大悟への道 (旧名・名作漫画ブルース)

名作漫画の紹介 ・・・個人的な旅の記録

ホラー漫画(75) 御茶漬海苔 7 「恐怖テレビ TVO」

今夜は御茶漬海苔先生の「恐怖テレビ TVO」(ぶんか社刊)です。
OTYAZUKENORI-tvo1-2.jpg
これの掲載誌は青年向け漫画雑誌であるヤングサンデー(小学館刊)にて、「TVO」というタイトルで1989年からの連載でした。なのでちょっとエッチな描写もあって嬉しい。
ヤンサンの小学館より全3巻の単行本も出ているのですが、今回はぶんか社のホラーM(ミステリー)で掲載した作品なども加えて再編集し、「恐怖テレビ TVO」と改題した全4巻の物なのです。  
オープニングに続いて『チャンネル36』まで、それぞれ独立した36編のホラー短編を収録してます。

下手な絵を圧倒的なオリジナリティにした御茶漬海苔先生らしい不条理な恐怖を描いた血しぶきスプラッター漫画ですが、ぐちゃぐちゃに破壊される人体などの残虐描写に心理的な恐怖も加えた傑作ばかり。

チャンネル1の「砂嵐から」でいたいけな少女が腸を引きずり出されたあげく首を斬り落とされる恐怖のパネルゲームを描き、続くチャンネル2・3の続きモノ「スクール」ではイジメっ子だった男が中学校の教師になって女生徒に激しい体罰を加え、裸にむくと最後は生きたまま腹を開いて…と、真性の変態を描いてます。
まぁこんな悪いヤツには、きっと正義の味方が来て成敗してくれる!のかと父親が娘を助けに行くと、父親の方があっさり殺されちゃう。

救いのないラストの怖くて痛く、そして狂った話が次々とたたみかけるように襲ってくるので、単行本で一気に読むと思考停止してこの世界に慣れてしまいます。そのせいか一本一本の短編を評価される事は少ないかと思いますが、最初から終わりまで物凄い名作と思わせる短編も多いですよ。
ついでに、御茶漬海苔作品はいくつか映像化もされていますが、これもその一つ。

OTYAZUKENORI-tvo3-4.jpg

御茶漬海苔先生のオリジナルクリーチャーや人面瘡が登場する化け物系からゴキブリの大群、他にも時事ネタ(もう20年以上前の時点でですが)を取り入れた作品、カルト教団からイジメの話やクレジットカード地獄のリアルな話まで適度に混ぜ合わせ、追い詰められる人間の心理や行動を描いた珠玉の恐怖短編集…

おおっ、チャンネル27「メルトダウン」では現在巷の話題を独占し続けている原子力発電所の恐怖と描いた話。原発職員が、
『ちくしょう 死んでたまるかあ このまま死んでたまるかあ…!! あれを止めるまで俺は死なんぞ…
 あれは悪魔だ 人を食い殺す悪魔だ! あんなものつくりやがって ちくしょう…
 ちくしょう!殺されてたまるか!!』

と呪詛を吐きながら死ぬ。その息子が原発ジャックして、さてどうなるか。そのニュースを見ながらずっとセックスしているカップルも何だか暗示的です。
ついこの間も関よしみ先生が原発を描いた作品を紹介しましたが、考えてみればあんなに怖いモノが身近に建っているという、この恐怖溢れる現実をホラー漫画家が題材にしないわけもないですよね。

まだまだ傑作が多くて語り足りないのですが、今夜はここまで。


なぜだ
この世は地獄か
学校は地獄か
家も地獄か
地獄だ地獄



スポンサーサイト
  1. 2011/04/15(金) 23:55:44|
  2. ホラー漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ホラー漫画(76) 児嶋都 1 「おとめ地獄~ヴァージニア・インフェルノ~」 | ホーム | ホラー漫画(74) 関よしみ 11 「鮮血の法則」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mangabruce.blog107.fc2.com/tb.php/991-f6d10176
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

BRUCE

Author:BRUCE
BRUCEです。あだ名は大悟(DieGo)です。
大悟…つまり悟りを開くに至る道程にある事を表し、かつ神の映画「ドラゴンへの道」から頂いてのブログタイトル。同名の秘密結社も運営しています。

名作漫画紹介の形を借りて、自分の記録用に使っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する