻薬中毒にされたり、大変です。

HEMの存在を把握したアメリカ合衆国政府ともマッキー達は話し合い、基本的人権を得るために交換条件の国際テロリスト一味を一掃するのですが、この時の話も面白かった。

そンなわけで「BROTHERS」というタイトルの通り、この3人ブラザーズの活躍を長さはまちまちの全11話、単行本にして全9巻で描いている傑作なのです。
ついに復活するヒトラーやエバの話は、また次回に回しましょう。


HEMだからこそ人間がわかるンだぜ
人間にあこがれ人間になりたくて
もっとも人間のようにふるまってるHEMだからこそ
おまえなンかより人間のことをわかってるンだ
メモリーだってそうさ
でなくてだれがあンなことを買ってでるもンか
人間であるおまえを愛しているからこそ人間がわかるンだよ



スポンサーサイト
  1. 2009/05/07(木) 23:54:04|
  2. 劇画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<劇画(93) 小池一夫 7 叶精作 4 「BROTHERS」 2 | ホーム | 旅行・紀行・街(64) 東京都杉並区高円寺 7 高円寺びっくり大道芸2009…等>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mangabruce.blog107.fc2.com/tb.php/771-05504ba3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

BRUCE

Author:BRUCE
BRUCEです。あだ名は大悟(DieGo)です。
大悟…つまり悟りを開くに至る道程にある事を表し、かつ神の映画「ドラゴンへの道」から頂いてのブログタイトル。同名の秘密結社も運営しています。

名作漫画紹介の形を借りて、自分の記録用に使っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する