大悟への道 (旧名・名作漫画ブルース)

名作漫画の紹介 ・・・個人的な旅の記録

旅行・紀行・街(71) 東京千代田区 2 靖国神社、神田神保町、皇居…等

また、東京都千代田区を旅してきました。
一年ちょっと前に「ココ」で紹介しましたが、東京の、いや日本国の中枢を担う重要なスポットが数多くある土地ですね。

まずは、先日も靖國神社(靖国神社)を訪れました。
chiyodaku-yasukuni27.jpg
chiyodaku-yasukuni28.jpg

そしたら、ちょうどフリーマーケットをやっていました。
chiyodaku-yasukuni29-.jpg
chiyodaku-yasukuni31.jpg

シレーヌのフィギュア300円他、いくつか購入。
chiyodaku-yasukuni30.jpg

さて、参拝へ。
chiyodaku-yasukuni59.jpg
chiyodaku-yasukuni41.jpg
chiyodaku-yasukuni42.jpg
chiyodaku-yasukuni43.jpg

キン肉万太郎も発見!
chiyodaku-yasukuni44.jpg

次は靖国神社の祭神ゆかりの資料を集めた宝物館である、"遊就館"です。
chiyodaku-yasukuni45.jpg
chiyodaku-yasukuni46.jpg
chiyodaku-yasukuni47.jpgchiyodaku-yasukuni48.jpg

まずは悪名高い東京裁判で、正当な判決を下してくれたラダ・ビノード・パール判事に感謝の祈りを捧げ、
chiyodaku-yasukuni49.jpg

無料の展示物と土産物を見て回りました。
chiyodaku-yasukuni50.jpg
chiyodaku-yasukuni51.jpg
chiyodaku-yasukuni52.jpg

田母神俊雄コーナーもあります!
chiyodaku-yasukuni53.jpg

今回私が購入した土産は、航空自衛隊の乾パン。
chiyodaku-yasukuni54.jpg
chiyodaku-yasukuni55.jpg

こちら外苑休憩所では…
chiyodaku-yasukuni32.jpg
chiyodaku-yasukuni33.jpg

名物の靖国うどんです。
chiyodaku-yasukuni34.jpg
chiyodaku-yasukuni35.jpg
800円と、ちょっと高いのですけどね。

こちらは、たぬきそば。
chiyodaku-yasukuni36.jpg

他におでん等も食べられるし、土産物屋の品揃えもクレイジーで良いです。
chiyodaku-yasukuni37.jpg
chiyodaku-yasukuni38.jpg
chiyodaku-yasukuni39.jpg
chiyodaku-yasukuni40.jpg
chiyodaku-yasukuni58.jpg

靖国神社はここまで。
chiyodaku-yasukuni56.jpg
chiyodaku-yasukuni57.jpg
本当は国を憂いてばかりいる現状で、恥ずかしくて国の礎となって散った英霊達に合わせる顔が無く、すぐに帰るのです。

次も超重要スポット、古本の聖地である神田神保町です。

"クラインブルー"というギャラリー&カフェ・バーにて開催された…
chiyodaku-klein-blue1.jpg
(オモチャ屋の2階)

上村一夫原画展 『ブルーな女たち』へ行ってきました!!
chiyodaku-klein-blue2.jpgchiyodaku-klein-blue3.jpg
chiyodaku-klein-blue4.jpg

まだカフェ時間で、夜は豊富になる酒メニューがまだ出ていなかったのですが、かろうじてビールは頼めました。
chiyodaku-klein-blue9.jpg
chiyodaku-klein-blue10.jpg
chiyodaku-klein-blue11.jpg

で、あの上村一夫先生の生原稿ですよ!!
chiyodaku-klein-blue12.jpg
chiyodaku-klein-blue13.jpg
(これは「同棲時代」「春海奇行」より)

これを見ながらビールが飲めるなんて!
chiyodaku-klein-blue14.jpg
chiyodaku-klein-blue15.jpg

カウンターの中にも原稿が。
chiyodaku-klein-blue17.jpg
chiyodaku-klein-blue8.jpg
chiyodaku-klein-blue16.jpg

「白い夏 上村一夫初期傑作短編集1970−1972」「紅い部屋 上村一夫晩年傑作短編集」(共に小池書院刊)の先行発売も含む物販コーナーの机、
chiyodaku-klein-blue5.jpg
chiyodaku-klein-blue19.jpg
chiyodaku-klein-blue20.jpg

