大悟への道 (旧名・名作漫画ブルース)

名作漫画の紹介 ・・・個人的な旅の記録

旅行・紀行・街(66) 東京都渋谷区 2 バングラデシュフェスティバル2009…等

こんばんは。
今夜の旅は東京都渋谷区です。

まずは私、BRUCEといえば皆さんご存知の通りバングラデシュ(Bangladesh)好き。
先日は渋谷区の代々木公園にて行われた、
バングラデシュフェスティバル2009
へお邪魔してきました。

バングラデシュフェスティバルは昨年に第1回目が開催されたばかりで、今年で2回目。
bangladesh-Festival1.jpg
日本人はもちろん、帰化バングラデシュ人や在日バングラデシュ人で構成されていて、同会場で開催されているタイフェスティバル等に比べると規模は小さいため、人も少ないのが嬉しい。

こういったフェスは昼間の外で飲むビールが美味いわけで、まずはインドのキングフィッシャービール(KING FISHER BEER)。
bangladesh-Festival2.jpg
バングラデシュのビールは残念ながらありませんでした。

タブラ&シタールの演奏をまったりと聴きながら飲み。
bangladesh-Festival3.jpg

出店もゆっくり見て回りました。
bangladesh-Festival4.jpg
bangladesh-Festival5.jpg
bangladesh-Festival6.jpgbangladesh-Festival7.jpg
bangladesh-Festival8.jpg
bangladesh-Festival9.jpg
bangladesh-Festival10.jpg
bangladesh-Festival11.jpg

次々と買物もしましたが、これは青唐辛子いっぱいで実は激辛のモグライ!
bangladesh-Festival12.jpgbangladesh-Festival13.jpg

ここではマサラトーサ…
bangladesh-Festival14.jpg
bangladesh-Festival15.jpgbangladesh-Festival16.jpg
写真と全然違う!!

ケバブカレー。
bangladesh-Festival20.jpgbangladesh-Festival21.jpg

他。
bangladesh-Festival17.jpgbangladesh-Festival18.jpg
bangladesh-Festival19.jpgbangladesh-Festival22.jpg
bangladesh-Festival24.jpg
bangladesh-Festival34.jpg
bangladesh-Festival35.jpg
bangladesh-Festival36.jpg

ちなみにこの日の私、世界の国旗を集めたTシャツで行きましたが…
bangladesh-Festival25.jpgbangladesh-Festival26.jpg

もちろん世界の国旗で美しい方から1番目と2番目、つまり日本とバングラデシュのもあります。
bangladesh-Festival27.jpg
bangladesh-Festival28.jpg

おおっ!少林サッカーTシャツの男を見つけて嬉しくなりました。しかしピッチピチだなぁ…
bangladesh-Festival29.jpg

あと私もそうですが、ロック好きのおっさんに『バングラデシュ』と言えば、あのジョージ・ハリスンが発起人となって行われ、伝説となった世界初の大規模チャリティーコンサート・・・・
コンサート・フォー・バングラデシュ(THE CONCERT FOR BANGLA DESH)
まずこのイベントの名前を出してくると思います。
concert-for-bangladesh1.jpgconcert-for-bangladesh2.jpg

ここで取り出しましたる雑誌は、同イベントを特集したレコード・コレクターズ(ミュージック・マガジン社刊)。
concert-for-bangladesh4.jpg
bangladesh-Festival30.jpg
bangladesh-Festival23.jpg

1971年にバングラデシュがパキスタンから独立した戦争(第三次インド・パキスタン戦争)で難民となった人々を救済するためのコンサート企画で、ジョージはもちろんの事、リンゴ・スターレオン・ラッセルボブ・ディランエリック・クラプトン
出演者の名前をここまで出しただけで、凄いのは伝わるでしょう。まずは音を聴いてもらうとして、また多くの映像でも残っていますので、気に入った方はこの感動のステージの模様を是非ご覧下さい。
concert-for-bangladesh3.jpg

