大悟への道 (旧名・名作漫画ブルース)

名作漫画の紹介 ・・・個人的な旅の記録

旅行・紀行・街(225) 中華民国(台湾)台北市 2‏ 新北市 2

南の島続きで、今回はさらに南下して日本を出るとすぐにある隣国の台湾、つまり中華民国です。
夏季は南国イメージそのままで盛り上がるシーズンかもしれませんが、かつて真夏の台湾に行った時はあまりにも暑すぎて自分にはきつ過ぎた経験があり、それ以来南国は東京が寒い時に暖を求めて行くのが良いと思っています。今回は昨年の冬頃に行った旅行。何回も行っている国でもありますが、今さらながら初めてパッケージツアーを利用してみました。旅行代金が安くすむ事でも知られる台湾に10数万円もかけて...その理由は、旅行メンバーに初めて台湾に行く高齢者も含まれていたためそちらに合わせたからです。

まずは成田空港まで行き、
narita132.jpg
narita133.jpg

離陸。
narita134.jpg

飛行機旅行では、まずはこのような高い所から下界を見下ろす景色を楽しみましょう。
taoyuan-airport24.jpg
taoyuan-airport25.jpg
taoyuan-airport26.jpg
taoyuan-airport27.jpg

機内食。
taoyuan-airport43.jpg
taoyuan-airport44.jpg

台北郊外の桃園市に位置する、台湾桃園国際空港へ到着。
taoyuan-airport28.jpg
taoyuan-airport29.jpg
taoyuan-airport30.jpg
taoyuan-airport31.jpg
taoyuan-airport32.jpg
taoyuan-airport33.jpg

久しぶりに来ましたが、空港内はそんなに変わってませんね。
taoyuan-airport34.jpg
taoyuan-airport35.jpg
taoyuan-airport36.jpg

空港内も少し見て歩きましたが、
taoyuan-airport37.jpg
taoyuan-airport40.jpg
taoyuan-airport41.jpg
taoyuan-airport42.jpg

おお、ガンダム!
taoyuan-airport38.jpg
taoyuan-airport39.jpg

こちらの方には、
taoyuan-airport45.jpg

台湾の原住民の生活を紹介するコーナーでしょうか。
taoyuan-airport47.jpg
taoyuan-airport46.jpg
taoyuan-airport48.jpg
taoyuan-airport49.jpg
taoyuan-airport50.jpg
taoyuan-airport51.jpg

この小籠包、
taoyuan-airport52.jpg

小籠包クッションでした。
taoyuan-airport53.jpg
taoyuan-airport54.jpg

さて、街へ繰り出しましょう。先ほど書いたようにパッケージツアーでフリーの日も無いプランだったので、基本的に全くの台湾初心者コースばかり行きます。
ツアーなので迎えも来てくれるし、全て任せきりで大丈夫な安心感はありますが、私はちょっとテンション上がらないかな。車窓から景色を楽しんで...
taipei352.jpg
taipei353.jpg
taipei354.jpg
taipei355.jpg
taipei356.jpg
taipei357.jpg
taipei358.jpg

台北市に入ると、まずは中正紀念堂へ。ここにはでかい門が3つありますが、こちらは北側の大忠門。
taipei359.jpg

歩を進め、中を見ていきましょう。
taipei373.jpg
taipei374.jpg
taipei360.jpg
taipei361.jpg
taipei362.jpg
taipei363.jpg
taipei364.jpg
taipei365.jpg
taipei366.jpg

そもそもここ、中正紀念堂は蒋介石の顕彰施設。となると日本人としては観光するのに複雑な心境じゃないですか…ここに入ると蒋介石座像があります。
taipei367.jpg

やはり日本人がこの男を拝むわけにはいかない、でも連れて行かれるので...ええ、拝んではいませんが写真撮影だけ、しました。
ちなみに蒋介石が向いてるのは、ついに奪還できなかった中国大陸の方角だそうです。
taipei368.jpg
taipei369.jpg

そこから広場へ。ここはホント、色々な物が巨大な施設です。
taipei371.jpg
taipei370.jpg
taipei372.jpg

台湾では観光名所だけでなく、普通の商店とか庶民の生活を見るのが楽しい。
taipei375.jpg
taipei376.jpg
taipei377.jpg

でも…有名観光地ですが、ここは行く度に必ず訪れています。地元のじいさん達の憩いの場でもある龍山寺。
観光客らしく写真は正殿等を撮ってきましたが、この目では日がな一日、ここでただボーっとしてるイイ顔オヤジ達を見てきています。似てるけどやっぱり日本人と少し違う、そんな爺さん達を。
taipei378.jpg
taipei379.jpg
taipei380.jpg
taipei382.jpg
taipei383.jpg

鐘楼。
taipei381.jpg

ここを出て歩いていたら、
taipei384.jpg

わ、聖闘士星矢バスが通った!こんなカッコいいの、本国の日本でも見た事ない!
taipei385.jpg
taipei386.jpg

ここで食事は、台湾料理の老舗"欣葉"へ。深作欣二監督の欣の字と葉で、シンイエと読むみたいでした。
taipei387.jpg
taipei388.jpg
taipei389.jpg
taipei390.jpg
taipei392.jpg

出てくるメニューの表が置かれますが、漢字とはいえこれを見たってほとんど何かわかりませんね。
taipei391.jpg

次々と出てきました…やっぱり食べ物が美味しい台北なので、ここもグッド!空心菜炒め、
taipei395.jpg

欣葉滷肉(シンイエ名物豚バラ肉の柔らか煮)、
taipei393.jpg

五味九孔(活きトコブシの冷製 五味ソース)、
taipei394.jpg

肉絲炒米粉生(ビーフンの豚肉蒸し炒め煮)、
taipei396.jpg
taipei397.jpg

正宗菜脯蛋(切干大根の卵焼き)、
taipei399.jpg

手打花枝丸(手作りイカのシコシコ揚げ団子)、
taipei400.jpg

薑絲蛤仔湯(ハマグリスープ)、
taipei402.jpg
taipei401.jpg

その他。
taipei398.jpg
taipei403.jpg

最後に手打杏仁豆腐(シンイエ名物手作りモチモチ杏仁とうふ)です。
taipei404.jpg

食後の散歩は、台北101へ。
taipei405.jpg
taipei406.jpg

ここは名前の通り地上101階ある超高層ビル。
taipei422.jpg
taipei423.jpg
taipei424.jpg
taipei407.jpg
taipei408.jpg
taipei409.jpg
taipei410.jpg
taipei411.jpg
taipei412.jpg
taipei413.jpg

この楳図ボーダーのヤツは、ダンパーベイビーという台北101のマスコットキャラクター。誰ですか、TENGAに似ているとか言うのは。
taipei414.jpg

東芝製の超高速エレベータで昇って行くと、
taipei417.jpg
taipei418.jpg

89階が『台北101展望台』。
taipei416.jpg
taipei419.jpgtaipei421.jpg

おおー、
taipei420.jpg

101階まで、まだ上はあるわけですが行けるのはここまで。
taipei415.jpg

日本でも大好きな"すごい!煮干ラーメン 凪"は、台湾進出も成功させているのですが…台北だけで現在5店舗あります。
taipei425.jpg

さぁ、"ホテル・センス"(Hotel Sense、伸適商旅)、ここへチェックインします。
taipei436.jpgtaipei612.jpg
taipei590.jpg
taipei645.jpg

夜のホテル・センス。
taipei426.jpg
taipei427.jpg
taipei428.jpg

これが部屋、
taipei429.jpg
taipei430.jpg
taipei431.jpg
taipei432.jpg

トイレ、
taipei433.jpg

風呂、
taipei434.jpg
taipei435.jpg

ホテル内の朝飯レストラン。
taipei437.jpg
taipei438.jpg
taipei439.jpg

ビュッフェにて、好きな物を頂きましょう。
taipei440.jpg
taipei441.jpg
taipei442.jpg
taipei443.jpg
taipei444.jpg

そういえば「ココ」で紹介した台北市旅行時に滞在した、"国王大飯店"(エンペラーホテル)も通りました。ここ安いのに良いホテルだったなぁ、色々と思い出してきました。
taipei611.jpg

ホテルを出て、
taipei445.jpg

この日はまず、国立故宮博物院へ!
taipei446.jpg
taipei447.jpg

ここの代表的な所蔵品は、何と言っても翠玉白菜でしょう。
taipei448.jpg
taipei449.jpg
taipei450.jpg

その他、ザッと回りましたが規模がでか過ぎてとても全部なんか観れるものじゃありません。
taipei451.jpg
taipei452.jpg
taipei453.jpg
taipei454.jpg

外も散歩。
taipei455.jpg
taipei456.jpg
taipei457.jpg
taipei458.jpg

次は忠烈祠で、定番の衛兵交代式。
taipei459.jpg
taipei460.jpg
taipei461.jpg

この日はランチもベタに、台湾の小籠包・点心で最も有名な"鼎泰豐"(鼎泰豊、ディンタイフォン)へ。
taipei465.jpg
taipei466.jpg
taipei462.jpg
taipei463.jpg
taipei464.jpg
taipei467.jpg

席に着いて、
taipei468.jpg
taipei469.jpg
taipei470.jpg

点心など、
taipei471.jpg
taipei472.jpg
taipei473.jpg
taipei476.jpg

出ました、鼎泰豐の小籠包!その他、蒸し物の数々。
taipei474.jpg
taipei475.jpg
taipei477.jpg
taipei478.jpg
taipei479.jpg
taipei480.jpg
taipei481.jpg
taipei482.jpg
taipei483.jpg

やはり日本人客も多いので、このように日本語での『小籠包のおいしい召し上がり方』指南の紙ももらえます。
taipei644.jpg

ドライブして…
taipei484.jpg
taipei485.jpg
taipei486.jpg

連れの女性陣は"豪門世家健康(ダイナスティ)理容名店"までマッサージに行ってましたが、ここは24時間営業の大型マッサージ店だったそうです。私は興味なくて酒飲みながら留守番してましたが…
taipei646.jpg

でもここの冊子を見てみたら、志村後ろ!というわけで志村けん、それに日本でも有名な俳優・金城武の写真が使われていますね。真ん中の女性は店の人でしょうか。この人はともかく、志村&金城が一緒に移っている写真は貴重な気がします。
taipei647.jpg

ここは日本語も普通に通じるそうですよ。で、バカ殿様のアイーンが使われていますが、そもそも志村は特に台湾では大昔から大スター。世界的に見たら映画を作って成功した北野武(ビートたけし)が有名な日本のコメディアンでしょうが、台湾に限っては圧倒的に志村なんですよね。
taipei648.jpg



夜。
taipei487.jpg
taipei606.jpg

台北の夜なら夜市に行かなくては話になりません。これは日本では普及していない文化ですよね。今回は台湾で最も有名な、士林夜市へ。
taipei488.jpg
taipei489.jpg
taipei490.jpg
taipei491.jpg
taipei492.jpg
taipei493.jpg

