大悟への道 (旧名・名作漫画ブルース)

名作漫画の紹介 ・・・個人的な旅の記録

藤子不二雄(50) 「シスコン王子」

今夜も藤子不二雄作品を"藤子不二雄ランド"からで…「シスコン王子」(中央公論社刊)です。
FUZIKO-prince-siscon.jpg
少年(光文社刊)で1963年から1年間連載された作品で、単行本は全1巻。今で言う藤子不二雄A先生の手によるものですね。

タイトルが「シスコン王子」。つまりはシスターコンプレックス、『妹萌え』で困った王子の巻き起こすちょっとエッチなラブコメディ…などと想像されるでしょうが、残念ながら違うのです。この時代に妹萌えはまだ早い。
現実の食品会社でシスコ製菓(現・日清シスコ株式会社)のシリアル食品にシスコーンというのがあり、そのマスコット人形としてシスコン坊やというのを作り、そいつを主人公とした人形アニメ「進めシスコン」の原作として描かれた作品だからこのタイトル。

つまり商品の宣伝も兼ねた大人の仕事作品ですが、もちろん藤子不二雄アレンジでオリジナルストーリーとして描かれていますよ。
そして、藤子不二雄アニメ史上において超重要な作品と言えます。何故なら、この「シスコン王子」こそが初めてテレビ化された藤子不二雄作品なのです!
「ドラえもん」「オバケのQ太郎」「忍者ハットリくん」や…いや、アニメ化された作品を挙げていったら凄い数になってしまう藤子作品ですが、その第1号は粘土人形を使ったクレイアニメだったのです。最もこのアニメ版は幻の作品になっていて、私も未だに観た事はありませんが。

藤子不二雄漫画「シスコン王子」の内容ですが、南海に浮かぶエース島にある"エース国"シスコン王子が主人公で、その王子の風貌はインディアン風。
勇敢な戦士でもある彼が、ガールフレンドのチョコちゃんや怪力の大男ゴンガ、知恵者であり恩師のホワイト先生や盲目の剣士スパーら個性的な味方と共にエース国を守るアクション漫画です。

敵はブラック・スター率いる"黒星党"で、それと手を組んだ凶暴な"イーグル族"三つ目銀目眠り目という"闇の三戦士"…それぞれが特性を持つ強敵で、さらには湖の竜や翼手竜他の怪物も次々と出てきてワクワクさせてくれます。
いかにも正義の味方然とした主人公や、絵柄自体も現代の読者の眼から見たら、時代を感じる物ではあるでしょうが、藤子不二雄先生の絵を見てるだけで嬉しいファンには大事な作品です。

しかしこれでシスコーン…多分代表的なシリアル食品であるコーンフレークに近い物だったのでしょうが、あれの宣伝に一役買ってしまった藤子先生。まさかコーンフレークとか食べてはいないでしょうね!というか、あれは何なんですかね。
私も外国生活した事があり、他人の家に泊まった時は本当にコーンフレークを朝食に出されたりして初めて"外人"を感じたりしましたが、クソ不味くないですか。今や日本でも普通に食べてる家庭とかあるのでしょうか…
あんなの食べる奴は味オンチに決まってると憤っていた私ですが、あれも子供の頃から食べていて慣れると良いのか、物によって美味しいのか、まぁ他国の食文化の一つとして理解するしかないかな。

おっと忘れてはいけません。今作「シスコン王子」には、さらに古い短編で1958年の「ロケット・ボーイ」と1959年の「白魔きたる」が併禄されています。うーん、特定のファンには嬉しすぎるサービスです。
さらに藤子不二雄ランドの特典ですね…巻頭のセル画に加えて、巻末の『新作まんが』。この時は「ウルトラB」が連載真っ最中でしたよ!


シスコン おまえは勇気のある少年だ!さらば!!


スポンサーサイト
  1. 2010/06/03(木) 23:44:16|
  2. 藤子不二雄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<藤子不二雄(51) 「タカモリが走る」 | ホーム | 藤子不二雄(49) 「マボロシ変太夫」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mangabruce.blog107.fc2.com/tb.php/910-525eafd9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

BRUCE

Author:BRUCE
BRUCEです。あだ名は大悟(DieGo)です。
大悟…つまり悟りを開くに至る道程にある事を表し、かつ神の映画「ドラゴンへの道」から頂いてのブログタイトル。同名の秘密結社も運営しています。

名作漫画紹介の形を借りて、自分の記録用に使っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する