大悟への道 (旧名・名作漫画ブルース)

名作漫画の紹介 ・・・個人的な旅の記録

藤子不二雄(36) 「大長編ドラえもん VOL.13 のび太とブリキの迷宮」

今夜は藤子・F・不二雄先生の「大長編ドラえもん VOL.13 のび太とブリキの迷宮」(小学館刊)です。
FUZIKO-doraemon-vol13.jpg
掲載誌はもちろん月刊コロコロコミックで、1992年から翌年まで連載されました。タイトルの『迷宮』は、『ラビリンス』と読みます。

春休みというのにどこにも旅行に連れてってもらえないのび太は、ジャイアンスネ夫しずかに笑われて野比家に生まれた事を不幸がりますが、のび助パパが夢の中で予約した"ブリキンホテル"に行ける事になります。
そしてドラえもんとのび太で、パパに届けられた不思議なトランクから出てきた『どこでもドア』みたいな門を抜けると、そこは綺麗な海とブリキのおもちゃだらけのブリキン島。そこに建つブリキンホテルは従業員も全部ブリキも人形で、しゃべるし、もちろん自分の意思を持っています。
他の人は誰もいない中で綺麗な景色を独占できる素敵な体験をし、しかも開業記念で無料サービス!ただし、地下室だけは絶対に覗いてはいけないと言われるのです。

二人は勝手に遊んでいるうちに、ドラえもんがブリキ製の飛行船から攻撃を受けて二人は離れ離れになってしまいました。
未来に帰ってしまったのかと悲しむのび太でしすが、再びジャイアン達も連れてブリキン島へ訪ねた時にブリキンホテルの主で"チャモチャ星"人のサピオ・ブリーキンに出会い、彼の星を救うよう頼まれて"四人の戦士"として独裁者ナポギストラーに挑むのです。
サピオの故郷であるチャモチャ星は、かつて美しい惑星でした。星人は争いごとを好まず無邪気な明るい性格で…遊んで暮らすのが夢であり、高い文明からあらゆる仕事をロボットまかせにするようになると、便利なロボットを発明するのすら面倒になって発明家ロボット・ナポギストラー博士を開発。イメコン(イメージ・コントロール)の発明によって心に思った事をロボットに伝えれば何でもしてくれるので、人間は指一本動かさずに暮らせるようにまでなると、ついには自身の足での歩行すら出来ないほど貧弱な体になった。そしてナポギストラーは弱めた人間に対し反乱を起こして独裁者に。

ドラえもんはそのナポギストラーのロボット軍隊にさらわれた事も分かって助ける決意をするのですが、そこで拷問されたドラえもんは壊れてしまいました…
前作「のび太と雲の王国」でもドラえもんの故障はありましたが、今回は中盤の部分長々と壊れっぱなしで出番が少ないのです。ドラえもん無しで、どう戦うのか四人の戦士!

だからこそ珍しくのび太がドラえもんを助けるために勇ましくなり、サスペンスも生まれるし、二人の友情に感動させられます。
それから二手に別れる作戦を立てて、ジャイアンとスネ夫がチャモチャ星への潜入、のび太としずちゃんはブリキン島の地下室にある大迷宮(ラビリンス)に挑戦と…頑張る四人でしたが、結局は失敗。のび太組はその身を案じたサピオによって地球に送り返されてしまいます。
そこでドラえもんの寝床である押入れに入ると枕の下からドラえもんの四次元ポケットのスペアを発見!そのスペアポケットを『なんだと思う?』としずちゃんに聞けば『パンツ?』と答えられますが…
とにかく、ポケットに入ってドラえもんに辿り着くと『ミニドラ』を使ってドラえもんの故障を直す事に成功し、再びブリキン島の大迷宮へ挑戦です。

今度はドラえもんの『迷路探査ボール』の力であっさりサピオに追いついた上、中央ホールまで辿り着きました。
そこはサピオの父でロボットまかせの生活を続ける事の危険性に早く気付いてた科学者、ガリオン・ブリーキン侯爵の研究室になっていて、現在はロボット軍に捕らえられている彼の開発したロボットへのコンピュータ・ウイルス入りの円盤をゲット。
それを元に最終決戦を戦い、見事に勝利する…そんな話で、今回は便利な機械・道具だらけの文明に頼りきって楽をする事に対し警笛を鳴らす、分かりやすいメッセージがあります。チャモチャ星人が地球人そっくりなのもその意味でしょう。
正にこの「ドラえもん」で便利な未来道具を描き続けてきた藤子・F・不二雄先生自らが、どこまでも発達する技術文明を否定するとも受け取れる回答を出した事が感慨深い。
読者の子供達には少しシビアな教訓のような気もしますが、オモチャの島が舞台で可愛いオモチャ達がたくさん登場するのを、そして痛快な冒険を楽しめばいいと思います。

今回は残念ながらしずちゃんのヌードシーンはありませんが、海を見つけるとすぐに裸になって泳ぐジャイアンとスネ夫を羨ましがり、のび太に『女だってまけずにおよげばいいんだ!ぼくにえんりょしないで。』とセクハラされる場面がありました。
そんなのび太は最終ページで、ドラえもんの道具に頼るのを止めようと決心しながらもそれを貫くために『道具に頼らずにすむ道具を出してくれ』と迫って反省しない、ズッコケな感じで物語は終わります。ダメだこりゃ…と。


スポンサーサイト
  1. 2010/04/03(土) 23:45:28|
  2. 藤子不二雄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<藤子不二雄(37) 「大長編ドラえもん VOL.14 のび太と夢幻三剣士」 | ホーム | 旅行・紀行・街(80) 静岡県賀茂郡東伊豆町 2 熱川バナナワニ園…等>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mangabruce.blog107.fc2.com/tb.php/891-a7a4294c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

BRUCE

Author:BRUCE
BRUCEです。あだ名は大悟(DieGo)です。
大悟…つまり悟りを開くに至る道程にある事を表し、かつ神の映画「ドラゴンへの道」から頂いてのブログタイトル。同名の秘密結社も運営しています。

名作漫画紹介の形を借りて、自分の記録用に使っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する