衣類からオモチャ、ゲーム屋台までもありますが、
taipei495.jpg
taipei494.jpg
taipei496.jpg

メインはやっぱり、B級グルメを中心とした食べ物屋さんですかね。
taipei497.jpg
taipei500.jpgtaipei501.jpg

夜市に来ておいてあまり腹が減ってなかったのは痛い所でしたが、見て回ると...
taipei498.jpg
taipei502.jpg

この屋台では、
taipei499.jpg

お菓子の中に、やけにリアルなアレの形がありましたが…もしかしてコレのお菓子もあったのかな。子孫繁栄のまじないに良いかもしれません。
taipei499-.jpg

士林夜市で1番有名なのはここ、"士林豪大大雞排"のフライドチキン。
taipei503.jpg
taipei504.jpg
taipei505.jpg

その他、ちょっとだけ食べて撤収。
taipei506.jpg
taipei507.jpg

翌日はまたホテル・センスの朝食を食べて、
taipei509-.jpg
taipei510.jpg
taipei509.jpg
taipei511.jpg
taipei591.jpg

また朝から外出しまして、こちら台北市のマンホール蓋の1つ。爆弾が並んでるのかと思ってよく見ると、森と魚のデザインなんです。
taipei508.jpg

向かった先は…雙連駅。
taipei512.jpg
taipei520.jpg

前日の夜市に続いて、今度はこの近くでやってる雙連朝市です。
taipei516.jpg
taipei513.jpg
taipei514.jpg
taipei515.jpg

野菜や肉に惣菜等々、庶民の台所そしての役割が目立ちましたが、生活雑貨なんかもたくさんありました。
taipei517.jpg
taipei518.jpg
taipei519.jpg

また移動して、
taipei521.jpg
taipei522.jpg
taipei523.jpg

ちょっと何か食べたりもして…
taipei525.jpg
taipei524.jpg
taipei526.jpg
taipei527.jpg
taipei528.jpg

霞海城隍廟へ。縁結びのパワースポットだそうです。
taipei529.jpg
taipei530.jpg

ここら辺が迪化街だったかな。台北で最も古い問屋街とかで、老舗だらけでした。
taipei533.jpg
taipei532.jpg
taipei531.jpg
taipei534.jpg
taipei535.jpg

昼飯は、"丸林魯肉飯"へ。色々と出てくる物全てが美味いのですが、
taipei536.jpg
taipei537.jpg
taipei538.jpg
taipei539.jpg
taipei540.jpg
taipei541.jpg
taipei542.jpg
taipei543.jpg
taipei545.jpg

メインはこれ、魯肉飯です。元々が屋台料理だしシンプルすぎて驚くか方もいるもしれませんが、いわば豚ひき肉ご飯か。でもこれが、たまらなく美味い!
taipei544.jpg

フレッシュジュース、日本語メニューもありました。
taipei546.jpg
taipei547.jpg

こちらはディナーで、リージェント台北。
taipei592.jpg

その中にある"晶華軒"、ここで広東料理です。
taipei593.jpg
taipei594.jpg
taipei595.jpg
taipei596.jpg

前菜盛り合わせ、
taipei597.jpg

海老の辛口焼き、
taipei598.jpg

ほうれん草と貝柱のスープ、
taipei599.jpg
taipei600.jpg

ダックそぼろのレタス包み、
taipei601.jpg

エリンギの旬の野菜添え、
taipei602.jpg

蒸し鱈の魚醬油かけ、
taipei603.jpg

海鮮チャーハン、
taipei604.jpg

季節のフルーツ。
taipei605.jpg

その後は街に出ましたが、台湾であちこちにあるジューススタンドにも1度は寄らないとですね。
これも日本では馴染みのない文化だと思いますが、通りすがりのスタンドで気軽に安く材料指定して即手作りジュースを作ってもらうんですよ。その中でも大手チェーン店の1つ、"CoCo 都可茶飲"で…
taipei607.jpg
taipei608.jpg

これまた台湾名物、タピオカミルクティーなど。
taipei609.jpg
taipei610.jpg

いくつかの店で買物もしましたが、
taipei615.jpg
taipei618.jpg
taipei616.jpg
taipei617.jpg
taipei619.jpg

瓶いっぱいに唐辛子が詰まった酒とか、台湾 鹿茸酒。後者は鹿の角を漬け込んだ漢方健康酒で強壮、強精、長寿になるとか。
taipei620.jpgtaipei621.jpg

定番の台湾ビール(台灣啤酒)を、瓶と缶で。
taipei622.jpgtaipei623.jpg

アップルサイダー(蘋果西打)も、美味しい。
taipei624.jpgtaipei625.jpg

インスタントラーメンもいくつか買って帰って日本で配ったり自分で食べたりしていてます。
taipei626.jpg
taipei627.jpg
taipei628.jpg
taipei629.jpg
taipei630.jpg
taipei631.jpg
taipei634.jpg
taipei635.jpg
taipei632.jpg
taipei633.jpg
taipei636.jpg
taipei637.jpg
taipei638.jpg
taipei639.jpg
taipei640.jpg

台湾の土産物のド定番は、何といってもアップルケーキですけどね。
taipei641.jpg
taipei642.jpg

このような、日本語の冊子もたくさんあります。
taipei643.jpg


次は台北市をちょっとだけ離れて…郊外の観光スポット、
taipei548.jpg
taipei549.jpg
taipei550.jpg

鶯歌陶瓷老街。鶯歌というのは台湾国内で最大の陶磁器の街で、台北市に隣接する新北市になります。
taipei551.jpg
taipei552.jpg
taipei553.jpg
taipei554.jpg
taipei555.jpg
taipei556.jpg
taipei557.jpg
taipei558.jpg
taipei560.jpg

このストリート・ミュージシャン、まさかの日本人でしたよ。
taipei559.jpg

同じく新北市で三峡の、三峡老街へ。
taipei561.jpg
taipei562.jpg
taipei567.jpg
taipei579.jpg

三峡清水祖師廟。ここは柱の彫刻とか、芸術建築として凄かった。
taipei563.jpg
taipei564.jpg
taipei565.jpg
taipei568.jpg

おおー!
taipei569.jpg
taipei570.jpg

川沿いに移動したら、何かお祭り騒ぎでした。
taipei571.jpg
taipei572.jpg
taipei573.jpg
taipei574.jpg
taipei575.jpg
taipei578.jpg

そこら中で爆竹(BUCK-TICK)なんかも鳴らされて、大騒ぎでしたが何の祭りなのか日本人である私には全く分からなかった…
taipei576.jpg
taipei577.jpg

こちらは、興隆宮。
taipei585.jpg

三角湧老街てのも近い。
taipei580.jpg
taipei581.jpg
taipei582.jpg

むむ、この店の看板。
taipei583.jpg

日本の懐かしアニメであるマジンガーZ、ガッチャマン、キャンディ♥キャンディなどが使われていますね。
taipei584-.jpg

新北市で見かけたマンホールやグレーチング蓋。
taipei586.jpg
taipei587.jpg
taipei588.jpg
taipei589.jpg

次も同じく新北市ですが、バスで山の上に登って...九份へ。
new-taipei-city104.jpg
new-taipei-city103.jpg
new-taipei-city102.jpg

久々に見る九份の街並み、
new-taipei-city71.jpg
new-taipei-city72.jpg
new-taipei-city73.jpg
new-taipei-city87.jpg

風景、
new-taipei-city74.jpg
new-taipei-city75.jpg
new-taipei-city76.jpg

看板。
new-taipei-city77.jpg
new-taipei-city78.jpg

ここの入り組んだ商店街へ入り...
new-taipei-city105.jpg
new-taipei-city106.jpg
new-taipei-city88.jpg

この店で、
new-taipei-city92.jpg
new-taipei-city93.jpg
new-taipei-city94.jpg
new-taipei-city95.jpg

九份名物スイーツの、イモ白玉ぜんざいを頂きました。
new-taipei-city96.jpg

他の商店も寄ったりしながらブラブラして…
new-taipei-city99.jpg
new-taipei-city91.jpg
new-taipei-city97.jpg
new-taipei-city98.jpg

あれこの人、日本語でバンコクと書いたTシャツ着ています。
new-taipei-city100.jpg
new-taipei-city101.jpg

九份の光景、いいですねぇ。
new-taipei-city81.jpg
new-taipei-city79.jpg
new-taipei-city80.jpg

高台の展望台。
new-taipei-city89.jpg
new-taipei-city90.jpg

そしてあそこ、"阿妹茶館"(あみちゃかん)ですね。
new-taipei-city84.jpg
new-taipei-city83.jpg
new-taipei-city86.jpgnew-taipei-city85.jpg

九份はスタジオジブリのアニメ映画「千と千尋の神隠し」のモデルになったとして宣伝しまくっている街、そしてここがその代表的な店ですが、前に「ココ」で行った時にも再三書いた通り、その事は宮崎駿監督自身が否定しているデマなんですね。それでも偶然とはいえ似ている部分はあるので、そう思って楽しむのは勝手ですが...
この店で貰ったポストカードはこれで、ハッキリと『千と千尋の神隠し 湯婆婆の屋敷』なんて明記しちゃってるんですよね。絶対ジブリに許可は取ってないと思います。これが版権にうるさいディズニーだったら大変でしょうが、ジブリは見て見ぬふりしているのかも。
new-taipei-city131.jpg

とにかく当地の名物であるこの店ですが、前回は入ってなかったので、初入店してみましょう。
new-taipei-city107.jpg
new-taipei-city108.jpg
new-taipei-city82.jpg
new-taipei-city109.jpg
new-taipei-city110.jpg
new-taipei-city111.jpg
new-taipei-city112.jpg
new-taipei-city113.jpg
new-taipei-city114.jpg
new-taipei-city115.jpg
new-taipei-city118.jpg

ここからの景色、
new-taipei-city116.jpg

そして料理、1個1個解説するのは面倒なのでとりあえずパーッと写真だけ載せますが、美味い。
new-taipei-city117.jpg
new-taipei-city119.jpg
new-taipei-city120.jpg
new-taipei-city121.jpg
new-taipei-city122.jpg
new-taipei-city123.jpg
new-taipei-city124.jpg
new-taipei-city125.jpg
new-taipei-city126.jpg
new-taipei-city127.jpg
new-taipei-city128.jpg
new-taipei-city129.jpg
new-taipei-city130.jpg

千と千尋についてはマズイかもしれませんが、でも阿妹茶館が周囲まで華やかにしている事だけは確かです。
new-taipei-city132.jpgnew-taipei-city135.jpg
new-taipei-city133.jpg
new-taipei-city134.jpg
new-taipei-city136.jpg

帰り道。
new-taipei-city137.jpg

最終日に空港へ向かう車中の寂しさは、旅行に出ると毎回味わうものですね…
taipei566.jpg
taipei613.jpg
taipei614.jpg

空港に着き、
taoyuan-airport55-.jpg

飛行機へ。
taoyuan-airport55.jpg
taoyuan-airport56.jpg

飛んだ!
taoyuan-airport57.jpg
taoyuan-airport58.jpg

機内食。
taoyuan-airport59.jpg

今回はパッケージツアーなので自分の中で熱量が無く、ブログでアップしなくてもいいかなとも思ったくらいでしたが、やはり記録に残しておく事にしました。親日国家で庶民が親切、旅行代金も現地での物価も安くて食べ物が美味しく治安が良い。台湾は気軽な週末旅行の感じでもっと行くようにしたいですね。

