大悟への道 (旧名・名作漫画ブルース)

名作漫画の紹介 ・・・個人的な旅の記録

藤子不二雄(23) 「無名くん」

今夜は藤子不二雄先生の「無名くん」(リイド社刊)です。
FUZIKO-mumei-kun1.jpg
1971年からリイドコミックにて連載された作品で、1話完結の連作方式で進み、単行本は全2巻。

↑の単行本は1977年に発行された最初の物で、1巻が『変身篇』、2巻が『華麗篇』と名付けられています。
その6年後に新装丁版が出まして、そちらでは1巻が『男の顔は一つじゃない!!』、2巻が『今夜もマブくキメちゃうぜ!!』なんてサブタイトルが付いちゃってます。
FUZIKO-mumei-kun2.jpg
ジャケも全然違うので、ファンなら両方持っておきたいものですね。
もちろん今で言う藤子不二雄A先生の手による作品です。

話の内容ですが、ある会社に入った新人サラリーマンは冴えない奴で周りからバカにされている…しかし彼にはもう一つの顔がありました。
『ドジャーン』とカツラをかぶり、とサングラスも装着してスーツを着替えると、謎の大富豪に変身するのです!

それで何をするかといえば、基本的に先輩の佐木キザオ出羽らのピンチを救ってあげるというもの。
そのために大金をポンポンと使い、時に体を張っているのですが…何のためにそこまでしてこんな情けない奴らを救うのか、分かりません。
佐木らはいつも助けてもらってるのに自分の武勇伝・自慢話として同僚達に話すので、その姿を冴えない時の姿で黙って聞くのが生きがいなのでしょうか、この無名くんは。

そうそう、無名くんという名前も漫画でよくある"○○くん"といった名前が付いているモノとは一線を画し、本当に名前が無いという意味で無名くん。
作中、ずっと『おまえ』とか『あいつ』等と呼ばれて一度も名前が出てこないのです!

変身後は超有名大株主であり、愛人も各所にいて当然モテモテだし、それが中小企業で毎日サラリーマンとしての生活も送っている(それも能力を隠して)のだから凄い。
もちろんサラリーマンが読者であるリイドコミック購買層の人たちに向けて描いているのだから、サラリーマン姿が基本なのであって、謎の富豪姿は彼らのせめてもの願望を見せてくれてるって所でしょうが。

もちろんギャグ漫画としてもちゃんと面白くて、佐木らの滑稽さも醜さも毎回繰り返されるとブラックな笑いになってきてます。
『ウーさぶい!! 女にふられて帰る時は、とくに寒さが身にしみるなあ!
それにしてもこんとこは、なにをやってもツイてないなあ………………
麻雀やれば負けるし、酒を飲めばふつか酔いになるし 女をくどけばふられるし………
このなかで、なんといったって 女にふられるのがいちばんミジメだな~!』

…とは、佐木の実感コモッテルつぶやきでした。

彼は"スナック 魔の巣"という店にも出入りしているようですが、いかにも喪黒福造のターゲットにされそうな奴です。
今作でのマスターはヒゲモジャな風貌こそ共通しますが、「笑ゥせぇるすまん」のと違ってしゃべりますし、ピーコなるバイトの子がいるようです。

藤子不二雄作品で、実はその正体は・・・という変身モノとしては既にこのブログでも紹介している「オヤジ坊太郎」が有名ですが、その大人版が「無名くん」。さらにその女性版だと「ミス・ドラキュラ」になりまして、この三作を称してファンの間で"変身三部作"などとも呼ばれています。

ここで佐木キザオや出羽が、「オヤジ坊太郎」に出てくる同級生の"少年ご三家"と同じ名前であり…つまりは彼らの成長した姿である事に気付くでしょう(キザオは木佐→佐木となっていますが)。
というより後から描かれた「オヤジ坊太郎」の方が「無名くん」の過去編だと受け取れるのですが。
すると無名くんは、もしかしたら坊太郎かも…?そういえばドラゴンはどこへ?そんな夢も広がりますが、まぁキザオは「オバケのQ太郎」にも出るわけだし、ただのスター・システムでしょうか。

あのブルース・リー(BRUCE LEE)フリークで髪型もリーカットの少年・ドラゴンは出てきませんが、しっかりブルース・リーネタの回もありました。
ちょうど「無名くん」連載時に「燃えよドラゴン」が公開されていますので、それに熱くなった藤子不二雄先生が出さないわけがない!
ミニクイ肉体の佐木がタンレンしてブルース・リーを目指しますが、当然続かずヌンチャクも振れず…いい所を無名くんに取られるという、ただ藤子先生が独断でブルース・リーを出したかっただけの話があるのです。

変身後はいつも、何をやってもカッコいい無名くんですが、ヌードショウをしている通りがかりのカワイ子ちゃんを救うために一千万円出してあげますが…
その子にヌードショウを恥ずかしいとは思っていないしおこずかいもらってゼイタクしているほうがもっと恥ずかしい、とたしなめられてショックを受ける異色な回もありました。
ドガーン!と金槌で頭を打たれて、
『そうか!おれは思いあがっていた!金で心の満足は買えない………ということを忘れていたのだ!』
と反省し、カワイ子ちゃんはお金を返してヌードショウへ戻っていくのです。

『劇画無名くん』として、いきなり登場人物がリアルになって海外にギャンブルしに行く…
「香港の二つの顔」「マカオの二つの顔」という話がありますが、これがブラック作品を描く時の藤子作品そのままの絵柄で、今までギャグタッチで描いていたキャラ達が動くのが面白すぎです!
他に「パーマンGOLF」と題して、貴重な活字コラムも収録されていました。


いやー、おまえ
あれから、不思議な怪紳士に夜の博多を案内してもらってねェ!
それがまさに酒池肉林!この世の極楽!
アラビアの王様になったコンコロモチだったなあ!



スポンサーサイト
  1. 2009/07/31(金) 23:08:07|
  2. 藤子不二雄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「小料理 休」 開店おめでとう! | ホーム | LACRIMOSAの初来日公演!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mangabruce.blog107.fc2.com/tb.php/823-314e3868
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

BRUCE

Author:BRUCE
BRUCEです。あだ名は大悟(DieGo)です。
大悟…つまり悟りを開くに至る道程にある事を表し、かつ神の映画「ドラゴンへの道」から頂いてのブログタイトル。同名の秘密結社も運営しています。

名作漫画紹介の形を借りて、自分の記録用に使っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する