大悟への道 (旧名・名作漫画ブルース)

名作漫画の紹介 ・・・個人的な旅の記録

ねこぢるyの世界2010

続いては、本日からスタートのイベントで…
ねこぢるyの世界2010です。
poster-haris-gallery7.jpg

会場は、渋谷の"ポスターハリスギャラリー"
poster-haris-gallery1.jpg
poster-haris-gallery2.jpg
poster-haris-gallery3.jpg

初日に駆けつけた私が着ているTシャツは、もちろん山野一モノ。単行本「ヒヤパカ」そのままのデザインです。
poster-haris-gallery4.jpg
十代の頃に定期購読していた月刊漫画ガロの青林堂から通信販売で買った物で、当時喜んで着てたらすぐにプリントの色は落ちてしまいましたが。

山野一先生は私がガロの中でも特にアイドル視していた漫画家で、単行本は何度も何度も読み返していたものです。
知らない人もいるかもしれないので一応説明しておくと、ねこぢるyというのも山野一先生の別名義で、つまり今回の個展の主。「ぢるぢる旅行記」「ぢるぢる日記」の登場人物でもありますね。
妻であるねこぢるの作品が売れ始めると、ほとんど自作を描かずにねこぢる作品のアシスタントばかりするようになりました。そして妻の死後はねこぢるy名義でねこぢるキャラなどを使いながらも、パソコンで作画するオリジナル作品を発表し始めた…

とにかく、入場です。このイベントはギャラリーバーという事でチャージ500円がかかるのですが、まずこのにゃーこにゃっ太のストラップをプレゼントされます。
poster-haris-gallery5.jpg

さらに1drink付きで、ビールを頂けるのです。
poster-haris-gallery6.jpg
ねこぢるy新作絵画などを観ながら呑めるなんて、良いですね。
絵画の他にもジークレーやグッズなどの展示販売がされていましたが、非売品の参考商品としては故・ねこぢるが制作した『ろうけつ染め』作品だとか、模写した物なんかも展示されていました。
ねこぢるの自殺は、もう12年前ですが…妹からの報でその事を知り、ショックでしょーちゅー呑みすぎた夜を思い出しました。いつの間にか、彼女の年齢も超えてしまいましたよ。

10月9日には、『山野一(ねこぢるy)トークショー』というのも開催されるみたいです。私は行けない日ですが…あまり人前に出てくる方では無いと思うので、これはかなり貴重な機会でしょう。
行けた方は、是非ともその時の模様を教えてくださいね。



-------------
話は飛びますが、何年も前に台湾人のサニーちゃんと新宿ゴールデン街を歩いてたら"じゅりあんそれる"なる店があって、ここがオリジナルで作ってもらったっぽいねこぢるyイラストを使ってたので記念撮影しました。
jilien-sorel.jpg
ずっと後に入店してみようかと探した時は、この店の場所がもう分からなくなったのです。つぶれたのかな…と諦めてたら、偶然にもある友人が行った事あるとか言っててビックリした覚えがあります。今は店の名前が変わっているそうです。
スポンサーサイト
  1. 2010/10/05(火) 23:19:22|
  2. 古本 番外編
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<吉祥寺アニメワンダーランド2010 | ホーム | 「量画の先を見た巨匠たち この一枚のために」 漫画絵師三人原画展>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mangabruce.blog107.fc2.com/tb.php/950-74c23be0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

BRUCE

Author:BRUCE
BRUCEです。あだ名は大悟(DieGo)です。
大悟…つまり悟りを開くに至る道程にある事を表し、かつ神の映画「ドラゴンへの道」から頂いてのブログタイトル。同名の秘密結社も運営しています。

名作漫画紹介の形を借りて、自分の記録用に使っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する