さようなら、台湾。
taoyuan-airport60.jpg



  1. 2017/06/30(金) 23:00:26|
  2. 旅行・紀行・街
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

旅行・紀行・街(224) 鹿児島県大島郡瀬戸内町 8 加計呂麻島

前回、「ココ」で奄美大島を南下して鹿児島県大島郡瀬戸内町に着き、そこから古仁屋海上タクシーで奄美大島を離れた所まででした。
で、同じく瀬戸内町に属する奄美群島内の島・加計呂麻島の瀬相港に到着。
kakeroma109.jpg
kakeroma110.jpg
kakeroma111.jpg

娘っ子はもう、いきなり走り回っていますね大好きな地元、ここが『彼女の島』ですからね。
kakeroma112.jpg
kakeroma113.jpg

瀬相港の記念撮影スポット、巻き貝オブジェ。
kakeroma194.jpg
kakeroma195.jpg

その貝の、本物はこれ。
kakeroma-5mile383.jpg

この前には島で唯一の信号機がありますね。
kakeroma201.jpg

そして、"いっちゃむん市場"。加計呂麻島の野菜や民芸品などを売る店が、凄く便利な所に出来ましたね。
kakeroma196.jpg

中孝介、猫ひろしの色紙が飾ってありました。
kakeroma197.jpg

でかいキャベツを購入。
kakeroma198.jpg
kakeroma199.jpgkakeroma200.jpg

欲しかった、きび酢たまねぎドレッシングを2種類、
kakeroma202.jpgkakeroma203.jpg

毎回必ず入手するのは加計呂麻の塩、
kakeroma204.jpg

加計呂麻黒糖、
kakeroma205.jpg

加計呂麻島 むつこ姉のふなやき。
kakeroma207.jpg
kakeroma208.jpg
kakeroma209.jpg

ここに限らずですが色々と買っていたら、加計呂麻食材でいっぱいになりました。
kakeroma206.jpg

島内に集落は30ヶ所程あるという事ですが、まずはこのまま港がある瀬相。このような案内看板が、各集落に新設されているようです。
kakeroma114.jpg

トネヤ、
kakeroma115.jpg

アシャゲ、
kakeroma117.jpg

望郷の碑。
kakeroma116.jpg

次の集落は、西阿室。
そう、ここには島で唯一のカトリック教会があります。
kakeroma118.jpg
kakeroma119.jpg

この娘にカメラを貸したら、こう。
kakeroma125.jpg

もう離してくれないくらい撮りまくってました…まぁデジカメなんでいくら撮られてもタダだからいいです。
kakeroma120.jpg
kakeroma121.jpg
kakeroma122.jpg
kakeroma123.jpg
kakeroma124.jpg
kakeroma126.jpg
kakeroma127.jpg
kakeroma128.jpg
kakeroma129.jpg
kakeroma130.jpg
kakeroma131.jpg
kakeroma132.jpg
kakeroma138.jpg
kakeroma139.jpg
kakeroma140.jpg
kakeroma141.jpg
kakeroma142.jpg
kakeroma143.jpg
kakeroma144.jpg
kakeroma145.jpg
kakeroma146.jpg
kakeroma177.jpg
(↑これらの写真は極一部です)

民宿南龍、
kakeroma147.jpg
kakeroma148.jpg
kakeroma150.jpg

赤井次郎氏寿像。
kakeroma133.jpg
kakeroma134.jpg
kakeroma135.jpg
kakeroma136.jpg
kakeroma137.jpg

こんなもんで、もうカメラを返してくれ~。
kakeroma149.jpg
kakeroma151.jpg

西阿室小学校。
kakeroma152.jpg
kakeroma153.jpg
kakeroma154.jpg
kakeroma156.jpg

ここのデイゴは、時期になると花が真っ赤に咲いてとても綺麗です。
kakeroma155.jpg

こちらはシンボルツリーの、夫婦松。
kakeroma157.jpg

遊具の数々。
kakeroma158.jpg
kakeroma159.jpg
kakeroma160.jpg
kakeroma161.jpg

次は海岸にも行きましょう。お、西阿室の猫。
kakeroma162.jpg
kakeroma163.jpg
kakeroma164.jpg
kakeroma165.jpg
kakeroma166.jpg

ニャんだ、うるさいニャ~!
kakeroma167.jpg
kakeroma168.jpg
kakeroma169.jpg

そう言って、行っちゃいました。
kakeroma170.jpg

とにかく、ここは海岸。
kakeroma171.jpg
kakeroma172.jpg

また子供が写真撮ったりしていましたが、
kakeroma178.jpg
kakeroma179.jpg
kakeroma180.jpg

この子達にとって海は珍しくないので、砂利の山に登って滑り台にして遊ぶのが良かったみたいです。
kakeroma173.jpg
kakeroma175.jpg
kakeroma176.jpg

とにかく、ひたすらこれを繰り返していました。
kakeroma186.jpg
kakeroma187.jpg

水木しげる先生の「悪魔くん」でもおなじみ、六芒星を発見。でも悪魔を召喚する方法を教えるには、まだ早いですね。
kakeroma174.jpg

この海岸はかなり夕日が綺麗なポイントだったようですが、天気で左右されますからね…この日は外れ。
kakeroma181.jpg
kakeroma182.jpg

カモが泳ぎ、海の隣接しながら流れはほとんどなく、ため池みたいになっているこの部分。
kakeroma183.jpg

ここで波紋という生命エネルギー、東洋では仙道と呼んでいるアレについての説明を行ないました。やはりツェペリさんと同じく、水面に石を投げ入れて...『波紋を消すにはもう1つの波紋を!』と。
kakeroma185.jpg
kakeroma184.jpg

次は2人で長い棒を用意。
kakeroma191.jpg
kakeroma192.jpg

ここは『大うなぎのいる川』という事で、うなぎ探し。
kakeroma188.jpg
kakeroma189.jpg
kakeroma190.jpg

西阿室から、さようなら~。
kakeroma193.jpg

宿がある集落は、伊子茂。
kakeroma223.jpg

いつもの"海宿 5マイル"ですが、向かう途中の道に素敵な案内看板が増えています!
kakeroma-5mile241.jpg
kakeroma-5mile242.jpg

こちらは後で子供が道端の土が見えている部分に、木の枝で5マイルまでの道順を書くと言って木の枝で矢印と5の文字(→5)を、要所要所で書きながら進んでいたんですよ。可愛いな~。で、5マイルに到着。
kakeroma-5mile243.jpg
kakeroma-5mile244.jpg
kakeroma-5mile246.jpg

この看板も前に来た時はなかったし、
kakeroma-5mile245.jpg

こちらも…
kakeroma-5mile247.jpg

描き変えています。
kakeroma-5mile248.jpg
kakeroma-5mile249.jpg

あとは敷地内にクリスチャンのチャペルが出来ていて、
kakeroma-5mile250.jpg
kakeroma-5mile251.jpg
kakeroma-5mile252.jpg

中はジーザス、窓を開ければ浜辺で…
kakeroma-5mile255.jpg
kakeroma-5mile253.jpg
kakeroma-5mile254.jpg

ここからの風、景色も最高だな~。
kakeroma-5mile256.jpg

さらに前は真珠工場があった所ですか、今は5マイルの持ち物になったようでステージとかあるイベントスペースも出来ています。今はイベントが無くて物干し場と化してるので、お邪魔しませんでしたが。
kakeroma-5mile276.jpg

次は食堂に行きましょう。入口にヤコウガイの殻が積まれています。この殻は奄美大島のスーパー、ビッグⅡでも1個2,000円以上で売ってましたが、ここではこんな無造作に。
kakeroma-5mile260.jpg
kakeroma-5mile261.jpg

食堂内はおなじみのままですね。
kakeroma-5mile262.jpg
kakeroma-5mile257.jpg
kakeroma-5mile258.jpg
kakeroma-5mile290.jpg

ここんちの猫は、相変わらずあまり動かないな~。
kakeroma-5mile259.jpg
kakeroma-5mile263.jpg

もう1匹います。いずれにしろ、たまに移動しているようで色々な所で見るのですが、私が見付けた時はいつも寝ている。
kakeroma-5mile365.jpg

あとは食堂の隅に子供スペースが出来ていて、
kakeroma-5mile264.jpg
kakeroma-5mile265.jpg

ここは入っちゃだめーっとかって怒られました。
kakeroma-5mile266.jpg

前日に奄美大島で開けたばかりの色別のカラフルねんどは、既にグッチャグチャになってた。
kakeroma-5mile291.jpgkakeroma-5mile363.jpg
kakeroma-5mile474.jpg
kakeroma-5mile475.jpg

こちらの娘は何やら本に夢中になっています。
kakeroma-5mile292.jpg

あとビリヤード台はお雛様の置き場と化してるし…
kakeroma-5mile267.jpg
kakeroma-5mile269.jpg
kakeroma-5mile268.jpg

とにかくここは食堂です、飯にしましょう。
おお、いつもいつも有難い...これはさっき獲ってきたという海老!火を起こして、焼きましょう。
kakeroma-5mile270.jpg
kakeroma-5mile271.jpg
kakeroma-5mile272.jpg
kakeroma-5mile273.jpgkakeroma-5mile275.jpg
kakeroma-5mile274.jpg

うお、すんごく香ばしい。そして、激ウマ!
kakeroma-5mile277.jpg
kakeroma-5mile278.jpg

やはり獲りたての魚を刺身で。
kakeroma-5mile279.jpg

焼き物も海老の次は、肉と野菜になりますが…
kakeroma-5mile283.jpg
kakeroma-5mile285.jpg
kakeroma-5mile286.jpg
kakeroma-5mile289.jpg
kakeroma-5mile287.jpg

ジビエも有りです。当地でシシ肉と呼ばれる、イノシシですね。
kakeroma-5mile284.jpg
kakeroma-5mile288.jpg

酒は、ビール!
kakeroma-5mile280.jpg

黒糖焼酎がれんと、龍宮、島の宝。
kakeroma-5mile281.jpgkakeroma-5mile282.jpg

2泊目の夕食。
kakeroma-5mile462.jpgkakeroma-5mile463.jpg

やった、鍋です!
kakeroma-5mile464.jpg
kakeroma-5mile465.jpg

今度は焼酎が里の曙 奄美の杜、まんこい。
kakeroma-5mile469.jpg

島豚にチーズ・サラミ・クラッカー等をつまみとして、ひたすら呑んでました…
kakeroma-5mile467.jpg
kakeroma-5mile468.jpg

娘っ子が手塚治虫先生の「ネオ・ファウスト」を持ってきたので、何だまさか読んでと頼まれるのか…と思ったら、こうしておさえておいてくれと言います。
kakeroma-5mile470.jpg

動かさないでとか怒られながら、命令に従いましたが…どうやら文字を書く練習をしたかったみたいです。もうこんな難しい漢字にも挑戦しているのだから、凄い!私のTシャツに書いてあったアルファベットまで書き取りしてある。
kakeroma-5mile471.jpg
kakeroma-5mile472.jpg
kakeroma-5mile473.jpg

今回の宿泊はこちらの和室。
kakeroma-5mile297.jpg
kakeroma-5mile310.jpg
kakeroma-5mile364.jpg

風呂...まぁ、海が見える露天風呂と言えますね。
kakeroma-5mile299.jpg

で、窓から出るとそこは海の前の砂浜というロケーション。
kakeroma-5mile298.jpg
kakeroma-5mile301.jpg
kakeroma-5mile302.jpg