そこには"株式会社 阿久悠"という名義の花束が…
chiyodaku-klein-blue18.jpg
「悪魔のようなあいつ」等で原作者として上村一夫先生と組んだ阿久悠先生、いつの間にかその名を冠した株式会社が出来ていたのですか。

今回は会場がこのような飲食の場という事で、作品数が少ないのはまぁしょうがないとしても、他のお客がずっとおしゃべりしててその近くに展示してある作品に関してはじっくり観賞出来ないのが辛かったですね。

それでも、またこんな企画をやって頂きたい…
chiyodaku-klein-blue6.jpgchiyodaku-klein-blue7.jpg

絶対観に行きますから!
chiyodaku-klein-blue21.jpg

別の日にも近くの"ブックハウス神保町"を訪れ、
chiyodaku37.jpg

ガロ等で活躍していた漫画家、そして絵本作家・イラストレーターでもある佐々木マキ先生の…絵本「おばけのばむけ」佐々木マキ原画展に行きました。
chiyodaku38.jpg

佐々木マキ先生の新刊絵本「おばけのばむけ」をよろしくお願いします!
chiyodaku38-sasaki-maki.jpg

同会場では、現在…あきびんご原画展「あいうえおん」を開催しています。
chiyodaku46.jpg

出版社も多々ありますが、ここは"日本文芸社"
chiyodaku39.jpg

晩年の梶原一騎先生が、逮捕されてからは汚名にまみれて出版社もこぞって作品を絶版とし、連載中だった作品も全て打ち切りにした中、ここ日本文芸社だけは違った…
保釈された梶原先生に漫画ゴラクで連載していた「人間凶器」の連載を再開させて終了まで載せ、さらに引退記念作品にして名作、そして絶筆となってしまった「一騎人生劇場 男の星座」を発表する場としても漫画ゴラクを提供したのです。
梶原一騎ファンとしてこんなに感謝しなきゃならない出版社もないわけで、もちろん現在の漫画ゴラクも面白い漫画も掲載しているし、読んでいます。

今回は数年前に買った雑誌「荷風!」の神田神保町・御茶ノ水特集を持ってきてイチ観光客として歩いてみましたが、この雑誌も日本文芸社刊行。
chiyodaku57.jpg

神田神保町は言わずもがな世界最大級の書店・古書店街であり、古本祭りやブックフェスティバルといったイベントも毎年開催している素晴らしい土地で、それぞれの店が専門性を持つ品揃えにはいつも感動します。
高すぎて買えない本も、ガラスケースから美術品として眺めて目の保養にもなるのです。
そんな数多くある古本屋に関しては紹介してたらキリがないので、今回は飛ばします。

でも少しだけ…ここ"@ワンダー"は、今は無くなった漫画部門がある時にそこを友人が担当していました。
chiyodaku40.jpg

神田古書センター内にある"中野書店"は超有名で、もちろん私も必ず立ち寄るお店。
chiyodaku41.jpgchiyodaku42.jpg
2階は素晴らしすぎる品揃えの『漫画部』ですが、店の奥にはカレーの名店である"欧風カレー ボンディ"があります。
chiyodaku43.jpg
chiyodaku44.jpg
値段が高いけど、美味いですよ!

神保町でカレー屋といえば他にも名店がいくつもありますね。ここは"エチオピア"
chiyodaku45.jpg

学生街ですので量が多くて安いてしかも美味い洋食屋さんも多くて、前回紹介した"清水亭"や、ここ"バンビ"(BANBI)なんかも好きな店ですが、
chiyodaku47.jpg

最近食べたのはまず"キッチンジロー"
chiyodaku-jiro1.jpg
chiyodaku-jiro2.jpg
chiyodaku-jiro3.jpg

さらにすずらん通りにある"キッチン南海"で、チキンカツ/しょうが焼きライス。
chiyodaku-nankai1.jpg
chiyodaku-nankai4.jpg

カツカレー。
chiyodaku-nankai2.jpg
chiyodaku-nankai3.jpg

有名な"包子餃子 スヰートポーヅ(スイートポーヅ)"
chiyodaku-sweet-paozu1.jpg
chiyodaku-sweet-paozu2.jpg
chiyodaku-sweet-paozu3.jpg
創業以来70年の味を守っている店で、ラズウェル細木先生の「酒のほそ道」でも登場しました。

