大悟への道 (旧名・名作漫画ブルース)

名作漫画の紹介 ・・・個人的な旅の記録

ホラー漫画(59) 好美のぼる 3 「呪いのホクロ」「呪いの首飾り」「呪いのワンピース」

今夜は好美のぼる先生の作品で続けて、入手が比較的容易な所を選んで…
立風書房から上梓されたレモンコミックスの、"呪いシリーズ"から3作を紹介しましょう。


まずは「呪いのホクロ」です。
YOSHIMI-noroinohokuro.jpg
ジャケが怖いですね。

大金持ちの屋敷の娘・田所ルリ子は傲慢で、住み込みのお手伝いの娘である小塚京子に対してイジワルにふるまうのですが…環境は全く違うながらも歳だけは同じ中学生であるこの二人は、顔がそっくりでした。

ある時、つけボクロを付けて髪型を変えて入れ替わると、ルリ子が庭石から落ちて目玉が飛び出し、あっさりと死んでしまいます!!
入れ替わっている時の姿でしたので、京子は家族にも間違えられたまま金持ちの生活を続ける事になるのだが…ルリ子の亡霊が復讐を開始する!

といった話です。
つけボクロごときで、家族が全く血縁関係の無い娘に気付かないのかよ!なんて突っ込みは止めておきましょう。
好美のぼる作品においては、そんな事は小さな問題なのですから。

今まで虐げられてきた京子は邪魔な犬のプッチイも殺し、保身のために頑張るのですが、土の中から無数に出てくる片目が飛び出したルリ子の頭に襲われたり、掛け布団が珍しい造形の化け物になって苦しめる!
結果はルリ子の亡霊の勝利という結果が待っているのですが、今まで自分の娘が他人だと気付いてなかったくせに、偉そうな説教をするルリ子の父の言葉がおかしいです。


続いて、「呪いの首飾り」
YOSHIMI-noroinokubikazari.jpg

開始早々、女学生の津田美子と親しい春川道子、矢吹安子、そして安田先生が次々と謎の通り魔に襲われて廃人同様になってしまう様が描かれるのですが、それらは全て転校生の緑川アキの仕業で、マジナイを過信するあまりに占い師のバアさまの命令でやっていた事だったのです。
自分の足りない部分をマジナイの力で人から奪おうとしているアキに、次は美子が狙われる…

作中で重要な位置をしめるマジナイのバアさまの存在ですが、顔があまりにも気持ち悪いのに加えてニワトリの首を生でムシャムシャ食べたりするのですが、マジナイの力は本物。
ゴキブリを三百匹集めるように命じられながら期間に遅れたアキは、集めたゴキブリを生で食わされたりしてます…
少女というのにパンツ一丁になって木の上で一晩中過ごす(その間一時間おきにドブの水を飲みに降りる)とか、腐った魚を口でくわえたまま冷たい沼に入るとか、与える命令もトンデモナイ!

そこまで耐えたアキでしたが、天然なバカキャラでずっと奴隷のように働かされていたボン子のたくらみによって自らが醜い姿になり…結果的に美子は助かりました。
教訓として『人を呪わば穴二つ』を教えてくれる作品でした。


最後に、「呪いのワンピース」
YOSHIMI-noroino-one-peace.jpg

同学年の女学生を子供に持つ男女が再婚し、新たに4人での生活が始まった家族。
実は母方とその娘・たま子は捻じ曲がった性格の持ち主で、父方にばれないようにその娘・三重子に執拗な嫌がらせを繰り返す…

それが食事の中に三重子が大嫌いなゴキブリを入れて食わせたり、ボーイフレンドの飯田クンに嘘をついて二重人格者だと思わせたり、三重子の名前で数多くの男子生徒にラブレター書いたりするのです。

そして三重子にとって大事な母の形見の服地。これは三重子とペアールックの服を作るためにデパートで買った生地で、母はその帰り道に事故に合い、
『母は救急車の中でイキを引きとった ペアールック ペアールックと言いながら……』
という過去のある物なのですが、これを無理矢理に取り上げた義母が自分の娘とペアールックのワンピースを作ろうとして、三重子の母の呪い、復讐が開始されるのです。

スケールが急にムチになったり、マネキンがB級ホラー映画のモンスターみたいな顔になって襲ってきたりして、さらにはあの世から出てきた三重子の母の亡霊に注意されたというのに、意地になってワンピースを作るたま子の母。
その際、布地が『ヤメテッ!ヤメテッ!縫わないで~縫わないでえ 縫わないで~え縫わないで~え』とかしゃべってます!!

それから実際に出来上がってしまった"呪いのワンピース"によって、たま子とその母はバケモノになるのです。
そして、ずっこけるほど無理矢理でさわやかなハッピーエンドが用意されています。
今回の教訓は、『汝、うばうこと勿れ』でした。


以前に紹介した、あの"万霊教"「呪いの肌着」は、似た意味のタイトルながら別作品です。

あとは同じレモンコミックスで「呪いのウロコ少女」というのもあり、傑作でもあるのですが、今夜は時間の関係で省略です。

グロいけどちっとも怖くない好美のぼる作品、この独特な味にハマる人はやみつきになるに違いない…本当に素晴らしいです。


みなさんどうしたんです! どうしてにげるの!?
まってちょうだい おねがいだから おねがいかえらないでェ!
まってッ まって どうしたの おねがい 何かあったの?教えてッ



スポンサーサイト
  1. 2009/08/15(土) 23:10:15|
  2. ホラー漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ホラー漫画(60) 好美のぼる 4 「あっ!生命線が切れている」「運命線は血みどろの蛇」「頭脳線甦ったミイラ」 | ホーム | ホラー漫画(58) 好美のぼる 2 「呪いの学園」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mangabruce.blog107.fc2.com/tb.php/828-6165fd92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

BRUCE

Author:BRUCE
BRUCEです。あだ名は大悟(DieGo)です。
大悟…つまり悟りを開くに至る道程にある事を表し、かつ神の映画「ドラゴンへの道」から頂いてのブログタイトル。同名の秘密結社も運営しています。

名作漫画紹介の形を借りて、自分の記録用に使っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する