もう暗くなってきたけど、海に散歩に出て。
kakeroma-5mile307.jpg
kakeroma-5mile308.jpg

ここの砂浜は砂だけじゃなくて、サンゴとか貝殻だらけなのでビーチサンダルを履いた方が良いと思います。
kakeroma-5mile304.jpg

夜の海。
kakeroma-5mile305.jpg
kakeroma-5mile303.jpg

夜の猫。
kakeroma-5mile461.jpg
kakeroma-5mile459.jpg
kakeroma-5mile460.jpg

朝食。奄美名物、鶏飯(けいはん)です。美味かった~!
kakeroma-5mile293.jpg
kakeroma-5mile294.jpg
kakeroma-5mile295.jpg
kakeroma-5mile296.jpg

その次の朝食。
kakeroma-5mile309.jpg

そのまた次の朝食。
kakeroma-5mile476.jpg

ある日、ご飯を食べたらここの娘が案島を内してくれるという事で、半日くらいずっと遊んでくれました。まずは5マイル近くの海沿いから。
kakeroma-5mile311.jpg
kakeroma-5mile312.jpg
kakeroma-5mile313.jpg
kakeroma-5mile321.jpg
kakeroma-5mile323.jpg
kakeroma-5mile322.jpg
kakeroma-5mile350.jpg
kakeroma-5mile349.jpg

あそこにいるのは何だとか、色々解説してくれるので有難い。ええ、40歳も目前の私ですが、自分より当地の生物などに関して知識があるとなれば幼稚園児からでも素直に教えを受けます。
kakeroma-5mile314.jpg
kakeroma-5mile315.jpg
kakeroma-5mile318.jpg

このパイナップルみたいな実がなるやつはアダン(阿檀)の木で、奄美地方の各地でかなり見られます。
kakeroma-5mile319.jpg
kakeroma-5mile320.jpg

どんな所で生育するかとか、葉の形とか、すぐに分かるようになります。
kakeroma-5mile413.jpg
kakeroma-5mile414.jpg
kakeroma-5mile415.jpg
kakeroma-5mile424.jpg

こちらはソテツの木で、
kakeroma-5mile343.jpg
kakeroma-5mile344.jpg

これが葉、
kakeroma-5mile419.jpg

これが実です。
kakeroma-5mile387.jpg
kakeroma-5mile345.jpg
kakeroma-5mile346.jpg

これは?
kakeroma-5mile385.jpg
kakeroma-5mile386.jpg

サンゴも綺麗なの拾ってきて集めてるみたいだし…
kakeroma-5mile388.jpg
kakeroma-5mile389.jpg
kakeroma-5mile390.jpg
kakeroma-5mile391.jpg

たまにかがんだり昇ったりして、何やら植物の葉っぱを取っているのですが、
kakeroma-5mile316.jpg
kakeroma-5mile328.jpg
kakeroma-5mile336.jpg
kakeroma-5mile337.jpg
kakeroma-5mile338.jpg
kakeroma-5mile339.jpg

これが長命草というやつで、食べられる上に健康になる薬草としての効果もあるのだとか。
kakeroma-5mile340.jpg

あとで、鍋に入れて食べました。
kakeroma-5mile317.jpg
kakeroma-5mile466.jpg

5マイルから、かなり離れた岩場まで来ています。
kakeroma-5mile324.jpg
kakeroma-5mile325.jpg
kakeroma-5mile326.jpgkakeroma-5mile327.jpg

高い所には昇りたがりますね。
kakeroma-5mile329.jpg
kakeroma-5mile330.jpg
kakeroma-5mile331.jpg

で、すぐに飽きて次から次へと移動。
kakeroma-5mile332.jpg

おお、何だこれは!?
kakeroma-5mile333.jpg
kakeroma-5mile334.jpg
kakeroma-5mile335.jpg

興味あるものがいっぱいあって、海は飽きないですね。
kakeroma-5mile341.jpg
kakeroma-5mile342.jpg

どこにでも色々行くのは良いのですが、たまにトゲのある植物も居るので気を付けましょう。
kakeroma-5mile347.jpg
kakeroma-5mile348.jpg

何やら取り出して遊んでるぞ?これは、じいちゃんに買ってもらった女の子雑誌に付録で付いてたお化粧おままごとセット。
kakeroma-5mile351.jpg
kakeroma-5mile352.jpg
kakeroma-5mile353.jpg
kakeroma-5mile354.jpg

走る走る、
kakeroma-5mile355.jpg
kakeroma-5mile356.jpg
kakeroma-5mile357.jpg

海側から、5マイル。
kakeroma-5mile300.jpg

5マイルの船、麻潮丸だ。
kakeroma-5mile306.jpg
kakeroma-5mile360.jpg
kakeroma-5mile361.jpg
kakeroma-5mile358.jpg
kakeroma-5mile359.jpg

ではそろそろ、この浜辺を離れましょう。
kakeroma-5mile362.jpg

5マイルの庭へ。
kakeroma-5mile392.jpg

ここのハンモック、
kakeroma-5mile366.jpg
kakeroma-5mile393.jpg
kakeroma-5mile394.jpg

「ココ」でアップしたように、ライヴ・ツアーで当地を訪れた石川浩司さまがお休みになったハンモック。
ISHIKAWA-KOJI2.jpg

これに私も寝てみました。
kakeroma-5mile395.jpg
kakeroma-5mile396.jpg
kakeroma-5mile404.jpg

そのうちにガン寝してしまった…って、こんな所も撮られてしまいましたが、
kakeroma-5mile421.jpg
kakeroma-5mile422.jpg
kakeroma-5mile423.jpg

撮ったのは5マイル娘。またこの子にカメラを貸したら、面白いみたいで膨大な量の写真がメモリーに入っていました。その一部を載せておきましょう。
kakeroma-5mile397.jpg
kakeroma-5mile398.jpg
kakeroma-5mile399.jpg
kakeroma-5mile400.jpg
kakeroma-5mile401.jpg
kakeroma-5mile402.jpg
kakeroma-5mile403.jpg
kakeroma-5mile405.jpg
kakeroma-5mile407.jpg
kakeroma-5mile408.jpg
kakeroma-5mile409.jpg

あー、また海のあんな所まで行って、等と動向が丸分かりですね。
kakeroma-5mile431.jpg
kakeroma-5mile410.jpg
kakeroma-5mile411.jpg
kakeroma-5mile412.jpg
kakeroma-5mile416.jpg
kakeroma-5mile417.jpg
kakeroma-5mile418.jpg
kakeroma-5mile425.jpg
kakeroma-5mile426.jpg
kakeroma-5mile427.jpg
kakeroma-5mile428.jpg
kakeroma-5mile429.jpg
kakeroma-5mile430.jpg
kakeroma-5mile432.jpg
kakeroma-5mile433.jpg
kakeroma-5mile434.jpg
kakeroma-5mile435.jpg
kakeroma-5mile436.jpg
kakeroma-5mile437.jpg
kakeroma-5mile438.jpg
kakeroma-5mile439.jpg
kakeroma-5mile440.jpg
kakeroma-5mile448.jpg
kakeroma-5mile449.jpg
kakeroma-5mile450.jpg
kakeroma-5mile451.jpg
kakeroma-5mile452.jpg
kakeroma-5mile453.jpg
kakeroma-5mile454.jpg
kakeroma-5mile455.jpg
kakeroma-5mile456.jpg
kakeroma-5mile457.jpg
kakeroma-5mile458.jpg

弟も撮っていますが、
kakeroma-5mile441.jpg
kakeroma-5mile442.jpg
kakeroma-5mile443.jpg
kakeroma-5mile444.jpg

ちゃんと色んな場面を撮っていますね。
kakeroma-5mile445.jpg
kakeroma-5mile446.jpg
kakeroma-5mile447.jpg

わっ、自撮りもあったぞ。
kakeroma-5mile406.jpgkakeroma-5mile420.jpg

え、今度はあそこに行こうって!?
kakeroma210.jpg
kakeroma211.jpg
kakeroma212.jpg
kakeroma213.jpg

分かったよ…出ました、伊子茂まもる君!
kakeroma214.jpg
kakeroma215.jpg
kakeroma216.jpg
kakeroma217.jpg

私も入って...
kakeroma220.jpg
kakeroma221.jpg

そして、スリーショットで!
kakeroma218.jpg
kakeroma219.jpg

伊子茂小学校、今度からここに通うんですって。
kakeroma222.jpg
kakeroma225.jpg
kakeroma226.jpg
kakeroma227.jpg

当地の友達の家も訪ねて、
kakeroma231.jpg

一緒に近くの土砂崩れ工事中の所を散歩。
kakeroma232.jpg

これが階段で山登り出来るようになっていて、
kakeroma233.jpgkakeroma235.jpg
kakeroma234.jpg

けっこう高くて、下を見ると怖い。
kakeroma236.jpg
kakeroma237.jpg

また降りて。
kakeroma238.jpg

途中でこれ食べられるよって自生している植物から実を取ってくれたのですが、これって私の子供の頃によくそこらで生っていた、そしてよく食べていた桑苺に似てるなぁ。でもあんな雪国と、この南国とですから別の植物なんでしょうね。
kakeroma239.jpg
kakeroma240.jpg

お花も貰いました~。
kakeroma241.jpg
kakeroma242.jpg
kakeroma243.jpg

ここいらで、大事に持っていた風呂敷...いやハンカチ包みを開放。
kakeroma228.jpg

中を見せてもらったら、リカちゃん。そしてママに内緒でじいちゃんに買ってもらったガム。
kakeroma229.jpg

こういうの家では食べさせてもらえないからこそ、魅力的なんですよね。私にもくれるので子供の頃以来で食べてみたこんな懐かしガム、あっという間に味は無くなるし美味しくないのね!
kakeroma230.jpg

伊子茂には、島に唯一の歯医者さんもあります。そこに、ブランコ。
kakeroma224.jpg

西家の生垣。
kakeroma244.jpg
kakeroma245.jpg
kakeroma248.jpg

ここも管理する人が居なくて、荒れ果てたままになっていますね…
kakeroma246.jpg

カワイ子ちゃん追いかけてシャッター押していたら、何でそんなに写真ばっかり撮るんだよ~、と呆れられました。
kakeroma247.jpg

色々と連れ回されましたが、
kakeroma250.jpg
kakeroma283.jpg

こっちにも友達のうちがある、と案内されてお邪魔してきました。友達、と言ってもおばあちゃんですが。
kakeroma249.jpg

またある日は、3月ですが天気良かったので一人で海で泳いでいたら、5マイルに可愛いINUが来た!
kakeroma-5mile367.jpg
kakeroma-5mile368.jpg
kakeroma-5mile369.jpg
kakeroma-5mile370.jpg

こりゃたまらん…5マイルには猫が居ますが、申し訳ないけど私は圧倒的に犬派。
kakeroma-5mile372.jpg
kakeroma-5mile373.jpg
kakeroma-5mile371.jpg

犬が浜を思いっきり走って喜ぶ姿を見ると、私も嬉しいのです。
kakeroma-5mile374.jpg
kakeroma-5mile375.jpg
kakeroma-5mile376.jpg
kakeroma-5mile377.jpg