包子餃子を名乗るこの店の餃子は、具を完全には包んでいないのですが…
chiyodaku-sweet-paozu4.jpg

時間なくて"Sガスト"で食べちゃった時もありましたが、ここはガストの廉価店で、とにかく安い…
chiyodaku-gasto1.jpg
chiyodaku-gasto2.jpg
chiyodaku-gasto3.jpg

少し離れて、"キッチンカロリー"
chiyodaku-calorie1.jpg
chiyodaku-calorie4.jpg

美味い!そしてセットのご飯は大盛り無料で、腹いっぱい!
chiyodaku-calorie2.jpg
chiyodaku-calorie3.jpg
chiyodaku-calorie5.jpg

隣りの御茶ノ水にも2店舗あり、もちろん行った事もあります。
chiyodaku-calorie6.jpg
chiyodaku-calorie7.jpg

chiyodaku-calorie8.jpg

ここも何度も行っています、天丼の"いもや"
chiyodaku-imoya4.jpg

同じ"いもや"でも天ぷら店と、
chiyodaku-imoya2.jpg
chiyodaku-imoya1.jpg

とんかつ店もあります。
chiyodaku-imoya3.jpg

私の愛読書・久住昌之先生の「食い意地クン」(二見書房刊)でも、『天丼』の項目では素晴らしい文体で"いもや"への愛を語っておられました。
KUSUMI-kuiiji-kun.jpg

他に神保町では、私が好きなチェーン店でラーメンの"せい家"だとか、
chiyodaku55.jpg

タイ料理の"ティーヌン"もあり、素晴らしい。
chiyodaku56.jpg

そして喫茶店。古本をたくさん仕入れた後に行く喫茶店がいいわけですが、まずは50年以上も続く有名喫茶店が"さぼうる"で、
chiyodaku49.jpg
chiyodaku50.jpg

タンゴのかかるレトロな喫茶店は"ミロンガ"
chiyodaku51.jpg

九段下駅近くの俎橋(まないたばし)手前、老朽化した建物に"東京珈琲 Bistro Mr.Beans""喫茶店カリーナ"があります。
chiyodaku52.jpg
chiyodaku53.jpg
chiyodaku54.jpg

"カフェテラス 古瀬戸"
chiyodaku-koseto1.jpg

こちらはカフェテラス 古瀬戸の、御茶ノ水方面の店舗。
chiyodaku-koseto2.jpgchiyodaku-koseto4.jpg
chiyodaku-koseto3.jpg

居酒屋等の夜の店もいろいろあるのですが、そちらはまた次の機会に。
chiyodaku63.jpg

中古CD・レコード屋も数ありますが、"ディスクユニオン 神保町店"はオープン日にも来たものでした。
chiyodaku61.jpg

螺旋階段を降りる"ヴィレッジ・ヴァンガード"(Village Vanguard)もあります。
chiyodaku58.jpg
chiyodaku59.jpg
chiyodaku60.jpg

少し歩くと"山の上ホテル"がありますが、
chiyodaku-hilltop hotel1
chiyodaku-hilltop hotel2
chiyodaku-hilltop hotel3
ここはかつて川端康成三島由紀夫池波正太郎等の大物作家や、そして何より梶原一騎先生もよく使っていた場所。
梶原先生は、ここに気に入らない編集者を呼び出して詰問したりもしたそうですが…壊死性劇症膵臓炎で倒れたのもこのホテル。
ちなみにその後、死亡率が100%に近いこの病気を克服して、一度は復活を遂げる事になります。

山の上ホテルホテルの先には、御茶ノ水夏目漱石も住んでいた事がある地ですね。

ここでも当然ディスクユニオンをチェックしますが、
chiyodaku-ochanomizu8.jpg
ユニオンが何店かあるために昔から御茶ノ水には通ってまして、つまり私の中では音源を仕入れに来る所。

ある日は駅前で『お茶の水アートピクニック』なるイベントをやっていました。
chiyodaku-ochanomizu1.jpg

これは造形作家・松岡友氏の作品。
chiyodaku-ochanomizu3.jpgchiyodaku-ochanomizu4.jpg
chiyodaku-ochanomizu2.jpg
chiyodaku-ochanomizu5.jpg

ぶらぶらと見て回り、
chiyodaku-ochanomizu9.jpg
chiyodaku-ochanomizu7.jpg
chiyodaku-ochanomizu6.jpg