続いては、お笑い芸人の高円寺パルサーと、
bangladesh-Festival31.jpgbangladesh-Festival32.jpg

冷蔵庫マン
bangladesh-Festival33.jpg

彼らによるバングラデシュ人民共和国とは何の関係もないネタを見てから会場を後にしました。
ちなみに、同会場の少しだけ離れた所でやってた集会の方が、はるかに多くの人を集めていましたね。
bangladesh-Festival40.jpgbangladesh-Festival37.jpg
bangladesh-Festival38.jpgbangladesh-Festival39.jpg

代々木公園の隣りにあるこの競技場、カッコいいです。多分サッカーとかやってる所なので、一生入る事は無いのでしょうが…
harajuku-street3.jpgharajuku-street4.jpg

明治神宮。
yoyogi-meijijingu15.jpg

さて今まで渋谷区といえば、このブログでは「ココ」で代々木駅周辺を紹介しただけでしたが…
実は私は初めて自分で東京に遊びに来るようになった16歳くらいの時から必ず寄る土地でした。目的の店がいくつもあったので、本当に良く通いました。
shibuya-street1.jpg

若者のメッカとして大人気の渋谷駅辺りは今やよほどの用事が無ければ近寄りたくない土地になってしまいましたが、それでも近くに行けばたまに下車します。
昔からの定番であるまんだらけ(もちろんここに移店する前から通ってます)に、
shibuya-mandarake1.jpg
shibuya-mandarake2.jpgshibuya-mandarake3.jpg

disk union
shibuya-disk-union1.jpg

そして去年ブックオフもオープンしましたしね。
shibuya-book-off1.jpg

飲食店はいろんな想い出や飲み食いした店も相当な数があるのですが、最近では…
いやこれも去年になってしまいますが、センター街のブリティッシュパブ"THE ALDGATE"(ジ・オールゲイト)。
shibuya-aldgate1.jpgshibuya-aldgate8.jpgshibuya-aldgate9.jpg

珍しい海外ビールやらを次々と呑みますが、つまみも美味くて…
shibuya-aldgate2.jpgshibuya-aldgate3.jpg
shibuya-aldgate4.jpgshibuya-aldgate5.jpg
shibuya-aldgate6.jpgshibuya-aldgate7.jpg

チェコ人のおねいさん店員と記念撮影。
shibuya-aldgate11.jpg
チェコから来てるからってヤン・シュヴァンクマイエルイジー・バルタ等のチェコアニメの話なんかしてしまった私はうかつでした…そんなのは渋谷のオシャレ系の人々からよく言われる名前だったでしょう。
せめてカレル・チャペクとかフランツ・カフカミラン・クンデラ等の日本でも有名な作家の名前を挙げ、作品について語ってかっこつければモテたかもしれません。
SILENT STREAM OF GODLESS ELEGYという、すさまじく良すぎるゴシック・メタル・バンドがいるのですが、それはチェコ人でも知ってるとは限らないかな…

続いてラーメン好きにたまらないのは、宮益坂にある1階から4階まで全フロアにラーメン店を集積させたラーメンビル。
shibuya-daisenso1.jpgshibuya-daisenso2.jpg
"ラーメン大戦争"と、水木しげる先生による「ゲゲゲの鬼太郎」シリーズの一作であり、アニメ映画にもなった「妖怪大戦争」からヒントを得たのであろうキャッチフレーズもいいですね。
shibuya-daisenso3.jpg

私は先日初めて行ったばかりなので、まずはこのビルで最初にオープンした店でもある、1階の"麺屋 梵天"にしました。
shibuya-bonten1.jpg
shibuya-bonten2.jpg
shibuya-bonten3.jpg

こちらはチェーン店ですが、わりと好きな"天下一品"
shibuya-tenkaippin1.jpgshibuya-tenkaippin5.jpg
shibuya-tenkaippin2.jpg
shibuya-tenkaippin3.jpg
shibuya-tenkaippin4.jpg

以前良く来てた時にポイントがたまって、タレント(確かベッキーさんって人)がプリントされた天下一品のミニチュアラーメン丼を貰いました。
shibuya-tenkaippin6.jpgshibuya-tenkaippin7.jpg