5マイルの入口まで来ました。それから、涙のお別れ…
kakeroma-5mile378.jpg
kakeroma-5mile379.jpg
kakeroma-5mile380.jpg
kakeroma-5mile381.jpg
kakeroma-5mile382.jpg

そろそろ、ここの子供達ともお別れの時間が近づいてきました。部屋に遊びに行ったら、可愛いオカッパ時代の写真がありました…
kakeroma-5mile477.jpg

もうすぐ小学校に入学するという時期だったので、お別れ前に制服姿を披露してくれました。
kakeroma-5mile478.jpgkakeroma-5mile479.jpg

私も一緒にフレームに収まって。
kakeroma-5mile480.jpg

これで思い出したのですが、かなり前に『さんまのからくりテレビ』の撮影で有名な韓流アイドル歌手グループの人が来たとかで騒がれていたんですよ。改めて調べてみたらBIGBANGというグループの、V.I(韓国ではスンリ)という人でした。で、画像も出てきましたがここの娘と一緒にこうして写真撮っています。
bigbang1.jpgbigbang2.jpg
これが4年前で、ツーショット撮ってるのは5マイル姉の方。私が今回ずっと遊んでいる5マイル妹も、この度同じ制服を着るようになったのですね。
BIGBANGを調べたついでに、そのままウィキペディアでのページ見てみたら…
『2016年には日本で公演を行った全アーティスト中最多の年間観客動員185万人を記録した』
とあります。つい昨年の事だし、韓国で人気のグループどころじゃない、日本でも動員数ナンバーワンですか!韓国はよく人数水増し報道(それも桁違いに)するのが有名だったと思いますが、これは日本での数字だし本当なんでしょうね。しかし185万人って、凄いな。
さらに少し思い出してきたのですが、昨年東京の西武新宿駅前にある"ヤマダ電機・LABI新宿東口館"で映像を垂れ流している大型LEDのユニカビジョンで何度も見た韓流グループが、確かBIGBANGって名前だった…と、今さらながらつながりました。
あと↑の写真を大久保の韓国料理屋に行った時なんかは韓国人女性の店員さんに見せたら、Wow!!とか言って喜んでもいました。私も全く同じポーズで撮れば良かった。

ランドセルも見せてくれました。
kakeroma-5mile481.jpg

となりのトトロもどんどん出てきて…
kakeroma-5mile482.jpgkakeroma-5mile483.jpg
kakeroma-5mile484.jpg

次は猫。
kakeroma-5mile485.jpgkakeroma-5mile486.jpg
kakeroma-5mile487.jpg

猫が膝枕してピクリとも動かないから、5マイル娘は動けない…
kakeroma-5mile488.jpg

ところでここ、海宿 5マイル。かなり遠くからも来客がある人気の宿であり、離島のロケーションもあって今まで雑誌などには何回載ったか分かりません。
しかし、たまたまJALの飛行機に乗っていたら機内誌のSKYWARDで偶然見つけた時は驚きました。中に写真入りで、『ご主人自らが漁で得た魚と、奥様が手がける自家農園の野菜。それらを材料にした料理が自慢。目の前は海』等と紹介されていました。もう何年か前の事ですが。
kakeroma-5mile489.jpg

ちょうど現在発売中の物だと、オシャレ雑誌・アンドプレミアム(& Premium)(マガジンハウス刊)の最新号『No. 44 旅をしたくなる。』で載っています。この表紙撮影場所も、5マイルの浜が使われていますね。
kakeroma-5mile384-.jpg

さらにさらに!あの、漫画家...うえやまとち先生が5マイルに来てご満悦だった、そしてサイン色紙も描いてくれたという事は聞きかじっていたのですが、
ueyamatochi1.jpg

先月末に発売されたモーニング(講談社刊)の2017年26号。
ueyamatochi2.jpg

モーニングが生んだ名作誕生の瞬間をコージィ城倉先生が描く「モーニングを作った漫画たち」が久々に載っていて、まぁ月イチ連載なのでまだ3回目ですが、今回は小林まこと先生の『What's Michael?編』ですよ!ホワッツマイケル大好きだったので嬉しいのと、この表紙のマイケルも現在の小林まこと先生による描き下ろしじゃないですか。さらに連載漫画家陣が鳥獣戯画風に動物キャラを描いてるのが豪華なこの号の表紙だし、内容も良かったなぁ...
って、今語るべくはそんな事じゃなくて、うえやまとち先生の長期連載作品「クッキングパパ」。我が家は料理漫画だけは父親が買ってくるので、漫画に餓えていた子供時代に堂々とタダで読めたのです。それから今でも描かれ続けている作品ですが、この号の中身は主人公である一味の妻、荒岩虹子が奄美を訪れた設定の奄美特集。海宿 5マイルも名前入りでしっかり登場していました!おなじみレシピのページは奄美ドリンク・ミキの作り方でしたが、これは私はまだ飲んでないのです。
ueyamatochi3.jpg

お、5マイルの長男がマイク・オールドフィールド(Mike Oldfield)による1982年の傑作アルバム「ファイブ・マイルズ・アウト」(Five Miles Out)を持っています。
mike-oldfield1.jpg

という事は海宿 5マイルの屋号はここから来ているのか!?
もしそうなら我々プログレ者としては、嬉しい限りじゃないですか。A面は名曲にして大作の「Taurus II」のみ、そしてB面はあの4曲が続く...トータルアルバムとして素晴らしいとはいえ、傑作揃いのマイク・オールドフィールド作品の中で、このアルバムというのも渋いし。
mike-oldfield2.jpg
mike-oldfield3.jpg
いや、でもこれは私の仕込みでLPを持たせただけで、屋号の由来は全然違うそうです。正解は、加計呂麻島のさらに奥にある神秘の無人島・ハミャ島から約5マイルという意味なんだとか。

加計呂麻島もいよいよ最後。タカテルポイントへ行きましょう。
kakeroma251.jpg

西阿室と花富をつなぐ林道沿いの花富峠にあるので、集落で言うと花富かと思います。あれ、前回来た「ココ」で乗った、手作りブランコが無くなってる。ああ、ブランコをかけてた木自体が腐っていたので、取り外したのでしょう。
kakeroma262.jpg

海宿 5マイルの主人であるタカテル氏が拓いたためにこの名が付いていて、人気の絶景スポット。
kakeroma263.jpg
kakeroma264.jpg
kakeroma265.jpg

ここで、アンティカのジェラートを食べました。
kakeroma252.jpg
kakeroma253.jpg
kakeroma254.jpg
kakeroma255.jpg
kakeroma256.jpg
kakeroma257.jpg
kakeroma258.jpg
kakeroma259.jpg
kakeroma260.jpg
kakeroma261.jpg

暗くなってきました。実はここは、加計呂麻島でも有数の夕日スポットでもあったのですが、やはり天気に恵まれず見れませんでした。
kakeroma266.jpg
kakeroma267.jpg
kakeroma268.jpg
kakeroma269.jpg

また子供にカメラを取られて撮られて。
kakeroma270.jpg
kakeroma271.jpg
kakeroma272.jpg
kakeroma273.jpg
kakeroma277.jpg
kakeroma275.jpg
kakeroma274.jpg
kakeroma276.jpg
kakeroma278.jpg
kakeroma279.jpg
kakeroma280.jpg

はい往路と同じ海上タクシー『とびうお3』に乗り、これで加計呂麻島ともお別れです。でもこの島は何度でも行くつもりでいるので、そう遠くないうちに再訪します。
kakeroma281.jpg
kakeroma282.jpg



  1. 2017/06/25(日) 23:59:55|
  2. 旅行・紀行・街
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

旅行・紀行・街(223) 鹿児島県奄美市 5 大島郡龍郷町 2 瀬戸内町 7

この地はブログ始める前から行っているから、もう何度目でしょうか…東シナ海に囲まれた奄美大島、そしてこれもいつものコースですが島を南下して離島にも行ってきました。

まずは鹿児島県奄美市の奄美空港へ到着。
amamiooshima416.jpg
amamiooshima420.jpg

ここは到着ロビーと待ち合いスペースとの間、仕切りに水槽がありますね。
amamiooshima418.jpg
amamiooshima419.jpg

そしてその中に、でっかい海老がいるのです。
amamiooshima417.jpg
amamiooshima663.jpg
amamiooshima664.jpg

待ち合いスペース側から、水槽。
amamiooshima421.jpg

奄美空港で食事しようと思うと、まず1階に"ゆてぃもーれテラス"という鶏飯ラーメンを出している店がありますが、
amamiooshima665.jpg

しかし、この空港にはゆっくり呑める店で郷土料理を出す所がない。そんでまた、こんな遠くまで来てファミレスですよ…"ジョイフルジュニア"の奄美空港店へ。
amamiooshima666.jpg

まずオリオンビール、缶ビールで出てきました。
amamiooshima667.jpg

あとは黒糖焼酎をロックにて。
amamiooshima668.jpg

つまみは若鶏の唐揚げ、
amamiooshima669.jpg

チーズたっぷりベーコンピザ。
amamiooshima670.jpg

空港を出て、
amamiooshima422.jpg

県道601号線を走るとすぐ近くです、"原ハブ屋奄美"に立ち寄りました。
amamiooshima653.jpg
amamiooshima654.jpg

『ハブと愛まショー』という見世物もやっている所ですが、開始時間が限られるので今回はショップとハブの標本のみを見て回りました。
amamiooshima657.jpg
amamiooshima658.jpg
amamiooshima659.jpg
amamiooshima660.jpg

鎌首の具合がカッコいいぞ…
amamiooshima661.jpg

鎌首という言葉で思い出して、パンテラ(Pantera)の「鎌首」(The Great Southern Trendkill)を引っ張り出してきました。私は今、久々に聴きながらこれを書いていますが…発売当時に買っていたこのアルバムが昨年、発売20周年記念エディションで再発された時は衝撃でした。あれからもう20年も経ったなんて信じられなくて!
PANTERA-the-great-southern-trendkill.jpg

ハブ皮を買って出ました。
amamiooshima662.jpg

それにしても今回、南国に来ておいて残念な事に天気が悪い。
amamiooshima655.jpg
amamiooshima656.jpg


そのまま島を南下し、まずは大島郡龍郷町に立ち寄り。農園直営のジェラテリア、"ラ フォンテ"(La Fonte)で一休みです。
amamiooshima676.jpg
amamiooshima677.jpg
amamiooshima423.jpg
amamiooshima424.jpg
amamiooshima425.jpg

テラス席へ。
amamiooshima426.jpg
amamiooshima427.jpg

ビールもコロナだけだったかは一応置いていましたが、ここでは控えてペリエ、
amamiooshima428.jpg

コーヒー、カプチーノ。
amamiooshima429.jpg
amamiooshima430.jpg

ジェラートも何種類か頂きました。
amamiooshima431.jpg
amamiooshima432.jpg

というか私がジェラートなど食べるわけもないので、正確には子供が食べるのを見守ったのです。
amamiooshima433.jpgamamiooshima434.jpg

