大悟への道 (旧名・名作漫画ブルース)

名作漫画の紹介 ・・・個人的な旅の記録

山根あおおに&のむらしんぼサイン会

もう2010年も終わりが迫った先日12月26日…
田河水泡「のらくろ館」のある、東京の"江東区森下文化センター"へ行ってきました。
morishita-bunka-center1.jpg
morishita-bunka-center2.jpg

特に田河水泡ファンではない私ですが、
『日本漫画家協会特別賞受賞記念 山根青鬼の世界展』
へ行ってきたのです!
yamane-sine10.jpg
山根青鬼(山根あおおに)先生といえば、同じく漫画家で双子・山根赤鬼先生の兄。
そして師匠である田河水泡先生に「のらくろ」の漫画執筆権を譲られ、現在も描き続けているうちの一人でもあります。
いや、別にのらくろファンでもありませんよ。ただ、山根あおおに先生の代表作…「名たんていカゲマン」には並々ならぬ思い入れがあるのです。

YAMANE-kageman-quiz.jpg

「名たんていカゲマン」は保育園時代か小学校低学年時代に買ってもらい、持ってた数少ない単行本の一つで、恐らく何百回も読んだ本です。
もちろん小学館の学年誌やコロコロコミックでも読んでいた、たまらなく大好きで、懐かしい作品…
そういえば「新名たんていカゲマン」という、主人公がカゲマンの弟になった作品も読んだ覚えがありますが、恐らくあれは単行本化されていないし一時の学年誌でしか読めなかったレア作品ではないでしょうか。周りに覚えている人が一人もいないのですが、私の妄想じゃないですよね。

とにかく思い入れありまくる「名たんていカゲマン」の作者である山根あおおに先生の貴重な原画・作品展や、他にも永井豪先生や藤子不二雄A先生他多数の、ゆかりのある漫画家からお祝いの色紙なども展示して入場無料の『山根青鬼の世界展』ですので、行かないわけにはいきません。

特に目玉イベントとして、開催期間中は日曜日だけ先着でサイン会が行なわれました。
yamane-sine1.jpg
そのうち、仕事の休みがカレンダー通りではない私が行ける日曜は26日だけでした。これがちょうど最終日で、ギリギリ間に合ったのです。
初日には山根先生によるマンガ講座とアニメ上映会もあったというから、行けなかったのが悔しいですが。

とにかく…ああーっ!いらっしゃいました!山根あおおに先生!!
yamane-sine3.jpg

この単行本「名たんていカゲマン」
yamane-sine2.jpg
懐かしいてんとう虫コミックスではなくて、ちょっとジャケがダサいオンデマンド版の単行本で…値段も一冊945円もしますが、これを購入するとそこにサインをして頂けるのです。

私が買ったのは最終巻である11巻。
yamane-sine4.jpgyamane-sine9.jpg

これに、山根あおおに先生がサインを入れ…
yamane-sine5.jpg

記念撮影!!
yamane-sine6.jpg
職員さんも写真を撮ってくれてたのですが、その写真を来月に配るサービスもしているそうなので、また訪れる事となります。

後でお願いして、カゲマン(影万太郎)を描き加えてもらいました!
yamane-sine7.jpg
yamane-sine8.jpg
実は『シャドーマンを描いて頂けますか』とお願いしたのですが、何故か『カゲマンならいいよ』とのお返事だったのです。
悪役好きな私としては、片眼鏡にシルクハットがカッコいい怪人十九面相だとか、親玉のミスターXならなお嬉しかったかも。

さらに嬉しいサプライズがありまして…
何とたまたま26日限定で、コロコロコミック仲間であるのむらしんぼ先生とのダブルサイン会になってました!
nomura-sine1.jpg

ラッキー!とばかりに、やはりリアルタイムで読んでいた代表作の「つるぴかハゲ丸」22巻を購入し、
NOMURA-hagemaru22.jpg

結果は全然似てなかったけど私の似顔絵入りでサインを描いて頂き、記念撮影。
nomura-sine2.jpg
nomura-sine3.jpg

会場に行くまでの道がのらくロードなる通りだったり、展示物もかなり面白かったので、またいつか紹介しようと思います。
スポンサーサイト
  1. 2010/12/28(火) 23:25:02|
  2. 古本 番外編
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<劇画(110) 「永久保存版 ブルース・リー物語 最強ドラゴン伝説」 | ホーム | 旅行・紀行・街(94) 大分県竹田市 1 豊後大野市 1>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mangabruce.blog107.fc2.com/tb.php/963-84b48f79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

BRUCE

Author:BRUCE
BRUCEです。あだ名は大悟(DieGo)です。
大悟…つまり悟りを開くに至る道程にある事を表し、かつ神の映画「ドラゴンへの道」から頂いてのブログタイトル。同名の秘密結社も運営しています。

名作漫画紹介の形を借りて、自分の記録用に使っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する