大悟への道 (旧名・名作漫画ブルース)

名作漫画の紹介 ・・・個人的な旅の記録

月刊漫画ガロ(73) 永島慎二 9 「うらしま」

今夜の永島慎二作品は、短編集"ダンさんコレクション"の4冊目「うらしま」(朝日ソノラマ刊)です。
NAGASHIMA-urashima.jpg

これは『シリーズ民話』とも付いており、その名の通り民話を集めた短編集。
1968~1969年のガロと、1970年にはあの赤旗でもと、少しずつ描いていた民話のコミカライズなのですが、これがもう永島慎二先生のオリジナリティあふれる絵柄で、その個性から可愛さとか優しさなんかを際立たせているのだから嬉しいです。
永島先生は絵本も描いてますし、子供向けの絵を描くのも上手いですしね。

民話集なので話自体は古典であり、誰でも知っているものなのでここで説明する必要はないのですが…
表題作であり一話目の「うらしま」は、不幸な愛の話として描いた仕上がりになっていて、これが一番アレンジされているかもしれません。
セリフ少なく絵で表現する悲しみが、切なすぎる…

計12話のうち「草笛童子」の1話だけ、今や伝説の漫画誌であるぼくら(講談社刊)で載せた作品で、商業誌向けに描いている物でもありこれだけ絵柄が少年漫画風ですね。

残りのほとんどは子供の頃に読んだ民話そのままなのですが、ラストの「風っ子」だけは知らない話で(オリジナルでしょうか?)あり、意外なラストは教訓が強いのか難解なのか、ちょっと不思議な読後感を残す感じの名作です。


いつ ていしゅがもどるかも知れんゆうての
皆んながすすめたが一向に逃げんと 一人がんばっておったのによ……
ちょうど5年前の秋じゃった………
待ちきれずに死んじまっただよ………



スポンサーサイト
  1. 2009/06/08(月) 23:32:33|
  2. 月刊漫画ガロ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<月刊漫画ガロ(74) 永島慎二 10 「東京最後の日」 | ホーム | 旅行・紀行・街(65) 東京都杉並区阿佐ヶ谷 6>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mangabruce.blog107.fc2.com/tb.php/797-67900d11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

BRUCE

Author:BRUCE
BRUCEです。あだ名は大悟(DieGo)です。
大悟…つまり悟りを開くに至る道程にある事を表し、かつ神の映画「ドラゴンへの道」から頂いてのブログタイトル。同名の秘密結社も運営しています。

名作漫画紹介の形を借りて、自分の記録用に使っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する