大悟への道 (旧名・名作漫画ブルース)

名作漫画の紹介 ・・・個人的な旅の記録

劇画(117) 谷口ジロー 3 M.A.T. 1 「ENEMIGO 最終版」

今夜は谷口ジロー作画、M.A.T.原作の「ENEMIGO」(光文社刊)です。
TANIGUCHI-enemigo.jpg
1984年から翌年までのプレイコミック(秋田書店刊)にて連載された、派手なアクション物を描いてた時代の谷口ジロー作品。
原作のM.A.T.というのは、谷口ジロー先生ですら未だに正体が分かっていない(!)という謎の原作者集団だとか。シナリオは良く出来ていますが、王道的な話だし特に原作者の個性は感じられず、あくまで谷口ジローファンであるだけの私はM.A.T.をその後追ったりはしていませんが…他にも何か書いているのでしょうか。

この「ENEMIGO」(エネミーゴ)はかつて秋田書店から単行本化もされていた作品ですが、とっくに絶版でちょいレア作品となっていた所に2007年、光文社コミック叢書SIGNALから『最終版』として新装して復刻されたのです。
ただ読めればいいと安易に文庫本での復刻を選ばず、しっかりA5版の単行本にしてくれたのは有難かった。定価2000円と高価ながら、文庫で読むと絵の細かい部分が潰れている事が多々ありますからね。新書版と比べてみなければ気付かない事かもしれませんが。

主人公はニューヨークでハードボイルドの定番職業・私立探偵を営む瀬下賢一。かつてベトナム戦争で"カインの息子たち"の愛称で呼ばれ恐れられた特殊部隊に属して戦っていた経験を持つタフガイで、女にも強いクールな男…
彼は実家がセシモ・グループという大企業でありながら跡継ぎを弟の優二に任せて特殊な道に入っていたのですが、その優二が革命政府が政権を持つナセンシオという国で旧独裁政権側のゲリラ組織に誘拐された!
美人で強い優二の秘書・グロリアに呼ばれた賢一は、彼女とベトナム時代の戦友で今はジャーナリストのピーター・ジャイコブスン、そして頼もしい犬のリトルジョンを連れて優二を救出すべくナセンシオへ…という話。

連載当時はまだまだアメリカ映画で「ランボー」などのベトナム帰還兵モノが多かった時代ですが、賢一は日本人なのにベトナム帰還兵ですからね!しかも超人的な強さを持ち、危険を物ともせず暴れまくり敵を殺しまくる、その姿にしびれます。
セシモ・グループで現場責任者を務める数馬叔父の陰謀、仲間の裏切りと死…ついに武装ゲリラを相手に優二を助け出した賢一。
このミッションは終了しますが、ニューヨークに帰った賢一の前に、ナセンシオ政府軍から逃げ切ったゲリラの親玉・マルケスを見かけて、けりをつけるべく動くのです。
絶体絶命のピンチにも冷静さを失わずに、最後は目的を果たす。ハードボイルドな男を目指すなら、この主人公を見習わなくてはなりません。

この『最終版』では最後に「ENEMIGO GALLERY」としてカラーページを含むイラスト集も収録されていて、作中に引き続き谷口ジロー先生の泥臭くも美しいリアルな絵を楽しめます。
さらに同じくフランスのメビウスエンキ・ビラルらに影響を受けた絵を描く寺田克也先生が谷口ジローファンとしての思いを綴った文章も寄せてます。


ジャングルで学んだのはサバイバルゲームや殺人だけじゃない
死んでいった人間とのつきあいかたも そのひとつさ
グロリア…………



スポンサーサイト
  1. 2011/04/27(水) 23:52:09|
  2. 劇画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<劇画(118) 谷口ジロー 4 「地球氷解事紀」 | ホーム | 旅行・紀行・街(100) 愛知県名古屋市 1 名古屋城、名古屋嬢…等>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mangabruce.blog107.fc2.com/tb.php/996-ed0279e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

BRUCE

Author:BRUCE
BRUCEです。あだ名は大悟(DieGo)です。
大悟…つまり悟りを開くに至る道程にある事を表し、かつ神の映画「ドラゴンへの道」から頂いてのブログタイトル。同名の秘密結社も運営しています。

名作漫画紹介の形を借りて、自分の記録用に使っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する