ここはフランス直輸入の粉を使用しているパン屋の"VIRON"(ヴィロン)。美味い!
shibuya-viron1.jpgshibuya-viron2.jpg

ちょうど先日は道玄坂を通ったので、ふと思い出してあの道を歩くと…おおっ、まだありました!!
これこそが私が始めて上京した時も真っ先に目指したお店、"印度料理ムルギー"
shibuya-murugi1.jpg
shibuya-murugi2.jpg
shibuya-murugi3.jpg

中学生時代に何度も読んだ大槻ケンジ(オーケン)氏のエッセイで紹介されていた、あの
『ムルギーカレー玉子入りですね』
の店ですので、ついに見つけた時は嬉しくてならなかった!
筋肉少女帯の名曲「日本印度化計画」でもバックのコーラスが『ムルギー!』と叫んでますよね。

もちろん記念撮影もしたし…
shibuya-murugi4.jpg
前に実家に帰った時に昔の写真を持ってきたので、探してみたらありました。

こちらは同行した友人の風間くん。
shibuya-murugi5.jpg
田舎の学校ではおそらく唯一だったでしょう、ガロとかも好きな仲間である彼を見つけて仲良くなり、何度か一緒に東京に来てはレコード屋を回って買いまくり、彼はテクノを私はプログレ中心にロックをと、お互いの収穫を貸しあったりしたものでした。
でも就職して連絡取らなくなって、もう10年以上…
印度料理ムルギーもその後何度か行きましたが、もう5年くらいは行ってません。

先日は"club asia P"へライヴにも行きました~。
shibuya-asia-P1.jpg


渋谷区といえば、一般的な人気スポットとしては原宿も外せませんよね。
harajuku-street1.jpgharajuku-street2.jpg

原宿は逆にブックオフ潰れちゃったし、やはり昔は服を買うために来てたものですが、今やここで買う事も無くなり…竹下通りとか何年も行ってません。
聞けばあれだけあった生写真ショップはほとんど姿を消したのだとか。
昔の私は、アイドルそっちのけでオーケンの生写真を探し、全種類買ったりしましたよ。
harajuku-street5.jpg
これも探したら見つかりました(あと10数枚あります)。

これも数年前ですが、裏原宿の行きたい店に行こうとしたら…"BRUCE-PEE"!ここは一体!?
harajuku-bruce-pee1.jpg
この店名は何でしょう。BRUCE LEEをリスペクトしているのかどうかも、外観からは全く分かりません。


そうそう、千駄ヶ谷も渋谷区です。
ここは地味な印象かもしれませんが、「あしたのジョー」後半のハリマオ戦で舞台となった"東京体育館"が近くにあるし、
tokyo-gymnasium1.jpg

"東京将棋会館"(日本将棋連盟本部)もある土地です!!
sendagaya-syogi3.jpg
かつての将棋少年である私としては、ココが総本山にして憧れの聖地でした。
また改めて将棋の勉強をやり直して、いつかここの猛者達と対局して来たいです。

千駄ヶ谷駅には何と、あの大山泰晴15世名人書のでかい王将駒があります!!
sendagaya-syogi1.jpgsendagaya-syogi2.jpg

それでは近くの稲荷神社でお祈りして、今夜はお別れです。
sendagaya-inari1.jpg
sendagaya-inari2.jpg
sendagaya-inari3.jpgsendagaya-inari4.jpg
sendagaya-inari5.jpg


スポンサーサイト
  1. 2009/06/16(火) 23:49:44|
  2. 旅行・紀行・街
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<月刊漫画ガロ(77) 永島慎二 13 「青春裁判」 | ホーム | 月刊漫画ガロ(76) 永島慎二 12 「殺し屋人別帳」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mangabruce.blog107.fc2.com/tb.php/776-fdce1e3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

BRUCE

Author:BRUCE
BRUCEです。あだ名は大悟(DieGo)です。
大悟…つまり悟りを開くに至る道程にある事を表し、かつ神の映画「ドラゴンへの道」から頂いてのブログタイトル。同名の秘密結社も運営しています。

名作漫画紹介の形を借りて、自分の記録用に使っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する