大悟への道 (旧名・名作漫画ブルース)

名作漫画の紹介 ・・・個人的な旅の記録

ボブ・ウォールの直筆サイン入り写真

ブルース・リー(李小龍、Bruce Lee)の物を集めているとですね…
まぁ世界中で様々なグッズが現在進行形で登場し続けているので終わりもコンプリートも無いコレクションとなるわけです。さらに本人にまつわる物のみならずブルース・リー人脈ツリーにも広がり、関連した人物のグッズも集めなくてはならなくなってますます無限の世界へ、となりがちですよね。私が最近入手したのは・・・

ボブ・ウォール(Robert Alan "Bob" Wall)の直筆サイン入り写真!
Bob-Wall1.jpg
この写真見せれば世界中の人が問答無用で誰か分かるでしょう。サインが本人の物である証明書付きです。

1939年生まれだから現在75歳か。このサインをした時点で相当に老いていたのでしょう、かつての全米カラテ王者とは思えないほど字がヨレヨレです。
Bob-Wall2.jpg

見逃されがちではありますが、実はこのボブ・ウォール
その前にブルース・リーファンの間で伝説となっている1964年の『ロングビーチ世界空手道選手権大会』について簡単に話しましょうか。リーがターキー木村と共に参加してワンインチ・パンチ等を披露した大会であり、ここで主催者のエド・パーカーが撮影したフィルムをハリウッドのプロデューサーに見せた事から俳優としてのブルース・リー伝説が始まるわけですが、ボブ・ウォールもこの場でブルース・リーと出会って弟子入りしていたアメリカ人なのです。ちなみに、あのダン・イノサントも同じくこの会場でリーと出会ったのだと言われています。
ボブ・ウォールはその後、リーに呼ばれて1972年に「ドラゴンへの道」のゴート役で俳優デビューし、「燃えよドラゴン」ではオハラ役にて出演(オハラが踏み殺されるシーンにおけるリーの表情を知らない人はいないでしょう)、さらにリーの死後も関連作品「死亡遊戯」に出演してサモ・ハン・キンポーらと闘ってました…
が、それ以降は多分俳優を引退していて、ブルース・リーのドキュメンタリー物などでしか姿を見れません。伝説の映画「燃えよドラゴン」に出演した事でスターになった、ジョン・サクソンやジム・ケリーと、そこが大きく違いますね。

未だにブルース・リーで飯を食ってる人とは言えますが、逆に言えば彼の一生はブルース・リーの影に付きまとわれているのかもしれない…
「ドラゴンへの道」「燃えよドラゴン」なんて、肉弾系アクション映画の奇蹟と言える名作なので100回以上観たなんて人も多いと思います。当然その回数だけボブ・ウォールも見ているわけですが、しかしボブ・ウォールの演技についてとか強さについて考えたり論じたりした事のある人がいますか?大事なやられ役ではありますが、全てはブルース・リーが輝きすぎているのに喰われているのです。
それでも確実に、今後もボブ・ウォールは生涯に渡って世界中の、全ての人種から愛されているブルース・リーのファン達から崇められるでしょう。しかしそれはボブ・ウォール自身が尊敬されているのではなく、ブルース・リーと共演したという事実からだけなんですよね。そういう彼の直筆サインをゲットしたのと同時に彼の業を背負った私は、人生とは何ナノか、今一度考えて…いや感じてみようと思います。


テーマ:俳優・男優 - ジャンル:映画

  1. 2015/02/04(水) 23:59:54|
  2. 映画、音楽、将棋、等
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第三回シモキタ将棋名人戦

このイベントも、もう三年目ですか…先日の5月6日、下北沢で縁台将棋大会「第三回シモキタ将棋名人戦」が開催されました。
shimokitazawa-syogi82.jpg

第一回を「ココ」で、
第二回を「ココ」で、
と既に紹介していますが、第三回目である今回は森内俊之名人不在。しかし多数のプロ棋士・女流棋士達が集まって盛り上げていました。
ちょうどうちの秘密結社内で立ち上げたばかりの将棋サークル『大悟の将棋』も徐々に軌道に乗ってきていて、そのうち何人かを連れて行く事が出来ました。将棋を愛する者達にとって、こんな勉強になる機会は滅多にないですからね。