同町には、総合スーパー"ビッグⅡ"もあります。
amamiooshima643.jpg

ここでは黒糖焼酎を仕入れて、島から帰ってから呑むために発送しましたが、当地ですぐに呑むための酒は田中一村の絵をラベルに使用している里の曙 奄美の杜。
amamiooshima675.jpg

店内には奄美特産コーナーもあるし、
amamiooshima644.jpg

沖縄の、ブルーシールアイスクリームもあります。
amamiooshima645.jpg

あとは私が西に行くと必ず買う、日清『どん兵衛』の西日本版ですね。
amamiooshima682.jpg

珍しいトリさんが放し飼いされているけど、客は気にもせず通り過ぎて行くから、ここでは普通の光景なのか。
amamiooshima652.jpg
amamiooshima646.jpg
amamiooshima647.jpg
amamiooshima648.jpg

私は実家でずっとチャボを飼ってたし、実はトリさんも好きなんです。
amamiooshima649.jpg
amamiooshima650.jpg
amamiooshima651.jpg

ここでだけではないのですが、入手した土産を見て行くと…
島竹の子 キムチ漬、
amamiooshima672.jpg

奄美のキムチ各種、
amamiooshima674.jpg

奄美カレー、
amamiooshima673.jpg

あとは与論島の黄金酢とか。
amamiooshima671.jpg

また奄美市ですが、市街地の名瀬末広町まで来て..."奄美ハートマーケット"
amamiooshima435.jpg
amamiooshima436.jpg

ここは、まず1Fが子供服と雑貨のお店。
amamiooshima437.jpg
amamiooshima438.jpgamamiooshima439.jpg

あれ、騒いでた子供達の声がピタッと止んだので見てみたら、立像のように大人しくなって画面に釘付けになっている。店内でアメリカの短編アニメーション映画でトムジェリこと「トムとジェリー」(Tom and Jerry)をかけているのか。私が子供の頃に既に大昔のアニメとして観ていた作品ですが、今の子も熱中しています。
amamiooshima440.jpg
amamiooshima441.jpgamamiooshima442.jpg

で、ここは2Fがリースマンションになっておりまして、たった1泊ですが宿として利用させて頂きました。
amamiooshima443.jpgamamiooshima444.jpg

泊まれまるのは、2組。
amamiooshima468.jpg
amamiooshima445.jpgamamiooshima447.jpg

中はどこもかしこも可愛い。雑貨屋もやっているくらいだから、趣味で集めているのを置いているのでしょうね。
amamiooshima448.jpg
amamiooshima449.jpg
amamiooshima450.jpg
amamiooshima451.jpg
amamiooshima452.jpg

カーズ(柱の男じゃない方)の本を読んで、
amamiooshima466.jpg
amamiooshima467.jpg
amamiooshima453.jpg

土産に持ってったカラフルねんどで遊んでもらって、
amamiooshima463.jpg
amamiooshima537.jpg
amamiooshima465.jpg
amamiooshima464.jpg

おやつにトウモロコシ食べて、
amamiooshima461.jpgamamiooshima462.jpg

夕食に出かけましょう。
amamiooshima446.jpg

当地に来たら毎回行く、定番の居酒屋が"一村"
amamiooshima474.jpg
amamiooshima473.jpg

Bienvenu、この店はフランス語で招いてくれるわけですが…
amamiooshima475.jpg

店内はこう、
amamiooshima477.jpg

特にフランス要素はなくて、ゴチャゴチャと飾り付けられているのです。私にはシンプルな空間より、この方が落ち着く。
amamiooshima492.jpg
amamiooshima476.jpg
amamiooshima478.jpg
amamiooshima479.jpg
amamiooshima480.jpg
amamiooshima488.jpg

店を訪れた有名人のサイン色紙が飾ってありますが、ザ・スターリンの遠藤ミチロウさま、
amamiooshima481.jpg

美川憲一さま、
amamiooshima482.jpg

この方は「星占い 女ごころをうたう」という作品で上村一夫ジャケを採用している事を知ってからは尊敬する歌手になりました。
MIKAWA-horoscope.jpg

新しい所ではちょうど来月、奄美を舞台とした映画「海辺の生と死」が公開される素晴らしい女優の満島ひかり。奄美が自身のルーツでもあるそうですね。
amamiooshima483.jpg

さてお酒は、奄美黒糖焼酎 じょうごをボトルで貰って...
amamiooshima484.jpgamamiooshima485.jpg
amamiooshima486.jpg

これは子供の飲み物。
amamiooshima493.jpg
amamiooshima487.jpg

ええ、子供たちも喜んでいます。
amamiooshima489.jpgamamiooshima490.jpg
amamiooshima491.jpg

これがお通し、
amamiooshima494.jpg

頂いたつまみは、もずくの酢の物、
amamiooshima495.jpg

地魚刺身盛、
amamiooshima496.jpg

豚足煮、
amamiooshima497.jpg

タコマリネ、
amamiooshima498.jpg

シメサバ、
amamiooshima499.jpg

油ソーメン、
amamiooshima500.jpg

鰻のさねん蒸し、店の名物です。
amamiooshima501.jpg
amamiooshima502.jpg

他にもうちょっと頼んでたかな。
amamiooshima503.jpg
amamiooshima504.jpgamamiooshima505.jpg

そのうち、焼酎で使っていた氷に興味を持ち出しました。
amamiooshima506.jpg
amamiooshima507.jpg

わーキレイー、水晶みたい!と、ただの氷に感動出来る感性は見習いたいものです。
amamiooshima508.jpg
amamiooshima509.jpg
amamiooshima510.jpg

宿に帰ったらお風呂に入って、
amamiooshima456.jpg

寝る時間です。
amamiooshima454.jpg
amamiooshima455.jpg

布団もこんなに可愛いのですか。こりゃ、おっさんだけで来てたら恥ずかしいですね。
amamiooshima457.jpg
amamiooshima458.jpg
amamiooshima459.jpg
amamiooshima460.jpg

宿のベランダから見えた"郷土料理かずみ"は島唄を聞きながら島料理を食べられる有名店みたいでした。
amamiooshima472.jpg

持ち込んでた酒が底をついたので、夜中に部屋を出て1人で出歩いてみました。
amamiooshima469.jpg

↑の天井は、こう。
amamiooshima470.jpg

げ、この商店街の入口に『奄美の自然と憲法九条は世界の宝!』ですって。狂ってる…奄美まで来てゲンナリしました。
amamiooshima471.jpg
いや、九条教という名の宗教を崇める彼らも疑う事を知らない良い人であるのかもしれませんが、自分の子供とか含む国民を守るのに何が必要か考えられなくなっているのでしょうか。現行の日本国憲法は誰がどんな目的で作ったかとか、こんなにインターネットが普及してもちぃとも調べてみようとすら思わず、疑う事自体も罪悪。否定意見に一切耳を貸さないのも九条教信者の特徴だ。

お、カフェ&バー の"麗王洞瑠"(レオドール)も健在ですね。
amamiooshima522.jpgamamiooshima523.jpg

"はるやま酒店"、
amamiooshima511.jpg
amamiooshima512.jpg
amamiooshima513.jpg

ハブ酒、迫力あるな~。
amamiooshima514.jpg

私は普通に奄美黒糖焼酎 まんこいを買い、宿で呑み直しましたけどね…
amamiooshima520.jpg

その前に近くの"焼鳥屋 てっちゃん"、看板のハブが立派な店で巳年の私としては嬉しい限りですが、
amamiooshima515.jpg
amamiooshima516.jpg

入店したら、『歌手のB'zが当店に来ました』とあります。松本孝弘と稲葉浩志、どっちも来たのかな。
amamiooshima517.jpg

わぁ、立派なハリセンボン!
amamiooshima680.jpg
amamiooshima679.jpg
harisenbon.jpg

ここでは、けいはんラーメンを頂きました。
amamiooshima518.jpg
amamiooshima519.jpg

そしてここで見つけたこの看板。ちょうど滞在していた翌日…あの3・11の地震から6年目の日に『名瀬なんてぃ あまみっけ。の日』というイベントがあって、奄美大島在住の元ちとせのライヴやると知って、翌日ちょっとだけ滞在時間を延ばして見て行く事にしました。
amamiooshima521.jpg

え、元ちとせって私が毛嫌いするJ-POPのアーティストなんじゃないのって?
いや、確かに私はヒットチャート入りしてるアイドルグループとかの音源だと無理すぎて、居酒屋とかで聞かざるをえない時にも耳が腐りそうだからとにかく無音にして欲しいと願う男。
しかし元ちとせ作品は、2001年のインディーズデビュー作でミニアルバムの「Hajime Chitose」から持っているんですよ。いやメジャーデビュー曲「ワダツミの木」がヒットして以降に知ったのですけどね、買った理由はあがた森魚さまの『冬のサナトリウム』をカヴァーした曲が収録されていたから。私はいまだに凄い数あるあがた森魚作品を買い続けているファンなので入手したのも当然と言えますが、そしたら元ちとせの同作は他にもジミヘンとかヴェルヴェッツの曲もカヴァーしてるしで、気に入ったのです。
HAJIME1.jpg

それから出たのがメジャーの2ndアルバムで2003年の「ノマド・ソウル」にて、今度はあがた森魚さまがA児という名義で歌ってたニュー・ ウェイヴ・バンドのヴァージンVS時代の名曲『百合コレクション』までカヴァーしているのだからたまりません。もちろん購入しています。
HAJIME2.jpg

まぁそれから長い年月が経って忘れた頃にですよ、一昨年の2015年に元ちとせがカヴァーアルバムを出したのですね。タイトルは「平和元年」で、出ました...あがた森魚さまの『最后のダンスステップ』が入っている!というわけで購入。
HAJIME3.jpg

ここまででも充分凄いのですが、あくまであがた森魚コレクションの一環として買っているだけでした。
でもこれは驚いた…「平和元年」と同年の2015年、台湾のブラックメタル・バンドであるソニック (ChthoniC、閃靈樂團)が、ソニック自身の名曲をアコースティックにアレンジして出したアルバム「Timeless Sentence」の中で、元ちとせがゲストボーカルとして参加しているんですよ。しかも、台湾語で!ちなみに本作でもう一人参加している日本人は、昭和天皇!(玉音放送の音声が使われています)
元よりフォークメタルっぽい部分もあるバンドだったので、これは有りでしたよ。元ちとせが参加した『Defenders of Bu-Tik Palace』も、凄い傑作に仕上がっていました。
CHTHONIC-timeless-sentence.jpg

ついでにちょっとソニックに触れますが、もはやベテランだし世界的な評価も得ていて台湾を代表するバンドでしょう。これがメタルの事なので私はデビュー当時から聴いますが、当時は台湾のブラックメタルなんて聴いた事なかったので辺境バンド扱いで手を出したのでした。その音は当時だとブラックメタルで一番成功していたイギリスのクレイドル・オブ・フィルス(CRADLE OF FILTH)フォロワーという印象で、台湾語なのが面白いってくらいでした。それがどんどん実力を付けて日本盤も出るようになり、あと我々は言葉が分からないものの政治思想を強くアピールしているバンドだという事も分かってきました。
どういう経緯があったのか知りませんが、こんな凄いバンドに関わった元ちとせ。今後はJ-POPなんか止めて、ヘヴィ・メタル方面に本格進出してくれませんかね。奄美民謡で培った歌唱力を、メタルで発揮すれば歌姫になる事間違いなし!一口にメタルと言っても、これだけ幅広い音楽性を網羅してるジャンルも珍しいですからね。今でも色々と新しい目線のバンドが出てくるし。それに元ちとせ、もう一青窈だとか鬼束ちひろ辺りと間違えられる事もなくなります。
確かに今の日本ではメタルが売れていない。万人規模の観客を動因出来るメタル・バンドはX JAPANくらいでしょう。次点が、もしかしてメタルの名を騙るアイドルグループのBABYMETAL(ベビーメタル)になっちゃうのか?ヤバイ…そんな情況を救うためにも是非、既に知名度の高い元ちとせをメタル界に誘致して盛り上げましょう。

