大悟への道 (旧名・名作漫画ブルース)

名作漫画の紹介 ・・・個人的な旅の記録

永井豪 (27) 「鋼鉄の処女(アイアンバージン) JUN」

今夜の永井豪作品は、「鋼鉄の処女(アイアンバージン) JUN」(朝日ソノラマ刊)です。
NAGAI-iron-virgin-jun.jpg
1983年にビッグコミックスピリッツ(小学館刊)で掲載された作品で、単行本は全1巻。

スーパーヒロイン物で、主人公の明日香じゅんは大財閥の一人娘で、タイトルで分かる通り処女。
明日香の家系の女には代々受け継がれる怪力の遺伝があり、もちろんじゅんも体をつなぐ鎖を引きちぎり、
『柔剣道、空手に少林寺拳法、おまけにボディビルまでやってんのはダテじゃねーぜ!!
てめえみたいな、卑劣漢から処女を守るためだ~っ!!』

と、男にタワーブリッジかけて背骨をへし折るような、強い女です。そして、美しい。

そんな凄い女ながら、今までほとんど家を出してもらえずに育った世間知らずのじゅんの元へ、"執事協会"から彼女のために派遣されてきたのが大波倉太(くらった)。
こちらも純情な童貞ですが、初対面シーンでは鎖につながれていたじゅんのオシッコをさせて、そしてアソコを拭くという…何とも羨ましい仕事です。
お風呂を手伝って初めて裸を見せてもらった時は、その戦いの女神・アテナのように美しく輝く姿に涙すらこぼしました。

最終的にはこの二人の恋愛物語としても読める、ロマンチックで変態な傑作なのです。

じゅんは金持ちと政略結婚させようと狙い続ける明日香家の人間と対立し続け、家が金持ちなだけの男との見合いは自ら壊して曰く、
『資産と男の値打ちはちがうわよ、あんな上っツラだけの中身のない男がなによ!!
あんなマザコンはいくら資産があっても でっかいことできないわ!!』

だそうで、納得する条件としてたった一つ、自分より強い男となら結婚すると宣言します。

それを逆手にとった明日香家は、倉太だけ連れて旅に出たじゅんを犯してバージンを奪った男は結婚して明日香家とつながりを持てると各地の財閥に連絡し…
ついには新聞やテレビ等のメディアも使って『この女性 数千億円!!今、話題のレイプ令嬢明日香じゅんさん!!』と宣伝して世界中の男達に狙われるのです。
国外逃亡しようとしたら、空港にいた一般客どころかパイロットも税関員も皆じゅんを狙って襲って来る!
何とか逃げ延びた二人、ホテルで倉太もようやく最後に男らしい態度を見せてついに結ばれる…
東京の中心を高田馬場だと思っていた天然ボケの執事から、数千億円の財産、そして美しい明日香じゅんをも手に入れちゃう、大波倉太の羨ましいお色気・サクセスストーリーでもあるのでした。

そして特筆すべきは、何といってもあの「デビルマン」から、飛鳥了不動明が客演する事でしょうか。
特にサタン…こと飛鳥了は、明日香家の遠い親戚だそうで、そういえば字は違うけど『アスカ』と姓の読み方が同じ!
不動明はさすがにじゅんよりも強く、初めて彼女より強い男もいる事を教えてくれますし、あくまでゲスト扱いかもしれませんが、この二人が出れば無条件で喜んでしまうのは永井豪ファンなら当たり前の事でしょう。


その知力!
その体力!
その美貌!
そしてその怪力!
じゅん!!明日香の女は神に選ばれた人間なのよ!
人間以上の人間、超人族ともいえる者なのよ!
オリンポスの神殿に住んでこそふさわしい超人の女!
それが明日香の女なのよ!



スポンサーサイト
  1. 2009/09/27(日) 23:18:45|
  2. 永井豪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<旅行・紀行・街(70) 東京都港区 3 東京タワー、岡本太郎記念館…等 | ホーム | 永井豪 (26) 「ガルラ」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mangabruce.blog107.fc2.com/tb.php/842-8224ddfb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

BRUCE

Author:BRUCE
BRUCEです。あだ名は大悟(DieGo)です。
大悟…つまり悟りを開くに至る道程にある事を表し、かつ神の映画「ドラゴンへの道」から頂いてのブログタイトル。同名の秘密結社も運営しています。

名作漫画紹介の形を借りて、自分の記録用に使っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する