"博多天神"の豚骨ラーメン。
chiyodaku-hakata-tenjin1.jpg
chiyodaku-hakata-tenjin2.jpg

同じく博多ラーメンのお店で"博多龍龍軒"
chiyodaku-hakata-ryuryuken1.jpg

ここもお気に入りで、最近は少し変わり種の…こがしにんにく入りとんこつブラックラーメン。
chiyodaku-hakata-ryuryuken2.jpg

とんこつ激辛ラーメン、でした。
chiyodaku-hakata-ryuryuken3.jpg

御茶ノ水にも立ち呑み屋…その名も"立ち呑み酒場 ピン"というのが最近オープンしました。
chiyodaku-ochanomizu11.jpg
細い裏路地に佇む"廊喫茶ミロ"の向かいですので、いい場所です。

ここ"ニコライ堂"は、キリストの復活を記念し、亜使徒聖ニコライが建立にあたった聖堂。
chiyodaku-ochanomizu12.jpg
chiyodaku-ochanomizu13.jpg
これって、「修羅雪姫 復活之章」(上村一夫画、小池一夫作)の冒頭…1ページ目に出てくる所ですよね!!

次は東京駅から、
chiyodaku64.jpg

皇居へ。
chiyodaku-koukyo68-5.jpg
chiyodaku-koukyo68.jpg
chiyodaku-koukyo69.jpg
chiyodaku-koukyo70.jpg
chiyodaku-koukyo71.jpg

東京のエンペラー・オブ・ザ・パワースポットでもある皇居ですので、外苑や周りをブラブラ歩いて高貴な方々のいい気を吸いとりたく思います。
chiyodaku-koukyo82.jpg
chiyodaku-koukyo72.jpg
chiyodaku-koukyo73.jpg
chiyodaku-koukyo74.jpg
chiyodaku-koukyo75.jpg
chiyodaku-koukyo76.jpg
chiyodaku-koukyo77.jpg
chiyodaku-koukyo78.jpg
chiyodaku-koukyo81.jpg

これは国の重要文化財でもある、桜田門
chiyodaku-koukyo79.jpg
chiyodaku-koukyo80.jpg

周りには…最高裁判所
chiyodaku71.jpg

国会議事堂と、
chiyodaku66.jpg
千代田区には日本国の象徴である天皇陛下がいるだけでなく、我が国の権力を握る中枢・人物がほとんど集まっているのです。

近くには窓の無い車が何台もあって、不気味。
chiyodaku70.jpg

こちらは国会みやげで、菊花紋章(菊の御紋)入りのでかい栓抜き。
chiyodaku87.jpg
chiyodaku88.jpg

近くには立法・行政・司法の三権分立を象徴したという三面塔星型の時計塔
chiyodaku67.jpg
chiyodaku68.jpgchiyodaku69.jpg

休みながらさらに散歩します。
chiyodaku73.jpg
chiyodaku74.jpg
chiyodaku75.jpg
chiyodaku76.jpg

日本武道館
chiyodaku72.jpg

"科学技術館"を通ると、ここでかつて水野晴郎閣下とお話した日の想い出が輝き出します。
chiyodaku77.jpg
chiyodaku77-5.jpg
chiyodaku78.jpg

最後に清水門の近くで、ニャンちゃん発見。
chiyodaku79.jpg
chiyodaku80.jpg

近づいたらニャーニャーと寄ってきて、頭を擦り付けてきてくれました。
chiyodaku81.jpgchiyodaku82.jpg
chiyodaku83.jpg

さらに友人には、膝の上に乗ってあげるサービスも!
chiyodaku84.jpg
chiyodaku85.jpgchiyodaku86.jpg
可愛い!いつもあそこにいるのなら、今度はエサでも持って行ってやりたいと思うのです。

千代田区は堅苦しい土地柄ですので、可愛い猫画像で締め括り…でよろしいでしょうか。
もう暗くなってきていたため写真はあまり撮らなかったのですが、でも猫ちゃんの感触はこの手に残っています。
では、おやすみなさい。


スポンサーサイト
  1. 2009/11/06(金) 23:00:34|
  2. 旅行・紀行・街
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<メタルK「危険な遊戯の巻」について | ホーム | 月刊漫画ガロ(84) 福満しげゆき 7 「やっぱり心の旅だよ」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mangabruce.blog107.fc2.com/tb.php/850-f467c44d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

BRUCE

Author:BRUCE
BRUCEです。あだ名は大悟(DieGo)です。
大悟…つまり悟りを開くに至る道程にある事を表し、かつ神の映画「ドラゴンへの道」から頂いてのブログタイトル。同名の秘密結社も運営しています。

名作漫画紹介の形を借りて、自分の記録用に使っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する