今回も3会場が使われていますが、まずは下北沢北口駅前のマーケット横"空き地"へ。
shimokitazawa-syogi70.jpg

プロによる指導対局の様子が目に入ってきましたが…おおっ、いきなり女流棋士界の美しき獣、伊藤明日香女流初段が指している!
shimokitazawa-syogi71.jpg
shimokitazawa-syogi72.jpg
shimokitazawa-syogi73.jpg

将棋の前では獣となる伊藤明日香女流初段も、盤と駒から離れれば普通の可愛らしい女性。コアラのマーチを握り締めていますが、別の人とまゆげのあるコアラを見つけるとどうとか…将棋ではなくお菓子の話をしていました。
shimokitazawa-syogi74.jpg

北尾まどか女流二段も、化粧をバッチリ決めて登場!
shimokitazawa-syogi75.jpg
shimokitazawa-syogi76.jpg

さて私は…年下の美人棋士では色気に惑わされて自分の将棋を指せなくなるかもしれないと考え(つのだじろう先生の名作将棋漫画「5五の龍」で主人公の駒形竜がミス・タイガーこと虎斑桂に対峙した時のエピソードのように!)、私が生まれる前(1976年)に1級で女流プロ入りしている大ベテランの谷川治恵女流5段を選び、教えて頂きました。
shimokitazawa-syogi80.jpg

ちなみに今回は有料で、1局500円。プロ側は3面指しで相手をしてくれます。
shimokitazawa-syogi77.jpg
shimokitazawa-syogi78.jpg
shimokitazawa-syogi79.jpg
shimokitazawa-syogi109.jpg

対局後、記念撮影!将棋界で『谷川』姓なので、谷川浩司さまと何か関係あるかと思う方もいると思いますが、読み方も違うし関係ありません。
shimokitazawa-syogi81.jpg

この大会のメインとなるシモキタ将棋名人戦もここでが行われていましたが、
shimokitazawa-syogi83.jpg

我々は次のあずま通り 本多劇場前へ移動。
shimokitazawa-syogi84.jpg
shimokitazawa-syogi85.jpg

赤絨毯の上で将棋かるた大会が開催されていて高橋和女流三段が来ていたり、別会場ではどうぶつ将棋大会が行われたりしていたのですが、時間的に私は見れませんでした…
指導対局はまだまだやっていて、伊藤明日香女流初段もこちらに移動しています。やはり盤の横にはコアラのマーチ!伊藤明日香女流初段とコアラのマーチ、それは柴田ヨクサル先生の「ハチワンダイバー」における鈴木八段とシュークリームの関係にも似ている。
shimokitazawa-syogi86.jpg
shimokitazawa-syogi87.jpg
shimokitazawa-syogi88.jpg

男性の、つまり普通に日本将棋連盟に属する"プロ棋士"(これは女性ではまだ1人も誕生していませんね)も何人も来ていました。まずは門倉啓太四段が…
shimokitazawa-syogi89.jpg

クワッと開眼!
shimokitazawa-syogi90.jpg

石田直裕四段、他にもまだまだいましたよ。
shimokitazawa-syogi91.jpg
私にとって『将棋が強い人』というのは尊敬の対象ですが、天才だらけの中で争い、あまりにも厳しく年間に4人しか誕生しないプロ制度の中を勝ち抜いてきた彼らには、最大限の敬意を表したいと思います。

そして今回から、囲碁とバックギャモンの指導対局まで行われていました!
shimokitazawa-syogi92.jpg

囲碁の大橋拓文六段、
shimokitazawa-syogi94.jpg

うちの将棋サークルに囲碁の打ち手(将棋は『指す』ですが囲碁は『打つ』と言う)がいるのでやってる所を観戦…早い!将棋と違って一手一手が早くバンバン進んでいく!私はルールすら全く知らないのですが、覚えてみたくなりました。
shimokitazawa-syogi95.jpg
shimokitazawa-syogi96.jpg

バックギャモンの椎名龍一氏。バックギャモンなんて原田知世ちゃんの曲「バックギャモンは負けない」で20年以上も前に聞いていましたが、実物を見たのはやっと去年くらい。面白そうでしたが、全然日本で普及してませんね。
shimokitazawa-syogi93.jpg