で、観光交流センター、奄美市AiAiひろばへ。
amamiooshima565.jpg

奄美の特産品コーナー、
amamiooshima641.jpg

観光案内所を覗くと…
amamiooshima566.jpg
amamiooshima567.jpg

こいつ、カッパみたいですがこの地に居るという事はケンムンですね。隣に大島紬模様のテディーベアがいるのはみっけちゃん。
amamiooshima642.jpg

屋上に遊技場があり、
amamiooshima572.jpg
amamiooshima571.jpg
amamiooshima573.jpg
amamiooshima574.jpg

そしてここが『名瀬なんてぃ あまみっけ。の日』で元ちとせさまのライヴが行なわれる会場ですね。入場料無料!
amamiooshima568.jpg
amamiooshima569.jpg
amamiooshima570.jpg

これがチラシ。
amamiooshima681.jpg

司会があまみエフエムの渡陽子さんでしたが、この人は奄美島口が達者だしいい感じでした~。
amamiooshima575.jpg

このイベントを主催している『あまみっけ。』とは何か。それはこの。奄美大島を舞台にしたパペットアニメーション動画で観てみましょう。ここでの島口を努めているのも、元ちとせ。凄いな~、こんな言葉が使われているんですね。


出演はサイモン&ガーリック、
amamiooshima576.jpg

あやまる会、これは地元の子供達による島唄ですね。奄美シマ唄の、あの喉を裏返りすような歌唱法で頑張っていました。
amamiooshima577.jpg
amamiooshima578.jpg
amamiooshima579.jpg

偉い人の挨拶とかも色々あって前座で1時間半も経ってから、ようやく来ました...ソニック (ChthoniC、閃靈樂團)のアルバムにも参加している元ちとせ!直前が子供達の島唄だったので、歌唱力の違いが際立ちすぎますね。
amamiooshima581.jpg
amamiooshima580.jpg
amamiooshima582.jpg

バックは鍵盤だけのシンプルな編成で、あがた森魚曲もソニック曲もやりませんでしたが、「ワダツミの木」等々であの声を生で聴けた事に感動。外見も元々美貌でしたが、ちょっとぽっちゃりしてますます私好みの女性に!
amamiooshima583.jpg

アンコール!
繰り返しになりますが、もう貴女もソニックのアルバム参加で華々しくメタル界入りしたのだから、早くJ-POPへの未練を断ち切って今後はヘヴィ・メタルの歌姫として攻めて欲しい。
amamiooshima584.jpg
amamiooshima585.jpg

さて、この日の朝飯は港の方へ行ったのでした。
amamiooshima524.jpg
amamiooshima525.jpg

名瀬港湾センターです。
amamiooshima526.jpg
amamiooshima527.jpg
amamiooshima528.jpg

ここは朝からやっているとの事で行ったのですが、食べられるのは和食の『朝食』もしくは洋食の『モーニング』。特に港の魚とかは出していないのか...
amamiooshima529.jpg
amamiooshima530.jpg
amamiooshima531.jpg

あ、犬の声がした~、というわけで愛犬家の私は探しに行って小屋も見つけたのですが、ここのワンちゃんはこれ以上出てきてくれなかったので遠くから挨拶するに留まりました。
amamiooshima532.jpg

あとはこの周辺だけウロウロしてみました。
amamiooshima535.jpg
amamiooshima536.jpg
amamiooshima533.jpg
amamiooshima534.jpg

そういえば当地には地元コンビニで"エブリワン"ってのが多くありましたが、全部ファミマになってました...まぁいいかとファミマのコーヒー飲んでましたが。
あと名瀬の市街地では、かつて栄えていた市場を再生させる動きが活発になっているそうです。隣接して永田橋市場と末広市場があり、
amamiooshima538.jpg
amamiooshima539.jpg

まず永田橋市場の方では…
amamiooshima540.jpg

入口にたこ焼き屋があったので、焼いてもらいました。
amamiooshima541.jpg
amamiooshima542.jpg
amamiooshima543.jpg
amamiooshima544.jpg
amamiooshima545.jpg
amamiooshima546.jpg
amamiooshima547.jpg
amamiooshima548.jpg
amamiooshima549.jpg

奥に進むと、魚市場としての機能がメインなんだと思いますが、
amamiooshima550.jpg
amamiooshima551.jpg

"自家焙煎珈琲 こん日和"というオシャレ珈琲店まであって良い匂いが漂ってました。
amamiooshima683.jpg

"新納精肉店"では、美味そうな肉を購入!私の好きな骨の周りの部位...おじちゃんはエラ肉って言ってました。
amamiooshima552.jpg
amamiooshima553.jpg
amamiooshima554.jpg
amamiooshima555.jpg

末広市場の方も同様に良い店がたくさん入っていて、ラジオの放送所までありました。
amamiooshima556.jpg

そのうち、入口に何やら鍋が用意されましたよ…
amamiooshima560.jpg
amamiooshima557.jpg

そう、ヤギ汁です!もちろん頂きました。
amamiooshima559.jpg
amamiooshima558.jpg
amamiooshima561.jpg
amamiooshima562.jpg

私の脳内でこの汁は、ストーンズの「山羊の頭のスープ」インナー写真のこれに変換しています。美味い!「ココ」で沖縄に行った時にヤギ刺なんかは食べたもののヤギ汁は飲めてなかったから、こりゃ嬉しいですね。
goats-head-soup.jpg

ところで奄美市のマンホール蓋は絵柄のが見つかっておらず、こんな耐スリップ模様しか…
amamiooshima563.jpg

あと、名瀬にはやたらと精肉店が多い印象でした。人口比でいったら東京よりはるかに多いと思いますが、そんなに肉が売れるんですかね。
amamiooshima635.jpg

カトリック 古田町マリア教会と、その前にゼローム神父の像。
amamiooshima684.jpg
amamiooshima685.jpg

はい、スギ様が来た時の写真が飾ってあるこの三味線屋さんとかも通り、
amamiooshima564.jpg

当地に住む秘密結社員の行きつけ定食屋だという、"こうりん亭"。当地の珍しい物や郷土料理とか1つも出してないし、地元民しか入らない感じの店かな。
amamiooshima636.jpg
amamiooshima637.jpg

ビール、
amamiooshima638.jpg

かつ丼、
amamiooshima640.jpg

和風チャンポン。
amamiooshima639.jpg

こちらは、"ミショランバー・ススムーチョ"(MISHOLAN BAR susuMUCHO)。
amamiooshima586.jpg
amamiooshima587.jpg
amamiooshima678.jpg

オシャレだな~。そしてあれだ、「ココ」で紹介した石川浩司さまらの『奄美にくびったけツアー』で名瀬ライヴの会場となった店ですね。
amamiooshima590.jpg
amamiooshima588.jpg
amamiooshima589.jpg

デヴィッド・ボウイ(DAVID BOWIE)のレコード、そして子供が描いた絵!
amamiooshima592.jpg
amamiooshima591.jpg

ビールを頂きながら、
amamiooshima593.jpg

つまみは洋食…
amamiooshima594.jpg

サーモンとグリル トマトソース、
amamiooshima595.jpg

ミートスパゲティ、
amamiooshima596.jpg

めんたいこのスパゲティ、
amamiooshima597.jpg

クリームブリュレ。
amamiooshima598.jpg

あとはさらに島を南下、
amamiooshima599.jpg
amamiooshima600.jpg
amamiooshima601.jpg
amamiooshima602.jpg
amamiooshima603.jpg

奄美にはマングローブ原生林があるのですが、その近くに"黒潮の森マングローブパーク"がありました。
amamiooshima633.jpg
amamiooshima634.jpg

そして、上記の元ちとせを生んだ土地でもある、大島郡瀬戸内町に到着。
amamiooshima604.jpg

ここの港には毎度必ず来ています。瀬戸内町はクロマグロ養殖日本一のまち、という事でこのマグロオブジェがあって、
amamiooshima607.jpg
amamiooshima606.jpg
amamiooshima617.jpg

せとうち海の駅で、
amamiooshima605.jpg

ねじめびわ茶を購入。
amamiooshima610.jpg
amamiooshima609.jpg

当地の養殖マグロをすぐに食べたければ、1Fに"海力"というレストランがあるので寄るといいと思います。
amamiooshima608.jpg

後日、帰路はレンタカーを借りて、同様にここから出発して逆戻りコースで島を北上する事になったのですが、空港まで行くとこの通り…島を最南端から最北端まで行く感じでけっこう距離があるのです。
amamiooshima632.jpg

それから古仁屋海上タクシーに乗船を申し込んで、
amamiooshima611.jpg

船で離島に渡ります。
amamiooshima612.jpg

今回はこれ、『とびうお3』に乗りました。
amamiooshima613.jpg
amamiooshima614.jpg
amamiooshima615.jpg
amamiooshima631.jpg

お、ここも死亡遊戯カラーだ。
amamiooshima618.jpg
amamiooshima619.jpg

出航です!
amamiooshima616.jpg
amamiooshima627.jpg

内部に入ると…
amamiooshima620.jpg
amamiooshima621.jpg
amamiooshima622.jpg

船尾の客席はこうですが、
amamiooshima623.jpg

こちらは景色が良く見える窓の椅子席。
amamiooshima624.jpg
amamiooshima625.jpg
amamiooshima626.jpg

ヨーソロー、ヨーソロー。
amamiooshima628.jpg
amamiooshima629.jpg

渡った先はいつもの加計呂麻島ですが、大した距離はないので子供のノートを見せてもらっていたらあっという間に着いてしまいました。そんなわけで、次回は加計呂麻島紀行です。
amamiooshima630.jpg


  1. 2017/06/20(火) 23:59:01|
  2. 旅行・紀行・街
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

藤子不二雄(77) 「切人がきた!!」

藤子不二雄作品から、今夜は「切人がきた!!」(集英社刊)です。
FUZIKO-kirito.jpg

二人の藤子不二雄のうち、今でいうでいう藤子不二雄Ⓐ先生側の作品。
前回の「ココ」で予告した通り、今回は「魔太郎がくる!!」の登場人物である『切人』を主人公にしたスピンオフ作品です。タイトルも「魔太郎がくる!!」に対して「切人がきた!!」なので期待できるのですが、実は表と裏の顔を持つ幼児・切人が出てくる以外に関連はないかな...
初出は1994年から1996年までのスーパージャンプ、とはいえ不定期連載だったので数は7話しかなくて単行本はジャンプ・コミックス デラックスで全1巻。