それから今回からスタートの、第一回シモキタ女流名人戦。
shimokitazawa-syogi97.jpg

これはその決勝戦で…右の方が勝ってシモキタ女流名人に決定。隣に置いてある森内俊之名人(…と、もう一つのプロ将棋界の頂点である『竜王』のタイトル称号も得て、独走状態の方ですね)の色紙をゲットしていました。
shimokitazawa-syogi98.jpg

お、観戦者の中に「燃えよドラゴン」のパーカーを着たおじさんが!見ての通りダサいパーカーですが、どんなにダサくても着れちゃうのがブルース・リーへの愛の印。
shimokitazawa-syogi99.jpg

第一回シモキタ女流名人戦の表彰式では、東大卒棋士で有名な片上大輔六段が登場。↑の北尾まどか女流二段とは夫婦の関係でもあります。
shimokitazawa-syogi100.jpg

シモキタ女流名人戦Bクラスの準優勝者、優勝者、
shimokitazawa-syogi101.jpg
shimokitazawa-syogi102.jpg

Aクラスの準優勝者、
shimokitazawa-syogi103.jpg

優勝者。
shimokitazawa-syogi104.jpg
shimokitazawa-syogi105.jpg

あとはフリー対局用の盤も置いてあったので、自分も対局。誰も挑戦してこないので、『大悟の将棋』内でしか指してません。
shimokitazawa-syogi106.jpg
shimokitazawa-syogi107.jpg
shimokitazawa-syogi108.jpg

名人戦終了後はこの席を撤去するというので、また近くの"カフェ カナン"(cafe Canaan)へ。
shimokitazawa-canaan6.jpg

珈琲飲みながら、また指したわけですが…テラス席も店内も全席で将棋を指している、つまり将棋に占拠されたような異様な光景に通行人達も驚いていました。
shimokitazawa-canaan7.jpg
shimokitazawa-canaan8.jpg

さらに夜。安い居酒屋に移動しましたが、そこでも研究を続けましたよ。将棋はとてつもなく楽しく、今はルールも知らない人でも指すだけならすぐに指せます。どうか貴方もやってみませんか!?
shimokitazawa-imanari2.jpg

私が着る能條純一先生の「月下の棋士」パーカーに、そして背中にしょってる氷室将介に恥じぬよう、もっと将棋を!
shimokitazawa-syogi110.jpg
  1. 2014/05/09(金) 23:00:02|
  2. 映画、音楽、将棋、等
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

UAのサイン色紙公開

以前、奄美群島の一つである離島・加計呂麻島(かけろまじま)の海宿5マイルが企画したイベント、加計呂麻島 5マイルまつり「ココ」で紹介しました。
kakeroma-5mile-festival1.jpg
無事に10月に行われて、盛大な盛り上がり方で楽しすぎる祭りになったそうで…行けた方はラッキーでしたね。

私はどうしてもスケジュールの調整がつかなかったのですが、今回のイベント企画者でもある海宿5マイルの女将にUAさまのサインを貰っておくようにお願いしていました。
そして色紙に書いてくれたサインが、コレ!!
kakeroma-5mile-festival4.jpg
これ以上ないようなシンプルなサイン、そして私の名前も入れてくれていますが、敬称無し。歌声を聴くまでもなく、あのお顔だけでも只者で無い事が分かるUAさま…やはり、カッコいいですね。ありがとうございました!

こちら、「UA by MOTOKO」(リトルモア刊)は、UAさまの母方の故郷であり今回イベントやった5マイルのある加計呂麻島を舞台に綴られている写真集です。
UA-by-MOTOKO.jpg


  1. 2013/12/16(月) 23:00:07|
  2. 映画、音楽、将棋、等
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジャッキー・チェン「ライジング・ドラゴン」打ち上げパーティー!!

先日…9月1日は東京都港区、"お台場シネマメディアージュ"へ行ってきました。
cinema-mediage1.jpg
cinema-mediage2.jpg

館内は「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」なるアニメが劇場映画化したとかで、とにかく盛り上がってました…
cinema-mediage3.jpg
cinema-mediage4.jpg
cinema-mediage5.jpg
あまり興味が無い私も、この手のアニメがここまで当たり前のように市民権を得るようになった事に驚きます。時代は変わったもんだ。

まぁそんな事はどうでもよく、目当ては『ジャッキー・チェン最後のアクション超大作!』を銘打った作品「ライジング・ドラゴン」ですよ。
chinese-zodiac1.jpgchinese-zodiac3.jpg

原題は「十二生肖」
chinese-zodiac2.jpg

宣伝には、やたらとこの画像ばかり使われていましたね。
chinese-zodiac4.jpg

日本では春先に既に公開されていて、ロングランとなったのでまだ地方では上映している映画館もあるそうですが…既にDVD・Blu-ray化もしている作品。それでもまだジャッキー・チェン(成龍、Jackie Chan)映画がスクリーンで観れるなら行きたいし、ましてあのジャッキーがアクション大作に出るのは最後だって言うのだから、これは映画史上における意味も大きい、特別な作品。
以前から引退するような発言をしていたので心配はしていましたが、とりあえず『アクション大作』はこれで最後というだけで、俳優としてそれ以外のジャンルの作品に出る気はあるようです。映画を観ればやっぱりいつものジャッキーなので、あまりにも惜しいのですが…来年は還暦なのでしょうがないのでしょうか。でもジャッキーは常人じゃないのだから死ぬまでアクション映画に出ると思ってたし、第一アクション抜きで普通の俳優(何か性格俳優宣言とかしてたみたいですが)になったジャッキー映画にお客が入るのでしょうか。とりあえず私は、次も劇場に行ってみようかな。
そう言うと新作が公開されるといつも行っているように思わせてるみたいですが、正直に告白するとジャッキー映画を劇場で観るのは「ベスト・キッド」以来なので3年も空いていた事に驚きました。
Jackie-Chan1.jpg

そんなわけで「ライジング・ドラゴン」。とっくに公開どころかソフト化もされているので観ている方も多いと思うし、解説はいりませんよね。
私が公開時にビックリしたのは、まずこれってジャッキーがアジアの鷹を演じたトレジャーハンター物である事。つまり、20年以上の時を経て「サンダーアーム/龍兄虎弟」「プロジェクト・イーグル」に続くシリーズ第3弾を作った、そしてそれを記念すべき最後のアクション映画にしたって事ですよ!!
とはいえ物語は繋がっていませんが…前の2作はリアルタイムで観ていて、もちろんDVDも持ってて何度も観ている大好きな作品ですよ!小難しい歴史モノとかではなく娯楽作品で、それにアメリカ進出も大成功を収めているジャッキーですが、香港映画で〆てくれました。

ジャッキーも全盛期から比べれば動きは衰えたし(…と20年近く前から言ってるか)、作品を量産する方なので完成度も高くはない(それもまぁいつもの通り)。ただし映画にどんな欠点があろうともジャッキー・チェンというスターが出てくるだけで、動くだけでシナリオの不備など全ての短所が消し飛んでオー!と歓声を上げて興奮してしまうのです。
あ、そうだ。ここで改めて書いておきたいと思いますが、私が普段ブルース・リー(李小龍、Bruce Lee)の話しかしないもんだから、ジャッキー・チェンには興味無いんじゃないか、下手したら嫌いなんじゃないかと何度も何度も気を使われた事がありますが、ホント冗談止めてくださいよ!!ジャッキーが日本での人気絶頂期となった1980年代半ばから私の少年時代が始まり、ジャッキーの新作と共に成長してきた世代ですからね。