偉大なる藤子不二雄Ⓐ先生が描いてきた偉大なる魔太郎の歴史を見てみると、
・「魔太郎がくる!!」、1972年~1975年の週刊少年チャンピオン(秋田書店刊)
・「魔太郎が翔ぶ」、1981年のヤングマガジン(講談社刊)
・「切人がきた!!」、1994年~1996年のスーパージャンプ(集英社刊)
ですから、時代は1970年代~1990年代、しかも少年誌の主要3出版社で描いている事が分かりますね。あとは是非いつか4社目・小学館の雑誌でも続編とかスピンオフを…

で、今回の「切人がきた!!」では切人が出ていながら魔太郎と関連がない事を書きましたが、しかも苗字も阿部から須麻に変わっているんですよ。つまり今回主人公に抜擢された切人は、須麻切人。
母親の名前は出てきませんが、阿部姓でなければ阿部真理亜、つまりアベマリアにならないじゃないですかね。それでもキリストと聖母マリアの関係は変わらないか。切人のパパも本作では単身赴任しているとの事で登場は無し。しかし、その友人で切人の正体も知ってるらしい『足長おじさん』というのが出てきて、その権力・財力でサポートする事があります。
あと「魔太郎がくる!!」時代に3歳だったのが、今回は1歳3ヶ月という設定になっているので、もしかしてこの後に何らかの事情で姓が変わり、魔太郎に会う...つまり本作は前日譚となっている事も考えられますか。
それか、ただ単にスターシステムで使用されたキャラというだけなのか…

背景の説明はこれくらいにして、本作「切人がきた!!」です。まず魔太郎時代から20年も経ってからの藤子Ⓐ作品なので、あの時代の禍々しさは消え失せておりまして、90'sの藤子Ⓐ絵になっています。って、我々ファンは一瞬で違いが分かるのですが、イメージ出来ない方もいるかと思います。
まぁ「笑ゥせぇるすまん」における週刊漫画サンデー版と中央公論版の絵を比較してもらうと時代的にも「魔太郎がくる!!」、と「切人がきた!!」の関係に近いかな。

オープニングで切人の家を訪ねてきた青年は、切人のいとこに当たる甘井一雄。24歳の平凡な新人サラリーマンですが、おばさんの団地に下宿させてもらうため来たわけです。ちなみに切人らが住むその部屋番号は『666』なのだから、いいですな~。ここで切人ママの旧姓が甘井だという事が判明しましたね。
この甘井一雄が、名前の通りアマちゃんなので社会の荒波、クズの洗礼でやられている所を、切人の魔力で助けてもらうのが通常パターン。ええ、切人の陰湿な性格は一応そのままなのですが、親戚だからか甘井一雄に対しては守護神のようにふるまっています。
藤子不二雄Ⓐ先生の持論というか人間観というか、大抵の社会的地位のある人々が裏では卑怯なカス人間じゃないですか。それを分からずに貶められる甘井一雄、それを見抜いて助ける切人。これだと魔族の能力を正義に使うアンチヒーロー物ですね。

あと切人といえば「魔太郎がくる!!」におけるヒロイン・南由紀子の妹である由津子に恋してメロメロだったじゃないですか。それが本作でも南家のユッコ、という風貌も同じ幼稚園児が出てきて…のエピソードがあります。
魔太郎でにおける『こ・の・う・ら・み・は・ら・さ・で・ お・く・べ・き・か』的な決めセリフは、毎回同じじゃない上に話数が少ないのもあり定着してませんが、『インガオーホー オモイシレー ウーラー』とか出しています。
悪い偽善者はハッキリとぶち殺していますが、これは魔太郎の殺人エピソードのように改編されないかな。まぁ、元より青年向け雑誌に描いているのだから大丈夫かな。


ヒ・ト・ニ・ア・ダ・ナ・ス・ウ・ツ・ケ・モ・ノ
ウ・ラ・ミ・ツ・ラミ・ノ オ・モ・イ・シ・レ!!
ウーラー



  1. 2017/06/15(木) 23:59:47|
  2. 藤子不二雄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

藤子不二雄(76) 「魔太郎がくる!!」 4

藤子不二雄作品から、今夜は「魔太郎がくる!!」です。
かつて...ああ、日付を見ると驚くべき事に11年も前ですが「ココ」「ココ」「ココ」で、既に紹介していますね。でもこれは私のバイブルみたいな作品なので、設定や絵の良さはもちろんの事、大好き過ぎてどこもかしこも語りたい、1話ずつ解説していくかとも思う所ではあります。
こんなに好きになると、この回は手を抜いているとか話のオチがイマイチだとか、そういう事は関係無しに魔太郎が出て動くだけでもうOK。思い入れがあればキャラと雰囲気だけで漫画はこんなに楽しいんだと分からせてくれる作品でもあるのです。
描き直されている箇所も目立つ作品なので初出時と改編時の比較とかもしてデータベースなんか作りたい気持ちもありますが、でもやっぱりまだ、そこまで細かい事はしません。ただ、前の紹介時には小さくちょっと載せるだけだった単行本の画像をちゃんと載せておこう、というだけです。

まず背表紙で見せると、重要な所でこの4種類だけアップしましょう。
FUZIKO-mataro1.jpg

最初はこれですね…1973年から刊行された秋田書店のチャンピオンコミックス、全13巻。
FUZIKO-mataro3.jpg

これがほぼ初出時のままのオリジナル版なので、最重要の最強コミックス。少年向けのマンガとしては殺害の手口や凄惨さがヤバかったのでしょう、これ以降の再発版では描き直されたり欠番となったりしている話があまりにも多いですからね。
FUZIKO-mataro1-2.jpg
FUZIKO-mataro3-4.jpg
FUZIKO-mataro5-6.jpg
FUZIKO-mataro7-8.jpg
FUZIKO-mataro9-10.jpg
FUZIKO-mataro11-12.jpg
FUZIKO-mataro13.jpg

次に1987年から出た、おなじみ中央公論社の藤子不二雄ランド(FFランド)版。
FUZIKO-mataro2.jpg

ここから『新編集 魔太郎がくる!!』として、そうです新編集で内容を改変しまくっちゃったんですね…比べると修正や、丸々削除されたエピソードもあまりにも多い。
でもFFランドなので巻末の新作連載漫画などがあるし、同時収録の作品も入れて全14巻と増えています。基本的に改悪といえる新編集ですが、わずかながらチャンピオンコミックスに入らずこちらに入っているエピソードもあるのが憎い所。完全版等が出ていない現在、少なくともこの2種類は持っておく必要があるでしょう。
FUZIKO-mataro-ffland1-2.jpg
FUZIKO-mataro-ffland3-4.jpg
FUZIKO-mataro-ffland5-6.jpg
FUZIKO-mataro-ffland7-8.jpg
FUZIKO-mataro-ffland9-10.jpg
FUZIKO-mataro-ffland9-10.jpg
FUZIKO-mataro-ffland11-12.jpg
FUZIKO-mataro-ffland13-14.jpg

その次が1997年に中央公論社より出た中公文庫コミック版で、全8巻。
FUZIKO-mataro5.jpg

ついに出ちゃいましたよ文庫で…という以上に、ここからは私も刊行時にリアルタイムで買っていたのでよく覚えているのですが、上記の2種類はとっくの昔に絶版になっていて、この時代には「魔太郎がくる!!」自体が激レア作品だったのですね。
古本屋巡りが趣味の私はそれなりに金かけて入手していたものの、普通は私の世代以降だと読めなかった作品が名作マンガの文庫ブームがあったおかげで普通の人にも読めるようになったのです。
小さい版型になった不満はともかく、内容はFFランド版に準じていて、しかも数々のエピソードが削られたFFランド版よりもさらにちょっと削られての全8巻でしたけどね...私はこれも毎度新刊で買いましたよ。
FUZIKO-mataro-bunko1-2.jpg
FUZIKO-mataro-bunko3-4.jpg
FUZIKO-mataro-bunko5-6.jpg
FUZIKO-mataro-bunko7-8.jpg

それから4度目の単行本化が、1999年。オリジナルの秋田書店・チャンピオンコミックスからなのに、『新装版 魔太郎がくる!!』として改悪されて出た全12巻。
FUZIKO-mataro4.jpg

FFランド版だけで読めたエピソードすらも削除されていて、オリジナルのチャンピオンコミックス版を持っている人には特に価値がないといえばないのですが、一応はチャンピオンコミックス版をいじったデザインの表紙になっていて、コレクター気質がある方ならば買う気になるでしょうね。
FUZIKO-mataro-shinso1-2.jpg
FUZIKO-mataro-shinso3-4.jpg
FUZIKO-mataro-shinso5-6.jpg
FUZIKO-mataro-shinso7-8.jpg
FUZIKO-mataro-shinso9-10.jpg
FUZIKO-mataro-shinso11-12.jpg

で、その後…5度目の単行本化は2002年に嶋中書店のアイランドコミックスPRIMOで全12巻。これが廉価版で、いわゆるコンビニコミックになっちゃったんですね。
FUZIKO-mataro-convenience1.jpg
それほど魔太郎が身近になったというわけで嬉しい事ですが、すぐに痛む読み捨て本のイメージが強いペーパーバック本なので、悲しさもあります。しかも私みたいなファンは当然それも買い直すわけですが、メジャーなタイトルじゃないのでそのうち近所のコンビニにも入らなかったりで入手出来なかった巻もあります。まぁ、内容は全部知っているので焦ってもいなかったのですが、こうしてブログでまとめるとなると今さらながら欲しくなってきました。

次の2004年にブッキングから出た藤子不二雄Ⓐランドの全14巻なんて、FFランドと表紙デザインも同じだしいわば改悪のみの本で買う気がしなかった...
それからも秋田書店の秋田トップコミックスW、小学館のMy First Big SPECIALと、コンビニコミックの形で何度も再発されて、ますます容易に入手出来るようになりました。
FUZIKO-mataro-convenience2.jpg

でもまだ、上記のどれにも収録されていない『魔太郎の生い立ち』という番外編エピソードが存在していて、読むには今の所初出誌である少年チャンピオン1975年46号を手に入れるしかありません。なのでそれを含めて全作品を収録し、改変された箇所も両バージョン共に入れた完全版の出版を、私はず~っと待ってますよ!
あと1981年になって何とヤングマガジン(講談社刊)で描かれたのに、たった2回での打ち切られた続編「魔太郎が翔ぶ」。これは1990年に「愛蔵版 藤子不二雄ブラックユーモア短編集 第2巻 ぶきみな5週間」(中央公論社刊)に収録されていますが、これもまとめて欲しいですね。
そして「魔太郎がくる!!」の登場人物である切人を主人公にした1994年のスピンオフ作品「切人がきた!!」ですが、これは単独で単行本化もしているので、次回にでも紹介しましょう。


メラメラメラ
こ・の・う・ら・み・は・ら・さ・で・ お・く・べ・き・か……



  1. 2017/06/10(土) 23:00:25|
  2. 藤子不二雄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

BRUCE

Author:BRUCE
BRUCEです。あだ名は大悟(DieGo)です。
大悟…つまり悟りを開くに至る道程にある事を表し、かつ神の映画「ドラゴンへの道」から頂いてのブログタイトル。同名の秘密結社も運営しています。

名作漫画紹介の形を借りて、自分の記録用に使っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する