もちろん1970年代の作品は間に合わなかったし、私より10歳以上とか上の方だと日本で初めて公開されたのジャッキー主演作品「ドランクモンキー 酔拳」を劇場で観ている、なんて羨ましい方もいると思いますが、私はぜんきよし先生の「あほ拳ジャッキー」コロコロコミックで読んでいた世代です!(当時劇場で洋画観に行く歳なら、コロコロは読んでないでしょう)
それ以降はリアルタイムで新作を観てこれたし、レコードや写真集なども集め、ジャッキーがアメリカで成功したとか新作がこうだとかのニュースが来る度に一喜一憂して、それを糧に生きてきたのです。
私の自分史では、保育園時代に最重要なブルース・リー映画に出会っているものの、ビデオ等無い時代故…小学生時代はリーが抜けているので、長さだけで言ったらジャッキーの方がファン暦は長い。
ジャッキーはリーみたいに哲学とか語ったりしないし、子供を含む万人向けの内容が多いので軽く見られる事も多いし明るく長生きしているのでカリスマ度は低いかもしれませんが、特別な存在なのです。売れてるハリウッド俳優…しかも経歴も長くて名作に出ているような有名人はたくさんいます。ロバート・デ・ニーロ、ジョニー・デップ、ブラッド・ピット、ブルース・ウィルス、キアヌ・リーブス、オーランド・ブルーム、トム・クルーズ、レオナルド・ディカプリオ、ゲイリー・オールドマン、モーガン・フリーマン、シルベスタ・スタローン…うん、それぞれ私も好きな映画に出ているし偉大だとも思いますが、このレベルとジャッキー・チェンは決定的に違うんですよ!言いたい事はたくさんありますが、だからどっちが凄いって話は不毛だし個人個人の思い入れの問題なのでいいでしょう。
一つだけ言うならば、私にとって現在生きている映画人の中で世界一偉大なのは、ジャッキーである事!

あまり興味ない人でもジャッキーの存在を知らないって方は日本に一人も居ないと思いますが、彼が映画監督としても偉大である事は知らない方もいるかもしれません。
実は「クレージーモンキー 笑拳」、つまり1979年の昔から自らメガホンを取る事もやっており、超名作「プロジェクトA」「ポリス・ストーリー/香港国際警察」だってそうだし、最後のアクション大作とした今回の「ライジング・ドラゴン」も、ジャッキー・チェン監督作品なんですよ!!
ついでに歌手としても素晴らしいし、日本語の歌もいくつも歌ってレコード出してます。つまり神!って事ですね。嗚呼、何か酔った勢いもあってグダグダ書いてしまいましたが…そもそも今回、期間を過ぎたのに再上映したのはドリパスの企画であり、作品の上映後には打ち上げトークショーもありました。
cinema-mediage6.jpg

今回のゲストで紅一点、それもジャッキーおたく達に交じって知らないしどうでもいいであろうコアな話をされていたこの女性は…「ライジング・ドラゴン」の日本語吹替版でケイティ役をやった声優の堀川千華さん。声はもちろん、顔も可愛いかったです。
cinema-mediage10.jpg
当然ジャッキー・チェン役の石丸博也さまと共演したわけでが、会っているのですかね。我々日本人にとっては、ジャッキーの声といえば本人の肉声よりも石丸さまの声の方が馴染み深いじゃないですか。つまり私の幼少期から彼の声を繰り返し聞いてきましたよ!

とにかくジャッキー・チェン道の大先輩たる方々が集まる中、私が注目したのは…
cinema-mediage7.jpgcinema-mediage8.jpg

この真ん中、中川翔子(しょこたん)のブランド・マミタス(mmts)の白Tシャツを着ている男!
cinema-mediage9.jpg

彼こそはKIRIN のどごし〈生〉のどごし 夢のドリームキャンペーンで『カンフースターになりたい』という夢を叶えた会社員の石田和大さん!
それが勝手にそこらのカンフー映画に出たとかならともかく、そのジャンルでは誰もが文句無しに世界一と認めるジャッキー・チェン、さらにしょこたんと共演してカンフー活劇「弩裏威夢拳」を製作したのですよね…
ちなみにこのキャンペーンで以前実現した夢ネタは『プロレスラーになりたい』『バンドを再結成したい』『カツラをかぶって髪の毛のある自分の姿を写真集にしたい』『お相撲さんと一緒にご飯を食べたい』と、まぁクソどうでもいい夢だったわけですが、今回はさすがに私はおったまげました。TVあまり見ないけど、東京ではJR駅のそこら中でポスター貼ってたし。ジャッキー・チェンと共演して撮影って、それは日本人では加山雄三や後藤久美子やら選ばれた数人は果たしているものの、凄すぎる事ですよ。いいなー!
それについては、「ココ」で学びましょう!!

イベントが終わった後、石田和大さんとの記念撮影を実現しました。今や全国的な超有名人である石田さんですが、笑顔に現れているように性格も素晴らしく、さわやかな良い人なんですよ!
cinema-mediage11.jpg
この写真を撮る前に、『ジャッキーと握手した方の手はどちらですか』とか聞いて右手だというのでジャッキーと間接握手したんですけどね…何かジャッキーの影を求めるあまり石田さん自身はどうでもいいような風に取られたんじゃないかと、別れた後で激しく後悔してしまいました。のどごし 夢のドリームはどんな基準で選んだのか知りませんが、この方なら選ばれて当然だなと思えるほど、石田さんも本当に凄い人なんですよ!
そうだ、のどごし 夢のドリームに当選して夢をかなえてもらえる番がきたら(まだ応募した事もないけど)、石田さんと酒でも飲みながら、改めてジャッキー・チェンの話をしたい、て願いにしようと思います。

最後にジャッキー・チェン最後のアクション超大作「ライジング・ドラゴン」に関しても、ちゃんとジャッキー映画の集大成として評価し、死ぬまで観続けていきたいと思います。


  1. 2013/09/02(月) 23:49:37|
  2. 映画、音楽、将棋、等
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

5マイルまつり!

今日はイベント告知ですが…
2013年10月19日、満月の土曜日に行われる加計呂麻島 5マイルまつり
kakeroma-5mile-festival1.jpg

会場は奄美大島の南の離島、加計呂麻島(かけろまじま)
私のブログでも何度か登場している海宿5マイルですが、最近は『5マイルスタジオ』を新設して、ライヴ、ダンス合宿、ヨガ教室、瞑想会…等に使っていくそうです。
今回のイベントはそこではなく、海の隣に5マイル野外特設ステージを作ってライブを、そしてワークショップ、食事、マーケット、マッサージ、占い等を行う、海宿5マイル史上最大の一大祭りになるようです。

メインはライブステージとなりますが、出演者は以下の通り。

UA
hou
ヨシダダイキチ(シタール)
内橋和久(ギター)
ハンピー
山北ノリヒコ(ジャンベ)
皆吉恵理子(島唄)

…となっていて、まず目を引くのがこんな私でも知っている、UAさま。彼女がこのイベントのために加計呂麻島へ上陸するのです!もうJ-popを聴かなくなっていた時期の私も、UAさまは別格としてソロ曲が売れた時はもちろん、BLANKEY JET CITYの浅井健一と組んだAJICOなんかもリアルタイムで聴いてました。
FUJI ROCK FESTIVALなどのでかいフェスに出演したり、女優としても有名映画に出てるし…とにかく実力・知名度共に日本を代表する女性歌手といえるUAさま。関西人のイメージが強い彼女ですが、実は母親がこの加計呂麻島出身であり、つまり自身のルーツなのだそうです。
他の人々の音も、前回加計呂麻島に行った時に聴かせてもらっていたり、今回ネットで調べてみたりしたのですが、どの方も凄くて本当、強力なラインナップ!

チケットは前売りが限定150枚で4000円、当日券5000円、小中学生1500円という事ですが、詳細は海宿5マイルまで問い合わせてみてください。こちらが5マイルのブログ、虹の島の5マイル
kakeroma-5mile-festival2.jpg

このイベントは素晴らしい試みだし、何もしなくても加計呂麻島は天国みたいな土地だから黄金の旅になるでしょうし、5マイルに行けば多分、私にとって世界一可愛い姉妹に会えるし…
kakeroma-5mile-festival3.jpg

それでは当日は、加計呂麻島で会いましょう。と、言いたい所ですが、私はこの時期どうしても行ける目処が立ちません!
うーん悔しい…とにかく行ける方は、この機会を逃さぬよう、楽しんできてください。


  1. 2013/08/31(土) 23:59:14|
  2. 映画、音楽、将棋、等
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

BRUCE

Author:BRUCE
BRUCEです。あだ名は大悟(DieGo)です。
大悟…つまり悟りを開くに至る道程にある事を表し、かつ神の映画「ドラゴンへの道」から頂いてのブログタイトル。同名の秘密結社も運営しています。

名作漫画紹介の形を借りて、自分の記録用に使っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する